思い出のブラウン管テレビ、奇跡の復活ヽ(´ー`)ノ

どうも(´・ω・`)ノ

最近プレイステーション2用の長編アクションゲームをプレイすることが多いあきです(´・ω・`)

プレイステーション3を買って以来、そちらのゲームを中心にプレイすることが多かった私ですが、たまに「こんなに綺麗で大規模なゲームに慣れてしまって、プレイステーション2のゲームを楽しむことができるのか?」という不安に襲われていました。

配信でプレイしたゲームをきっかけにその続編のプレイステーション2用のゲームをプレイしたみたのですが、いやいやハマることハマること(゜ー゜;)

やっぱりゲームって、画像の美しさよりなにより、そのゲーム性の中にプレイする人を楽しませる魅力があるかどうかが重要なんですね(´_ゝ`)b 今回本当に実感できました。

今後もプレイステーション2のゲームを楽しんでいきたいと思います(´・ω・`)ゞ


さて、今回はテレビのお話です(´・ω・`)b

実は私の家、居間にあるテレビって今だにブラウン管テレビを使ってたんですよね(゜ー゜;)

世間がデジタル放送に移行する時期にまだブラウン管テレビが新しかったというのもあって、地上はデジタルチューナーを増設してアナログ信号に変換してデジタル放送を見ていました。

最初はそれでなんら困ることはなかったのですが、さすがにある時期から文字の大きさや放送局が作る画面レイアウトが、完全にデジタル放送向けになりまして、最初はアナログ信号でも読めるような文字だったのがとても小さな文字でつぶれて読みづらくなり、放送局が画面の端っこまでつかって情報を表示しはじめたので、一部の文字が画面外にでて見れなくなっていました(ーー;)

さすがに、

「そろそろ液晶のハイビジョンテレビ買うべきなのかなぁ・・・」

と思い始めていたのですが、その矢先、居間で使っていたブラウン管テレビにちょっと不具合が出始めまして、電源を入れてもなかなか画面が映らない、入力切替をした時は5~6分映らないみたいな症状がではじめたので、さすがにこれは交換しようと決意しまして(^_^;)

今は4Kテレビでも安いものは5~6万円もだせば買えるのでいい加減買う決意をしました(゜▽゜;)

まあ、結局買ったのは激安の2Kテレビだったのですが(゜ー゜;)

時は少しさかのぼって新しいテレビを買う決意をした時点に戻ります。

実は私人生で初めて買った大画面のブラウン管テレビがあるのですが、ある日画面が映らなくなりまして、修理をするにしても部品がないとのことで、諦めて保管をしておりました。

普通はそこまで修理不能と言われたらすぐ捨てるべきなのですが、心情的に捨てられなかったんですよね(´・ω・`;

その時の記事があったのでこちらで見ていただければその時の心情がわかるかと。

2014年に壊れた私の思い出のブラウン管テレビでしたが、今回親から選択を迫られまして(´・ω・`;

居間においてあるブラウン管テレビ、新しいハイビジョンテレビを買ったら当然お払い箱になるのですが、ゲームをする分にはそれほど問題はない感じなんですよね。

以前話したことがあると思いますが、レトロゲーム、いわゆる旧世代のテレビ(SD画質とも言うのかな?)でプレイするようにできているゲーム機は、ハイビジョンテレビでプレイすると、びっくりするほど絵が汚くなるんです(゜ー゜;) もちろん中にはレトロゲームをプレイするための機能を搭載し、旧式のゲーム機でも綺麗に映るようにしてあるテレビもありますが、正直まれな存在。

やはりレトロゲームをやる時はブラウン管テレビが一番良いんですよね(´・ω・`)

なので、まだ使える居間のブラウン管テレビを捨てるはおしい・・・でも置き場所がないので、私が初めて買ってすでに映像が映らないブラウン管テレビを捨てるか、それとも居間のブラウン管テレビを捨てるかを選択しろと言われまして(;´・ω・)

さすがにそういわれると、いくら思い出があっても、もはや映像が映らないブラウン管テレビを捨てるほうに気持ちが傾くものでして・・・

とは言え!

最後にもう一回だけ映像が映らないかを確認したい!という気持ちがありまして、自分の気持ちに駄目押しするつもりで電源を入れてみることにしました。

これで映らなければ諦めもつくので(´_`。)

つか、修理不能って言われたから普通に映る訳ないのですが、奇跡があるかもってのが少しあったんですよね・・・パソコン用のブラウン管モニタは昔放置してたら復活したことがあったので。

重い大型テレビをひっぱりだしてきてコンセントにさしこみます。

電源を入れるのは実に3年ぶりくらい・・・

パチ・・・とメイン電源をオン・・・すると・・・

「ザーーー」

とアナログテレビ特有のホワイトノイズ画面が表示されました・・・


って、ちょっとまて(´・ω・`)

確か壊れた時って電源を入れても数秒で電源が切れてエラーを示すランプが点滅してたよな?え?今回はちゃんと画像映ってるし電源が切れる感じでもない・・・

もしかして復活した?Σ(゜Д゜)

万が一の可能性を信じて保管していた思い出のブラウン管テレビですが、再び映像が映るようになっていました(゜ー゜;)

元々ブラウン管の色調などに不具合はなく、ただ電源がすぐに切れる故障だったため、電源さえ切れなければ映像は綺麗なはず。

さっそくスーパーファミコンを持ってきて接続してお試し。

20180617-01.jpg

おおう・・・綺麗に映ってる(; ・`д・´)

最初、長く電源を入れていなかったテレビにでる特有のノイズが発生しましたが、10分ほどでそれも収まり、まったく問題なくゲームをプレイすることができましたヽ(´ー`)ノ

完全復活とは言えないとは思いますが、思い出のブラウン管テレビ、とりあえず復活ですъ(`ー゜)

やっぱりプレイステーション2以前のゲームはブラウン管テレビでプレイするのが一番なんですよねぇ(´∀`) しかも長年使い慣れたこのブラウン管テレビ、またまたこのテレビの中でゲームの主人公達が活躍してくれると思うとうれしい限りですΨ(`∇´)Ψ

新しいテレビを買うことをきっかけにした思わぬ復活劇でしたが、最近悪いことや嫌なことが多かったので、たまにはこんなこともあって良いのかなとちょっとうれしい気持ちです゚+。(〃ノωノ)。+゚



電気製品全般に言えることなのですが、なぜか長期間放置しておくと再び正常な動作をするようになるものがたまにあるんですよね(´・ω・`)

専門家ではないので詳細な理由はわかりませんが、推測するに、電気製品の中(たとえばコンデンサなど)にたまっていた電気が完全放電され、静電気なども消えてしまうために、機械全体に完全にリセットがかかるのではないかなと・・・

ただ、古い製品には違いないので、火事などには十分注意して使う必要がありますが(゜ー゜;)

とりあえず、私にとっては絶対必要なアナログブラウン管テレビ。使える候補(予備機)が一気に2台増えて個人的にうれしい限りヽ(´ー`)ノ

これからもどんどんレトロゲームやっていきたいと思いますъ(`ー゜)


ほぼ1年越しのゲームクリアъ(`ー゜) FPSに少し自信Ψ(`∇´)Ψ

どうも(´・ω・`)ノ

最近シミュレーションゲームに再び目覚め始めたあきです(´∀`)

私がシミュレーションゲームを最もプレイしていた時期は、PC9801と言う旧世代のパソコンが国民機と言われるほど普及していた時代。光栄のシミュレーションゲームを中心に、学校から帰ったらすぐにパソコンの電源を入れ、夜遅くまでプレイしていたものです。

しかしプレイステーション1の発売以降、その圧倒的な映像のカーレースゲームや格闘ゲームなどのアクションゲームに魅了され、地味なシミュレーションゲームはいつの間にかプレイしなくなっていました(´・ω・`)

最近、『信長の野望 全国版』を再プレイする機会があり、昔はちょっと気分転換程度にプレイしていたゲームなのに、あまりにも速攻で滅亡してしまうので悔しくて攻略に夢中になり、その流れから『A列車で行こう3』にも挑戦。

どちらも楽しくクリアするに至りましたヽ(´ー`)ノ

時間はかかるし、ゲームとしては地味だけど、じっくりやるゲームもやっぱり楽しいなと思った今日この頃なのであります('◇')ゞ


さて、今回の話題ですが、久しぶりにプレイステーション3のゲームをクリアしましたので、その話でもしようと思います(´・ω・`)b

そのゲームを買ったのはおそらく1年以上前だと思います。

ゲオでワゴンに入っているゲームが100円と言うセールがありまして、今回クリアしたゲームはその中から買った1本でした。

ただ、このセール、とてもわかりにくい説明書きがしてありまして、『お一人様一本限り』と書いてあったんですよね確か・・・。なのでほしいゲームはたくさんあったのですが、ものすごく考えて今回の話題のゲームを買った訳なんですが・・・

実はこのセールの説明書き、重要な言葉が抜けていまして、『お一人様(同じゲームは)一本限り』だったらしいんですよね・・・つまり違うゲームなら何本でも買って良かったらしく(´・ω・`) 帰ってからその事実を知って絶望した記憶が(´_ゝ`;

さらに追い討ちをかける事実がありまして・・・

一人一本しか買えないと思って厳選して買ったゲームですが、重要なことが値札で見えないように隠されていました。

それは、「オンライン専用」という文字(´д`)

「まじかぁ・・・オンライン専用ってことはサーバーがなくなったらプレイできなくなるタイプのゲームじゃん・・・まじで失敗した・・・orz」

と後悔の念はさらにますばかり(´・ω・`)

さらに追い討ちをかける事実その2。

アップデート込みでのインストールに必要なハードディスク容量が20ギガバイト・・・って、「え?2ギガバイトじゃなくて?」と一瞬目を疑ったのですが、間違いなく20ギガバイトのようで・・・ほぼブルーレイディスクまるまるの容量をダウンロードしなければならないというとんでも仕様・・・(´д`)

なんじゃこれ(´・ω・`;

としばし呆然としたものですw

さて、わかる人は今までのキーワードで、「あ、もしかしてあれか?」と何のゲームか察しがついたのではないでしょうか?

そう、このゲームです(´_ゝ`)b

20180607-01.jpg

プレイステーション3用ゲーム、『DESTINY』

オンライン専用のFPSゲームです(´・ω・`)b

買う時は普通のオフラインFPSかと思って買ったんですけどねぇ・・・

ただ、このゲーム、やってみたら今までになかったタイプのFPSで意外と面白い。ファンタジー系MMORPG的な要素もあって、そこそこやりこみたくなるようなゲームでした。

まずゲームの世界の背景ですが、今だにあまり詳しい事はわからないのですが、化学が発達し他の惑星でも住めるようになった遠い未来、複数のタイプの異性人に地球を含む銀河系の惑星が攻撃されたらしく、その異性人と戦うハンター達の一人が主人公らしいです。

正直クリアした今でもよくわからんのです、こいつらが何者なのか(´・ω・`;

一応ストーリーモードのような連続クエストは容易してありまして、私がクリアしたのはそのストーリーモード。ゲーム内のすべてのクエストをクリアしたわけではありません(゜ー゜;)

未来の話なので、当然ながら現実の銃器は登場せず、架空の銃器で戦うことになります。

とは言え、ハンドガン系、ショットガン系、マシンガン系、ライフル系、などすぐに理解できる分類のものばかり。パラメータもわかりやすく表示されるので、あまり迷うことはないかなと。

ちなみに、この銃器、持てるレベルが設定してありまして、自分のレベルがある一定レベルに到達しないと武器などの装備が装着できないようになっています。このあたり私が昔夢中でプレイしたファイナルファンタジー11っぽくて好きでしたねぇ・・・やる気がでますw

あと、敵を攻撃すると与えたダメージが表示されるのも他のFPSではあまりないかなと。当然レベルが低かったり性能がよくない武器で攻撃すると微々たるダメージしか与えられないので、この敵に与えるダメージを少しでも増加させるために、これまた必死でプレイする訳です。このあたりもしっかりRPGしてますね(゜▽゜;)

雰囲気としては、私が初めてプレイしたオンラインゲームである『ファンタシースターオンライン』を彷彿とさせるところがありまして、なんとなくなつかしい気分に。まあ、あそこまで未来未来してないんですがw

そんな面白そうだったゲームですが、やっぱりひっかかるのがオンライン専用であること。

ゲーム会社がサーバーを停止したら一切プレイできなくなる。それが気がかりでやる気がいまいち削がれていました。と言うのも100円で売られるくらい古いゲーム・・・ということはいつサービスが終わっても不思議ではないわけでして(´・ω・`;

あと、FPSにはエイムと呼ばれるいわゆる照準があるのですが、最近のFPSの多くはエイムアシスト機能がついていて、構えなおすとある程度敵に自動でエイムを合わせてくれる機能があるのですが、どうもこのゲームにはその機能がないっぽい・・・

つまり自分でガッツリとエイムを敵に合わせて射撃しなければならなくて、このゲームを始めたばかりの時の私にはちょっとハードルが高かったですねぇ・・・(´・ω・`)

そんな理由から結構長い間放置して他のゲームをプレイしていた訳なんですが・・・

最近ふと、「せっかく買ったゲームだしストーリーモードだけもでもクリアしてみたいな」と思いまして。

苦手だったFPSも、数々のゲームをクリアしてきたので、昔の俺とは違うはず!そう思ってやってみましたw

結果・・・

楽しいヽ(´ー`)ノ

ストーリーにかかわるひとつのミッションをクリアする時間がだいたい1時間くらいなのですが、結構やりがいがあって楽しい(´∀`)

エイム合わせも問題なくできるようになっていて、敵の弱点に弾を撃ち込み瞬殺するほどにw やっぱり慣れって大事ですな(゜ー゜;)

レベルが上がる→新しい装備が使える→戦場でドロップしたレアな装備がほしくなる、というネットゲームにありがちなループにおちいりまして、さらにプレイする頻度が増加(゜▽゜;)

そうしているうちにいつの間にかストーリーモードのエンディングを見るまでに至った訳ですΨ(`∇´)Ψ

ただ・・・

ストーリーミッションが終わった後、このゲーム正直やることがないような気がするんです(´・ω・`)

いったんクリアしたミッションは当然ながら何回も挑戦できるのですが、それはオフラインゲームでも同じこと。ワイワイ言える仲間でもいれば友達と狩りに行くという楽しみもあるのかもしれませんが、すでに過疎化が進んでいるこのゲームでは新しい友達ができる可能性は限りなくゼロに近く(´・ω・`;

対人戦も用意されているようですが、PUBGなどの否応なく対人戦をやらなければならないゲームはともかく、あまり実際の人間が操っているキャラクターに攻撃したくなんですよね・・・(´д`)

あとはダウンロードコンテンツで、続きになるストーリーモードが用意されているようですが、100円で買ったゲームなのに3,000円ほどするダウンロードコンテンツを買う気もおきず・・・

私の中では、これで『DESTINY』のプレイは終了かなと(´・ω・`)

でも100円という価格としては、かなり私を楽しませてくれた優秀なゲームだったと思いますъ(`ー゜)



今回、『DESTINY』をプレイして思ったのが、照準であるエイムを目標にあわせる能力、いわゆる『エイム力』がかなり鍛えられたなと思います(´∀`)

これは今後FPSをプレイしていく上でかなりプラスになると思われますヽ(´ー`)ノ やっぱり最近のゲームはFPSタイプの名作も多いので、苦手な分野はできるだけ克服していきたいところ。そんな面で今回のプレイはかなり有意義だったと思いますъ(`ー゜)

ただ、やはり残念に思うのが、このゲームがオンライン専用であること・・・ですかね(´Д`;)ヾ

前書きにも書きましたが、私の場合10年20年前の古いゲームをなつかしくプレイすることも多くあるので、このゲームも忘れた頃にまたやりたいのですが、おそらくその頃には運営のサーバーも停止していてプレイすることはできないでしょう・・・

最近はやりのスマホのゲームは、ほぼオンライン専用と言って良いゲームばかりだと思うのですが、時間が過ぎ、昔のゲームをなつかしんでプレイしようと思っても、サービスが終了していてできないということになると思うのですが、個人的には少し寂しい時代になったなと思います(´д`)

私が子供の頃にプレイしたゲームは、ファミコンやスーファミなのですが、現物さえあればいつでも思い出のゲームをなつかしんでプレイすることができる・・・もしかした私は一番良い時代に生まれたのかなと思う今日この頃です(´・ω・`)


私がネット配信を人に勧めない理由(´・ω・`)b

どうも(´・ω・`)ノ

スーパードンキーコングで完全ノーワープノーショットカットクリアを目指しているあきです( ̄ー ̄)

ニコ生時代を通じて、スーパードンキーコング1は何十回もクリアしてきた私ですが、ステージ4-1の雪山ステージは必ずショートカットを使ってたんですよね(;^ω^)

今回あることがきっかけで完全ノーワープノーショートカットクリアを目指すことになったのですが、ステージ4-1でショートカットをしていたところがあまりにも難しくてびっくりΣ(゜ー゜;) そして改めて練習する楽しみもみつけてちょっと充実しているところです゚+。(〃ノωノ)。+゚

当たり前にやっていたゲームでも意外なところに楽しみってあるものなんですね(´_ゝ`)b



さて、今日はいつもと話題を変えまして、ネットの放送・配信について少しお話したいと思います(´・ω・`)b

今現在、素人でもネットを通じて配信できるサイトが多数あり、ブログやWEBページとは違った形での情報発信ができるようになりました。

私の場合、友達が配信をやっていたことをきっかけに、2012年2月からニコニコ生放送を利用して配信をしていました。

なかなかリスナーさん(閲覧者)は増えないものの、現在まで細々と楽しく配信をやらせてもらっています(´∀`)

そんな配信ですが、長くやっていればその配信を通じて知り合う友達もできるものでして、現在つき合わさせていただいている友人のほとんどが配信を通じて知り合った人です(´・ω・`)b

知り合って以来ずっと付き合いがある人、たまにきて声をかけてくれる人、ラジオがわりに聞いてくれてる人、など様々なリスナーさんがいますが、その中には、「自分も配信をやってみたい」と提案されるかたももちろんいらっしゃいます。

私も最初のうちは、「いいですね!やりましょう!やりましょう!」と勧めていたのですが・・・

ある経験をしているうちに安易に配信することを勧めるのは間違いなのではないか?と思うようになりました。

と、言うのも・・・

元々配信者として知り合った人に比べ、配信をしていなかったリスナーさんが配信を始めた場合、付き合いがまったくなくなったり、最悪の場合ネットから完全に消えてしまう人が続出したからなんです(´・ω・`;

その確率、私の経験でいうと90%以上・・・

「あんなに楽しく親しく話してたのになぜ?」

そんな経験を何十回もしてきました(ーー;)

なぜそうなったかはその人の心しか知らないことなんですが、私なりに考察もしてみました(´・ω・`)b

配信をやろうと思う人は少しだけでも参考にしていただければ幸いです。


まず考察その1

「親しいリスナーさんと知り合う前に挫折してしまう。」

リスナーとして配信を見ていると、配信者さんを中心にして色々な人が集まり、とても楽しい時間を過ごすことができます。それを見ているうちに、「いつか自分もその中心になってみたい」と言う思いが沸いてくると思いますが・・・

ただ、現在にぎやかに配信している人達は、長い期間冬の時代を過ごして今の楽しい時間があることをわかっていないかたが多いように思うのです。

例えば私で言うと、ニコニコ生放送で初めて配信した時は閲覧1コメント0。その後も数ヶ月間コメント5以下の期間が続きました。もちろん閲覧(ニコニコ生放送は累計人数)は2~3人程度、よくて5~6人程度でした。

やっと常時コメントをもらえる友達と言える人達と知り合いになったのは、ニコニコ生放送をはじめてから6ヶ月目のこと。

最初は閲覧0、コメント0のこともありました。

それでも初めてやる配信だから、「せめてしゃべることに慣れよう」と思って、誰も聞いていない配信の中でゲーム実況をしていたものです(*T-T)

はたから見ればむなしい行動ですが・・・ただ、今となってはそれが役にたっていると思ってます(゜ー゜;)

昔と違って、現在は配信する人も多く、スマートフォンがあるおかげで見る側の人も爆発的に増えましたが、それでもやはり配信を始めたばかりの時はなかなか人が見に来てくれないものです。もちろん初めての放送・配信なので、おしゃべりもうまくないかたがほとんどでしょう。

そうなると、「思っていた配信生活と違う・・・」と早々に諦めて絶望してしまうのではないかと少し思います。

ただ、先ほども言ったように、よほど人たらしの才能がある人間でもないかぎり、3~6ヶ月は閲覧もない、コメントもないという不遇な期間をどの人もたどるものです。

これはブログでもホームページでも同じこと。

意欲を持って始めても、まったく人が来ないことはザラにあります。

それでも諦めず挫けずいじけず長期間がんばってきた人には、それなりの成果がついてくる。ネットに限らず社会ってそんなものです。

なのでもし配信を志す人は、最低でも6ヶ月間、できれば1年間がんばってみるべきなのです。



考察その2

「今まで足しげく通っていた配信者さんが自分の配信を見に来てくれない不満」

考察1で述べたように、ほとんどの人は配信を始めた直後は、想像以上に人がきてくれません。

こればっかりはしかたがないことなのですが、そのうちこんな気持ちになってくるのではと・・・

「自分はあの配信者のリスナーとしてあれだけ盛り上げたやったのに、なぜ自分の配信には来てくれないんだ?」

気持ちはものすごくわかります。特に配信をやっていてリスナーやコメントがゼロの時はこの気持ちがより強くなるものです。

ただ、配信者の側から言わせてもらうと、配信しているすべての友達の放送を見ていると、まったく自分の時間が取れなくなるのです(´・ω・`; 一人あたり最低でも30分。それも一枠で終わった場合の話であって、多くの場合2~3枠続きますので、それを自分のリスナー兼配信者さんすべてを見るとなると、それこそ自分の配信もできないし、配信の下準備(例えばゲームの練習)などもできません。

なので、なかなか見に行くことができないんですよねぇ・・・

あと、配信を長くやっていると不仲になる配信者さんやリスナーさんができてきます。これは必ずできます。

リスナーさんが配信者になった時、その閲覧者に不仲になった人がいることも往々にしてあるので、その場合配信を見に行ってコメントをすることが非常に苦痛になることがありまして(゜ー゜;)

わざわざ苦痛に思う配信を見に行かなくなることは自明の理。しかたのないことなのです(´・ω・`)

結局配信を通じてのリスナーさんや友達は、自分のがんばりで勝ち取っていくしかないと思うのです。

配信はギブ&テイクの世界ではありません。

多くの配信者は、配信をすることで得るもの(テイク)はなく、ただただリスナーさんに楽しんでもらおうと思ってギブの連続なのです。テイク的な要素が得られるのは配信初心者の冬の時代を乗り切って友達ができ、配信でワイワイ言えるようになってからなのです。

そのためには、繰り返しになりますが、やはり長期間我慢強く配信をやっていくしかないと思います(´・ω・`)b



考察その3

「配信というものが思っていたより面倒くさくて大変なことに気付いてしまう」

楽しそうに配信している配信者さんを見ると、毎日が楽しそうと思うかもしれません。

しかし、やってみるとわかりますが、たった一枠である30分を自分の雑談や特技で乗り切るのがいかに大変か気付くことと思います(゜ー゜;)

特に配信初心者の時は一段とそう思うでしょう。

さらに追い討ちをかけるように、配信を始めたばかりの時は人が来ない・・・配信する大変さを考えると割りに合わないとなってしまう。

仮にうまい具合に閲覧がついたとしましょう。

それでも多くの人は、他に楽しみができたら配信をサボりそちらに没頭することが多くなりがちです。そうなると当然リスナーは離れていく・・・

ブログもホームページもそうですが、「三日坊主」でやめた経験がある人もいると思います。

がんばって一週間で、「やーめた」となった経験がある人はいませんか?

配信も同じことで、ずっと継続してやっていくことはとても難しいことなのです(´・ω・`)b

「あ、昨日配信しなかったな・・・まいっか」、「あっと、3日間やってねーや・・・そろそろやらないと」、「うお、一週間やってなかったわーもういいやw」

となってしまうことも往々にしてあります(゜ー゜;) まあ、ネットだけに限りませんがw

なにか事を始める時は、それが例えお金が関係しないことであっても、一定の覚悟を持ってやりたいものですね。



と、まあ、リスナーさんとして知り合い、その後配信を始めたかたがなぜ消えていくのかを自分なりに考察してみましたが、あくまでも私の考察であって、本心はその人達に聞いてみないとわかりません。

ただ、配信をするなら本当に覚悟を持ってやってほしいと思っています。

過去数人のかたに、「配信を始めると消えていく人が多いからそうはならないでね・・・」とアドバイスしてきました。ほとんどのかたは「私は大丈夫です!」と答えてくださったのですが、1人を除いてすべて私の前からいなくなってしまいました(´・ω・`;

もしかしたら別名で配信を続けているかたもいるのかもしれませんが、やはり親しかった人物がいなくなるのは寂しいことです。

それでもどうしても配信をやってみたい人へ。

何回か述べましたが、配信を志す人は、不遇な時代が長く続くことを覚悟した上で、焦らず、腐らず、いじけず、諦めず、気長に取り組みましょう(´・ω・`)b

そして人付き合いや、人の心を気遣うことを学び、リスナーさんが安らげる配信を目指してみましょう\(^-^)/


プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ
にほんブログ村



家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ