スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOUTUBEでのある出来事。それって本当に著作権侵害してる?( ・ω・)

どうも(´・ω・`)ノ

最近はあまりプレイステーション3のゲームをやっていないあきです(´・ω・`)

と、言うのも、最初の動画を作って2年ほどなにもせず放置していたYOUTUBEでの活動を動画編集の勉強も兼ねて再開することにしまして、動画のネタを作るために結構必死に昔のゲームを練習していたりしています(゜▽゜;)

プレイステーション3用のゲームの動画でも良いのですが、HDMIでのゲーム画像取り込み機器を持っていないので、どうしてもゲーム動画となるとアナログ入力が普通だったプレイステーション2以前のゲームになってしまいます。

そんな訳で、今主力として題材にしているのが、プレイステーション1用のゲーム(´・ω・`)b

私としては今だに次世代機なんですが、一般には荒いポリゴンがレトロチックな雰囲気をかもしだす立派なレトロゲームでありまして、当時プレイステーション1をプレイしていていた人が見てくれるんじゃないかな?などと甘い希望を持ちながら動画を作っております(゜▽゜;)


さて、今回のお話はそのYOUTUBEに関するお話です(´・ω・`)b

動画を作るにあたって、自分が作れる動画の中で「どんな動画が見られるのか?」を調べるため、現在あらゆるタイプの動画を作って試しています。

例えば、単にゲームのオープニングを動画にしただけのもの、無言でプレイしたゲームのリプレイ、自分の声で実況しながらのゲームプレイなど、今自分が作れそうな動画を色々試しています。

その中には、一般のアイドルさんが歌っている曲がオープニングになっていたりするものがありまして、その音楽が入っていると、YOUTUBEの『Content ID』と言う著作権管理システムがあらかじめ登録されている楽曲と照合し、合致するものがあったら著作権に関する警告がでるようになっています。

ちなみにこの著作権警告、自分のマイページ的なものからも確認できるのですが、登録しているメールアドレスにもその旨が送られてくるのでびっくりしますが、多くの場合ただの警告だけで問題がない場合が多いです。

そのかわりと言ってはなんですが、動画にその著作権を持つ会社の広告がはいったり、動画自体の再生による収入がすべて著作権を持っている会社にはいったりします。

ただ厳しい会社は動画の再生を特定の地域でブロックするところもあったり、対応は著作権を持つ会社しだいというところです。

例えば、『サウザンドアームズ』というゲームのオープニングでは、浜崎あゆみが歌ったヒット曲が使われていますが、この動画は著作権会社であるAVEXからの警告がくるものの、動画の広告料がAVEXに行く条件で日本でも再生することができますが、アニメの『聖戦士ダンバイン』のオープニングの場合、楽曲のほうは問題ないものの、映像を出すことを日本サンライズが許可していないので、日本での再生をブロックされます。

このように、どこまで動画に自社の音楽や映像を使うことを許可するかどうかは著作権を持つ会社の裁量しだいとなります。

個人的に厳しいなと思ったのが、ソニーミュージンクエンターテイメントが管理する曲で、一部でも動画に使われていると日本での動画再生をブロックされます(゜▽゜;)

このせいで、プレイステーション1用ゲーム『逆襲のシャア』のエンディングの曲である『BEYOND THE TIME』が動画にはいっていると日本での再生がブロックされる、つまりゲーム実況などをした場合、エンディングをカットしなければならないという自体になってしまうんですよねぇ(´・ω・`;

まあ、そんな感じで緩いのから厳しいのまで色々ある著作権関連ですが、楽曲の著作権のほとんどを管理していると言えば『JASRAC』が有名ですが、YOUTUBEは2008年にJASRACと包括契約を行い、楽曲自体を動画に使うことを許可しています(´・ω・`)b

つまり、自分で演奏したり、アカペラで歌ったりすることは問題ないということになったんですよね。

注意しなければならないのは、CD音源などを使う場合は、今度はCD音源を作った会社の著作権が絡んでくるので、そちらのほうを気をつける必要があります。

さっきの例で言うと、AVEXはCD音源と同じものを使っていても広告料をAVEXに還元することで使用することが可能ですが、ソニーミュージックエンターテイメントのCD音源だった場合は日本では動画再生がブロックされます。

さらにカラオケなどでは、カラオケを製作した会社、例えば『第一興商』などがカラオケ音源自体の著作権を持っているのでこれもアウトになる可能性が高いです。

JASRACが管理していて使用して良いのはあくまでも楽曲(旋律)であって、他の誰かが演奏した物はまた別の著作権が発生してくることになるんですよね・・・ちょっとややこしいですが(゜ー゜;)


さて、ここからが私におきたある出来事の話。

みなさんはデスクトップミュージックという言葉をご存知でしょうか?

1990年前後にものすごくはやったのですが、簡潔に言うと、ある楽曲をコンピュータに自動演奏させるというものです。

とは言え、その頃のコンピュータに搭載されている音源はとても貧弱で、PSG(ファミコンみたいな音)が3音だったり、FM音源3音+SSG3音など、がんばって作ってもとても原曲とは比較にならない程度。

そのせいか、当時JASRACもほとんど問題にせず放置され、雑誌に掲載されたデータから個人が作ったデータまで色々な芸能人の歌やゲーム音楽などがコンピュータで演奏されていました。

余談ですが、そんな華やかだったデスクトップミュージックですが、MIDI音源モジュールという機器が発売されはじめてから潮目が変わってきます。

と、言うのもそれまで電子的な音しかだせなかったコンピュータですが、MIDI音源モジュールを使うと、まるで生演奏をしているかのような音を出すことができるようになり、一気にデスクトップミュージックが世に広がりました。

こうなるとJASRACもだまっている訳ものいかず、ある時期から自社が管理している楽曲を無断で使うことを一切禁止。

華やかなりしデスクトップミュージックの分野は壊滅することになるのです・・・

と、まあそんな時代もあったのですが、昔からパソコンを持っている私、当然昔に自分で入力した歌手の曲もたくさんありまして、それを動画にしてみようと思いつきました(´・ω・`)b

楽曲はJASRACが管理しているものの、演奏はコンピュータがやっているので誰の音源を使っている訳でもない、YOUTUBE上での著作権関連の問題はクリアなはずです。

そんな訳で、とりあえず3曲をつなげた動画作ってみまして、その後アップロードしたのですが・・・

動画のステータスを見てみると、著作権警告が・・・

「え?なんで?」

と思って詳細を見てみると、こんな感じでした。

20181114-01.jpg

3個の自分が著作権を持つという個人(もしくは会社)から著作権に関する申し立てをされている状態でした。

「は?この楽曲は全部JASRACが管理してるんだけど?しかも著作者は一人のはずなのに複数来るってなによ?」

ネットで調べてみたところ、今回の件はまた違いますが、本来正当な著作権がないのに動画の広告料を自分がもらうために著作権を主張する個人や会社などがあるとのこと。

最初は、「今回もこの関連か?」と思ったのですが、YOUTUBEの不思議なところのひとつなんですが、自分に著作権があると申し立てている個人(会社)が何者か詳細を調べる方法がないんですよね(゜ー゜;) せいぜい表示されるのは略称くらいで。

なのでグーグルを駆使して色々と私なりに申し立てをしている人は誰なのかを調べてみることに。

最初はまったく何者かわからなかったのですが、調べているうちにある言葉にたどりつきました。

それが、『JASRACレパートリー』という言葉というか名前。

これが何かと言いますと、海外でJASRACの楽曲が使われた場合、JASRACのかわりに著作権料を徴収してくれる海外の著作権団体のことをレパートリーと言うらしく、レパートリー企業の一覧を見てみると、今回私の動画の申立人にある名前っぽいのがありました。

おそらくこういうことだと思います。

YOUTUBEは世界規模です。日本人の感覚で言うと、本来ならJASRACが管理している楽曲を使うことは契約上問題ないのですが、どうやら日本の著作権にはひっかからないものの、JASRACとレパートリー契約を結んでいる海外の著作権団体がYOUTUBEの『Content ID』に楽曲を著作物として登録し、申し立てを自動で行っているようで・・・

これがいつ『Content ID』に登録されたのか不明ですが、2008年にJASRACとYOUTUBEが包括契約をした時点で、海外のレパートリー企業は『Content ID』から著作物であることを削除しなければならかったと思うのですが、おそらく昔のまま放置されているのではないかと・・・

ともあれ、こちらとしては正当な範囲で著作物を使わせてもらっているので、海外の著作権会社に文句を言われる筋合いはありません(*`益´*)

と言う訳で、意義申し立てをしてみることにしました(´・ω・`)b

ちなみにこのシステムですが・・・

詳しく書くと長くなるので省略しますが、このシステムは著作権を主張したほうにかなり有利に働くシステムになっていまして、動画投稿者はかなり不利。その上「場合によってはYOUTUBEのアカウント停止にしますよ?」みたいな脅し文句も運営から言われるので躊躇するところ(゜▽゜;)

でもこちらは悪くないはず!思い切って意義申し立てをしてみました。

書いた内容は、「楽曲はJASRACが管理していること」、「JASRACとYOUTUBEは2008年に包括契約しているので問題がないこと」、「音源はCDなどではなく、遥か昔の自分のコンピュータの自動演奏であること」などを『日本語』で書きました。

日本人に日本の楽曲のことで異議申し立てしてくるんだから日本語で反論されることくらい覚悟の上でしょう(´_ゝ`)b

ちなみに意義申し立てをして1ヶ月間相手に猶予期間があり、1ヶ月以内に返事がなく放置された場合は著作権放棄とみなされ、こちらの勝ちとなります。まあ、ちゃんとした企業なら、「事情は理解しました」と10日くらいで返事がきて申し立てが解除されるらしいですが。

そして時間が流れ、申請してから1ヶ月・・・

著作権は私にある!と申し出てきた個人(会社)からの返事は一切なく著作権警告マークも消えました(´・ω・`)b

つか・・・

いくら海外の著作権団体とは言え、JASRACと契約している会社なんでしょ?ちゃんと返事はだそうよ・・・┐(´~`;)┌

まあ、まだ私は動画の収益化対象になっていないのでお金は関係ないのですが、仮に収益化されている動画にこんな感じでいいがかり的な申し立てをされ、収益を持っていかれる人も多そうですなぁ・・・

「これは相手が間違っている!」と確信できる時は、相手の利益になる前に意義申し立てを堂々とすべきだと思います。



そんな訳でYOUTUBEでおきた著作権関連の出来事。

私自身も今回ものすごく勉強になりました。

まだ収益化できる条件を満たしていないので、意義申し立てをして仮にYOUTUBE運営からアカウントを抹消されても今ならそれほどダメージはないかなと思って今後のために経験を積むつもりでやってみました。

それにしても本当に思ったのが・・・

YOUTUBEの著作権って本当に難しい(;´ρ`)

中には「ザー」っていうホワイトノイズに著作権を主張する人もいたり、著作権フリーの素材に対して著作権を主張する人もいるらしく・・・動画を作っていくにあたって、いつかは戦わなければならない問題だと思います(´・ω・`)b

まあ・・・その前にまた動画製作を長期間休む可能性も大なんですけどね(´-∀-`;)


スポンサーサイト

ゲーム配信で悩んでいた音ズレの原因が判明(; ・`д・´) 原因はまさかの・・・

どうも(´・ω・`)ノ

もらい事故の後処理がやっと終わったと思ったら今度は健康面での問題がでてきたあきです(´・ω・`)

定期的に血液検査を受けて診断を受けているのですが、先日の結果が今までで最悪でして(;´・ω・) 原因は自分の不摂生・・・お酒の量が多かったり塩分が多かったりと色々思いあたるふしがあったので、思い切って2年前にやった食事に戻してみました。

キャベツとたまねぎが主食のような寂しい食事なのですが、やっと慣れてきまして、12月にある血液検査までに体調が改善すれば良いなと願うばかりです(´・ω・`;



さて、今回はゲーム配信のお話です。

ニコ生からツイキャスに配信プラットフォームを移してはや3年が経ちましたが、最近ちょっと気になることが・・・

あるリスナーさんから、

「ゲームの音が遅れてませんか?」

という指摘をいただきまして、他のリスナーさんにも確認してみたところ、確かにズレているらしい。

実は前々から思い当たるふしがありまして、ツイキャスは自分が配信した放送を無制限で録画できるのですが、ある録画をみると、やたら効果音がずれていたんですよね・・・

その時は、「録画の仕様でずれているんだろう」と思っていたのですが、どうやらリアルタイムで配信している時も音がずれているようで・・・(;´・ω・)

さすがにこれはまずいと思って色々と設定を見直してみたわけです。

配信ソフトの設定、キャプチャーソフトの設定、ブラウザの設定、Windowsの設定などなど・・・

しかし効果はまったくなく、音はずれたまま(;´ρ`)

よくよく観察してみると、配信して間もなくは音ずれが少なく、長時間配信すると配信時間に比例して音がずれている模様で・・・

「う~む・・・映像と音声を別々の系統で抽出しているから駄目なのかなぁ・・・」

今の設定は、映像はアマレコというキャプチャーソフトのライブ機能を使用して配信ソフトに転送し、音声はサウンドボードから直接配信ソフトに転送しています。

アマレコには「音ズレ」の防止のための機能も備わっているらしく、この機能を活用すべく、映像も音声もアマレコのライブ機能を使って配信ソフトに送ってみることに(´・ω・`)b

そしてテスト配信

・・・したのですが、びっくりするくらい音ずれが半端なく、「こりゃ配信にならんわ!」レベル(゜ー゜;)

う~む、どうすればヽ(;´Д`)ノ

キャプチャーボードのドライバを外国製から日本製に変えたりして試してみましたが、まったく効果なし・・・もはやお手上げ状態・・・orz

ただ、かなり昔のゲーム配信の録画を見ると、2時間近く配信しているにもかかわらず音ずれはほとんどなかったんですよねぇ・・・

いったい今と昔何が違うんだろうか・・・(;´ρ`)

しばらく考えてみたのですが、あることをふと思いつきまして・・・


それは、ツイキャス自体が大幅に仕様変更した時期があったこと。


当初ツイキャスはそれほど画質に力を入れている配信サイトではなく、あくまでも気楽に配信できることに重点を置いた配信サイトでした。

一応ゲーム用に外部配信ツールも使うことができましたが、それはツイキャスのコミュレベルが23に到達しなければ使えない機能で、ある程度本気をだして長く配信している人のみが使えるものでした。

そんなツイキャスが、通常の配信でも高画質配信ができるようになり、レベルに関係なく外部ツール配信ができるようになった時期がありまして、その時たしかそれまで使っていたサーバーではなく、別のサーバーを指定しなおす必要があったと思います。

さらに今では超高画質配信なるものまで存在し、明らかに昔のサーバーの仕様とはかわっていることは確か。

思えばそのあたりから音ずれがしているような気がしまして・・・

実は私が配信で使っているパソコンは、ニコ生時代に使っていたパソコンそのものでして、CPUはペンティアム4でWindowsXPという、今の人は配信環境を作ることが困難なくらい低スペック(゜ー゜;)

そのため、使っている配信ソフトはFME(フラッシュライブエンコーダー)という古いソフトなのですが、もしかしたらツイキャス自体が古い仕様をすべて切り捨ててなんらかの新しい仕様のみが正常動作するようになった可能性もあるかなと思いまして(´・ω・`;

思い切って別の配信サイトで音ずれするか試してみることにしました(´・ω・`)b

別のサイトなら配信サーバーの仕様も違うはずなので、もしそこで音ずれがなければ、ツイキャスの配信サーバーとFMEの相性で音ずれが発生していることになる。

と言う訳で、とりあえず前々から狙っていた「ツイッチ」という配信時間無制限のゲーム配信サイトで試してみることに。

最初はキャプチャーボードに使っていたドライバがおかしくて、途中で音楽が止まったりしまして、配信テスト以前の問題だったのですが、ドライバを整えていざ配信テスト!|`・ω・)ノ

知り合いが誰もいない配信サイトなので閲覧はほぼ0(゜▽゜;) 無言でやれて気楽なものですw

とりあえず2本のゲームを試してみたのですが・・・

1本目は30分ほど配信して録画を見てみたところほぼ音ずれなし。配信ソフトを通す上での0.2~0.3秒程度の音ずれはしかたないので(´・ω・`)b

2本目は1時間ほど配信をしてみましたが、こちらも音ずれなし。

ツイキャスで1時間配信したら、もう誰にでもわかるくらい効果音がずれてますので、これはどうやら原因が確定ですねぇ・・・

音ずれの原因は、こちらの問題ではなく、ツイキャスサーバーが仕様変更したことが原因でした(;´ρ`)

もちろんOBSなどの最新の配信ソフトを使えば音ずれはしないと思いますが、なにせWindowXPで動作する配信ソフトはほぼ皆無・・・FMEしか選択支がないので諦めるしかありませんヽ(;´Д`)ノ

しかしまあ・・・

Windowsを再インストールしたり設定を色々いじくってみたりテスト配信したりと・・・今までやってきた苦労はいったいなんだったんだろう・・・orz

ん~、これから私がツイキャスで配信するためにできることと言えば・・・

「一枠ごとに配信を取り直す」

これしかないような気がする(;´・ω・)

とりあえず30分程度なら音ずれ量も少ないので・・・

まあ・・・一番良いことはパソコンを買いなおすことなんですけど、仕事ならともかく趣味でやっている配信にお金をかけるのはどうも気がすすまないんですよねぇ(´・ω・`;

まあ、これからどんな感じで配信をやっていくのか、しばらく考えたいと思います。



こんな感じで原因がわかった配信時の音ズレなんですが、サーバーと配信ソフトの相性というのがあることを改めて実感しましたねぇ・・・

世の中変わっていくことが当たり前なのですが、今まで普通に使えてたものが突然普通に使えなくなるのはやめてほしいし寂しいものですなぁ(´・ω・`;

思い切って今使っているパソコンにWindows7あたりを強引にインストールして使ってみるという手もあるかもなんですが、予想するにWindowsとOBSが重すぎて配信どころではないみたいになるんじゃないかと・・・(ーー;)

ちょっとぐらい型落ちでも良いからどこかにものすごく安いパソコン売ってないかなぁ・・・(´・ω・`;


一見正常に見えるノートパソコンの故障で長時間悩む(;´・ω・)

どうも(´・ω・`)ノ

長年使ってきた古いノートパソコンが完全に故障してしまってちょっと悲しいあきです(´_`。)

今回のメインの話題となるノートパソコンとはまた別のノートパソコンなのですが、以前もこの記事で紹介したことがあります。

性能の関係でインターネットにこそつなげなかったものの、ゲーム、プログラミング、3Dグラフィック練習、HTMLとCSSの勉強、作曲もどきなど、色々な用途に長年使ってきたノートパソコンでしたが、今は一線を退き、カラーボックスの上に設置して必要な時に使うようになっていました。

そして昨日の朝、用事で外出することになっていたのですが、準備をしていた時どこかからパソコンの電源を入れた時の音がする・・・

「どこだろう?」と思って探してみたのですが、電源が入っていたのはカラーボックスの上に置いていたノートパソコンでした。

コンセントもつないでいないし古いのでバッテリーもほぼ死んでる、しかもレジュームなどかけておらずたたんでいたノートパソコンが何もさわっていないのに起動し、おなじみのWindowsの画面を表示していました。

「なぜ電源がはいったんだろう?」と思って、バッテリーが切れるのを待つ私、しかしWindowsの画面を表示したまま一向に消える気配がない。

外出しなければならなかったので手動でWindowsをシャットダウンさせようとスタートボタンをクリックした瞬間、「プツン」と電源が落ちました。そして電源ボタンがポロリと内部に落ちていきました。

「あ、あれ・・・」と思って外出を20分ほど遅らせてケースをはずして電源ボタンを元の位置に戻したのですが、その後最初のBIOS画面さえも起動せず・・・たまにその画面がでますが、数秒でリセットがかかってしまいます・・・

外出から帰ってきて念入りに調べたのですが、やはり起動は無理なようで・・・長年のパートナーだったノートパソコンは完全に逝ってしまいました(´_`。)

長年大事に使った物には魂が宿ると昔から言いますが、このノートパソコンも、もしかしたら別れを告げるために自分で電源を入れ、最後の力を振り絞ってWindowsの画面を出し、「そろそろ逝くね・・・長年使ってくれてありがとう」と言ってくれたのかもしれません。゚(PД`q。)゚。

もっと性能が良い代替のノートパソコンは複数ありますが、長期間人生を共にしたノートパソコンが逝くのはやはり悲しいものがありますねぇ・・・こればかりはなんとも割り切れない思いです(;´・ω・)

とは言え、少しずつ崩壊していき、役目を終えて眠ったノートパソコンはもはや手のほどこしようがなく・・・後は倉庫で静かに眠らせてやろうと思います(´_`。)


さて、これからは先のお話は別のノートパソコンのお話です(´・ω・`)b

こちらはWindows7をインストールして、性能はイマイチながらもまだ現役で使っていたノートパソコンなんですが、ある時から非常に調子が悪い・・・あるソフトウェアを起動するとパソコン全体にリセットがかかったり、正常にシャットダウンできなかったりする症状がおきていたんですよね(;´・ω・)

そのノートパソコンは性能がイマイチだったので、それほどアプリケーションソフトはインストールせずに最低限必要なソフトウェアをインストールして使っていたので、アプリケーションソフトやドライバの相性によって不具合がおきることは考えずらい・・・

とは言え、Windows7でシャットダウン動作していないのに突然パソコンにリセットがかかるのはかなり異常なこと。

念のため以前の状態への復元をしてみることに。

1ヶ月ほど前の復元ポイントが残っていたのでとりあえず復元するも、自体はより悪化(; ・`д・´) あわてて復元を取り消そうとしてもそれさえできない状態になっていました(;´・ω・)

「う~・・・再インストールするしかないのかなぁ・・・」

時間と手間がかかるのでやりたくはなかったのですが、そちらのほうがかえっててっとりばやいかも・・・と考え、思い切ってWindowsを再インストールすることに。

「データはパーティションを切ってDドライブに入れてるから大丈夫だね」と安易に考えていたのですが、それが後に大変な苦労をすることになるとはその時は夢にも思わず(・・;)

とりあえずインストールディスクをセットしてノートパソコンを再起動、起動ドライブをDVDドライブに設定して起動したのですが、いつものインストール画面がでず、かわりにでるのは「boot manegaer」と言う画面(´・ω・`; そこから何のボタンを押してもインストールにすすみません。

「え?なんで?」と思って色々試すもの状況はかわらず・・・

「もしかしてCドライブにもともと入っているWindowsが邪魔してる?」と思ってCドライブを一旦全フォーマット・・・するものの状況かわらず(´・ω・`)

「え~い、じゃパーティション削除じゃあ!」とCドライブのパーティション自体を削除するも状況まったくかわらず・・・

「は?パーティションないのになんで?」と思って調べてみると、Windows7は自身が起動するためのブート領域を独自に確保しているらしく、なんらかの原因でWindowsが起動できない時はこの画面がでるらしい。

いやいやこちとらとにかくWindowsを再インストールしたいの!だからその画面だすな!(*`益´*)

と思って毒ついてもでるものはでるわけで・・・

次に考えた手段が、いったんこのパソコンに最初からインストールされていたWindowsXPをインストールして、そこからアップグレードすること(´・ω・`)b

そんな訳でWindowsXPをインストールしはじめた訳なんですが・・・

途中のWindowsXPのファイル転送画面でどうしても読み込みエラーがでて止まる(;´・ω・)

「え?DVDドライブの調子悪い?」

と思って手作業でヘッドクリーニングをするも状況かわらず・・・

「う、う~む・・・じゃあしょうがないからこのパソコンのリカバリディスクを使ってCドライブだけリカバリしてみるか・・・時間かかるけど・・・」

としかたなくシステムリカバリディスクを取り出してきて作業開始するも、30分くらいたったあたりでブルースクリーンになってパソコンがフリーズする Σ(゚д゚lll)ガーン

「は~?なんでや?」

もはや疑問しかない。・゚・(ノД`)・゚・。

すでにこの間最初に再インストールを決断してから6時間ほど経過・・・

しばらく考えてみたのですが、もしかしたらハードディスクに不良セクタがあるのかも・・・と思ってハードディスク全体を完全初期化、いわゆるLOWレベルフォーマットしようと思ったものの、Dドライブに大事なデータが残ったまま(´・ω・`; 完全初期化してしまうとそのデータまで消えてしまいます・・・

ああ・・・Windowsがまだギリギリでも動いてた時にUSBメモリにデータ退避させとくべきだった・・・orz

しかたないので、とりあえずUSBメモリが使えるOSを考えたのですが・・・手持ちで残るのはWindows2000かWindowsME(´・ω・`;

WindowsMEは論外なので、とりあえずWindows2000をインストールしてみることに。もちろん正常に動作させるためのデバイスドライバはありませんが、とりあえずUSBメモリを認識させてDドライブのデータを退避させることが最優先。

問題はインストールできるかどうかなんですが・・・

1回だけ読み込みのリトライはあったもののなんとか無事インストールできまして、Dドライブのデータは無事USBメモリに退避することができました。

その後ハードディスクのLOWレベルフォーマットも無事終了。

そして再度Windows7のインストールにトライ!

・・・するものの、やっぱりいつもの最初のインストール画面がでない!。゚(PД`q。)゚。

なんでや!。・゚・(ノД`)・゚・。

もはや精神的につかれきってる私・・・

「もうWindows7じゃなくていい・・・もともと入ってたXPを入れてせめてパソコン使えるようにする・・・ハードディスクも初期化したことだし今回は大丈夫だろ・・・」

と思ってシステムリカバリをするものの・・・

やっぱり途中でブルースクリーンでフリーズ(´;ω;`)ブワッ

もはや精魂尽き果てぐったり状態 c(-。-,,)c)~"

ぼ~っとして「パソコン自体が壊れたんかなぁ・・・」と考えておりました(´・ω・`)

なんとなくぼ~っとしながら考えていたのは昔のジャンクパソコンの経験。

「ブルースクリーンで止まる時ってドライバが悪い時かメモリーが悪い時が多いんだよなぁ・・・でもメモリーテストはブートマネージャー画面でやってみたら異常なかったしなぁ・・・」

などと考えまして・・・

「ま、駄目元でメモリーを一旦はずして付け直してみるか・・・接触の問題もあるかもだし・・・」

とあまり意味がないと思いながらやってみたのですが・・・

2個あるメモリーをはずして入れ替えてみるものの症状かわらず・・・当然といえば当然(´_ゝ`;

ただ次の行動で決定的な違いがでました!

メモリーを一個だけ取り付けて試してみたのですが、片方のメモリーは問題ないものの、もう片方のメモリーだけを取り付けて電源を入れると、パソコンの画面がでず再起動を繰り返す・・・∑( ̄△ ̄;)

「え?まさか原因これ?」

とりあえず正常に動くほうのメモリーだけをとりつけてWindows7のディスクを入れて起動してみると、当たり前のように表示されるインストール画面(´・ω・`;

まさに原因はメモリーでした・・・なんだったん・・・あのメモリーテスト問題なしの結果って・・・orz

しかしメモリーが半分になったことで、Windows7の使用には耐えられないと判断して、もともとのOSであるXPを入れてそちらで最低限の動作をさせることに(´・ω・`)b

ブルースクリーンがでまくっていたシステムリカバリもすんなりと無事終了し、問題解決ε-(´∀`*)ホッ

合計で2日間をまるまる消費した無駄な時間でございました・・・orz

しかしまあ・・・メモリーとか絶対壊れないと思っていた部品の代表だったんですが、こんな感じで、ある時ふっと壊れるってことがあるんですねぇ・・・いまさらながら勉強になりました(´・ω・`;


今回改めてパソコンって難しいと思いました・・・

今パソコンが動かない原因が、ソフトウェアレベルでの問題からなのか、ハードウェアレベルでの問題なのかの判断が非常に難しいケースがあって、原因の特定にものすごく余計な労力を使ってしまいますな(;´・ω・)

高性能になって内部が精密になればなるほど壊れやすいのはゲーム機もパソコンも一緒。

便利な時代にはなりましたけど、昔ほど頑丈なハードウェアが少なくなったなと思う今日この頃です(´・ω・`)

つか・・・

ジャンク品やもらいものばかりじゃなく、本当にそろそろ新品のパソコンを1台買ったほうが良いのかなぁ・・・


プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。