ジム系のモビルスーツのプラモデルを楽しんで作る(`・ω・´)b

どうも(´・ω・`)ノ
血液検査の結果が思ったより良好で少しほっとしたあきです。あまり多い量ではないですが最近は晩御飯前に少しだけお酒を飲んでいるので少し肝臓の数値が心配だったんですよね(;・∀・) でもなぜか肝臓の健康度を測る数値はすべて前回の検査より良くなってまして(´・ω・`; いったいどうなってんだ俺の肝臓・・・と思いつつ、「あのくらいなら飲んでも問題ないのか」と安堵しております(ノω`*)


先日友人がツイッターで『ジェガン』というモビルスーツのプラモデルを作って公開しておりました。『ジェガン』は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』以降の時代の作品にでてくるジム系を発展させたモビルスーツで、量産型というイメージを保ちつつ新時代のモビルスーツというイメージが魅力的なロボットです(*'-')b

『ジェガン』というと量産型の宿命か、ビームで打ち抜かれて爆発したりサーベルで切られて爆発したりするイメージが強いのですが、プラモデル化してあるキットはすばらしくかっこ良いъ(`ー゜) 友人が撮影したキットの写真を見てほれ込みました(*・ω・*)

こうなると私も『ジェガン』を作りたくなったのですが、あいにく『ジェガン』のキットは持っていない(´・ω・`)

ならばせめてジム系のモビルスーツを作ろうと思って収納場所を探してみました。なんと言っても積みゲーだけじゃなく積みモデラーでもある私・・・ジム系の1個くらいあるだろうと思ってましたのでw

そして見つけたのが『機動戦士ガンダム0083』に登場する試作型ジムの『パワードジム』(´・ω・`)b オレンジの装甲と巨大なバックパックが印象的なモビルスーツです。まあ・・・劇中ではあっさりやられてましたが・・・(つД`)

このキットなぜか3個持っていたので、「1個くらいは無塗装ストレート組みで気楽に作るか」とささっと作ってみることに。

そしてゲート処理などの最低限の作業をして組み上げたのがこちら(*'-')b

20150224-01.jpg

う~む、ピンボケがひどいw

でもキットはすごく良くできていまして、プロポーションや可動範囲、継ぎ目をなるべく目立たなくするパーツ構成などかなりお薦めなキットになっていると思いますъ(`ー゜)

これって立っている姿をじっと見ていると・・・

顔をガンダムに変えてそれっぽい色に塗装したらぶっちゃけガンダムですよね(´・ω・`; それくらい量産型とは思えないこったデザインになってる気がします(;・∀・) まあ・・・設定ではガンダムGP-1の試験機だったらしいのである程度豪華になっていても不思議ではないんですがw

と、ここまででも十分満足なんですが、せっかくなのでもうちょっと手を入れてみることにしました(´・ω・`)b

そこで考えたのが、「墨入れ」という作業。

これはパーツの段差や継ぎ目などに線を入れ影を強調させる一種の汚し作業なんですが、これをやるだけで不思議とモビルスーツがぐっと引き締まってみえるんですよね(`・ω・´)b

簡単にやろうと思ったらガンダムマーカーの墨入れ用で普通に書き込んではみ出た分を消しゴムで消すということもできますし、道具がある人はなんらかの塗料を希釈して流し込むのもあり。比較的単純な作業で完成度がぐっと高まるお得な加工ですъ(`ー゜)

で、今回何をつかって墨入れしようかと考えたのですが・・・

正直これだけ世の中が寒いと暖かい部屋から動きたくない(´・ω・`; かと言ってガンダムマーカーもない。というわけで最初はペンシルで墨入れしてみることにしました(;´∀`) まあさすがにプラスチックの上にペンシルの芯の色はのらないので、まずケガキ針のようなもので済みいれする所を掘ってペンシルでなぞるという手順になるのですが・・・やってみたら場所によっては墨入れした後の線が薄すぎてあまり迫力がない(´・ω・`;

ならばと思ってやってみたのが、4Bという絵画用に使う濃い色のエンピツで書き込んでみること。これはそこそこ良い色がでたのですが、芯がやわらかいためにしょっちゅうとがなければならないのでかなり効率が悪い(;・∀・)

と言う訳で結局ポスターカラーを溶剤で溶いて筆で流し込むというスタンダートな方法をとることになりました。まあ・・・普通のかたはポスターカラーではなくエナメル塗料を使うのがよろしいかと思います(´・ω・`;

そして墨入れをある程度ほどこしたのがこちら。

20150224-02.jpg

う・・・(´・ω・`) なんか写真じゃちょっとわかりにくいな(;・∀・)

あ、でもやってみた感は確実にあるので、ぜひ無塗装派のみなさんにも墨いれはお薦めしますъ(`ー゜) きっと満足感はあると思いますよ(´∀`)

で、パソコンの上に飾ったパワードジムをしたから撮影してみました。

20150224-03.jpg

あ、さすがにここまで近づくと墨入れしてるのがわかるなw

まあ・・・アラも目立つし、済みいれし忘れてる部分もめだっちゃうけど(´・ω・`;

ちなみに私の場合、素組みで完成させると決めたキットでも、一応後でまたバラバラにできるような加工をして作ってますので、いつでもエアブラシを使った全塗装をやれるようにやってます(´・ω・`)b

なので腹のコクピットの装甲はあえてつけてません(;´∀`) これをつけちゃともはや絶対にとれない部品なんで(;^ω^)

まあ『パワードジム』はとりあえずこれで一段落でいいかな。

え?シールドはどこにいったかって?

実は途中で誘惑に負けてエアブラシ塗装をしようと思ってシールドだけ塗ったらありえない色になってしまいどうしようか思案中です・・・orz

う~むシールド・・・本当にどうしよう(´・ω・`;


筆塗りかエアブラシか・・・結局の所・・・(´・ω・`;

どうも(´・ω・`)ノ
よく利用している野菜の直売所に最近目的の野菜がなくてがっかりなあきです(´・ω・`) 病気治療のために食べなければならない野菜があるんですが、一般的な野菜なのにないことが多い(´・ω・`; キャベツにトマト、そして今日はタマネギがまったく売ってないという・・・いったいどうした野菜たん・・・(´ヘ`;)


さて話はがらりと変わりプラモデルの塗装の話。

プラモ作ろう等の模型製作番組を見てプラモデルに再チャレンジし始めて以来、簡易的な物とは言え塗装はエアブラシでやっておりました。小学生の時等はエアブラシなんて高級道具は夢のまた夢の時代だったので、無塗装か筆塗り塗装だったのですが、筆塗り塗装は私も友達も例外なく筆ムラたっぷりになってました(゜▽゜;) いかにも「筆で塗った!」といわんばかりの出来栄えでw まあそれでも昔の時代のプラモデルの色が一色しかなかった時代にはすごいことだったんですが(;´∀`)

その時のトラウマという訳ではありませんが、大人になってエアブラシを手に入れてからはほとんどエアブラシを使った塗装をすることが多くなりましたね(´・ω・`) 時々筆塗りにチャレンジしていたのですが、やはり気になるのは筆ムラ・・・特に私が使っている塗料が模型専用ではない上に水性塗料なので希釈も難しく、なかなか筆塗りに適した濃度にするというのが難しいというのもあるんですが。

ただ、正直エアブラシは塗装は綺麗に塗れるものの、ちょっとした部分でもマスキングしなければならなかったり、塗装をした後のエアブラシ内部の掃除がやたらたいへんで正直きついなと思っていました(゜▽゜;)

「筆塗りで綺麗に塗れたら直接ペタペタっと塗って終わりなのにな・・・」と思うこともしばしば。

「筆塗りで綺麗な塗装は無理なのか?」と思ってネットを検索してみると、筆塗りでガンダム系のカラフルなプラモデルを製作していらっしゃるかたがたくさんΣ(´∀`;)

「え?筆塗りでどうやってこんなムラなく塗れるの?(;・∀・)」

と思って製作記を見てみると、やはり塗料の濃度調節の問題と筆の選択、あと塗り重ねが大事みたいですねぇ・・・。ただ使っていらっしゃる塗料が模型用のラッカー塗料やエナメル塗料なんで私が使っている塗料も同じことが言えるかというと一概には言えないところなんですが。

ただ、「筆塗りで綺麗に塗れるならそれで作ってみたい。正直エアブラシは塗る前後のメンテナンスがたいへんなんで・・・」など思って作りかけのキットに試しに筆塗りしてみることにしました(´・ω・`)b

とは言え、やはり普通に塗ると筆ムラがかなりでてしまう(´・ω・`; 方法としては筆ムラを残したまま塗り重ね、乾燥後2000番あたりの紙やすりで筆ムラの部分を削ってやって面を平坦にするという方法がありそうですが、これだとキットにはいっているモールド(溝や彫刻)などが消えてしまう。なのでこれは使える所が限定されてきます。

となると筆ムラがでないくらい希釈して塗ることになるのですが、そうなると1回塗った程度では塗料が薄すぎて色がのらない(;・∀・) こうなると乾燥してから同じ濃度の塗料を塗り重ね、また乾燥してから塗り重ねになるのですが・・・

作業場が2階にある私、ちょっと塗って下の部屋に戻り、2時間ほどたってまた2階に上りちょっと塗って降りるを4回ほど繰り返したところでふと我に帰って思ったこと。

「ちょっとまて、これってエアブラシよりきつくないか?(´・ω・`)」

エアブラシなら一発で塗料をのせて乾燥するだけの作業を筆塗りだったら筆ムラをださなくするために同じ作業をかなりの時間をかけてやらなければならない・・・う~む・・・筆塗りも楽ではないんだな(´ヘ`;)

一応塗ってみたのがこんな感じ。

20141020-01.jpg

ごちゃごちゃと色々試した後がありますが、半分より上の赤と白の部分が今回筆塗りしてみた箇所ですw

筆ムラはあまりでていないものの・・・発色もあまりよろしくない上にやはり労力と時間が(;´・ω・)

対して昔エアブラシ塗った同じキットの足部分。

20141020-02.jpg

こちらはベースに黒を塗ってその直後に基本色の白を塗っていますが、作業時間は50分ほど(´・ω・`)

う~む・・・やはりエアブラシがある場合はエアブラシを使ったほうが労力的にも時間的にも楽・・・なのかな?(・。・;)

でもすべてエアブラシで塗るより筆塗りを併用したほうが良い所もたまにあるんですよね・・・やはりどうにかして自分の塗料にあった筆塗りの方法を確立しなければと思ってます。

まだまだ試行錯誤が必要そうですが(´・ω・`;

今まで封印しているラッカー塗料やエナメル塗料も筆塗りの場合には利用してみるのも手なのかなぁ(´・ω・`) エアブラシ塗装のために水性塗料を缶ごと大量に買い込んでいる私にとっては悩ましい問題ですw

まあ・・・マスキングの鬼と呼ばれるくらいなんでもマスキングできるようになれば解決・・・って無理か(;´∀`) 器用になんでもできる人がうらやましいヽ(;´Д`)ノ

お城の土台なんとか完成(;´・ω・)

どうも(´・ω・`)ノ
最近ちょっとだけお酒を呑み始めたあきです(;´∀`) まあお医者さんに止められていた訳ではなかったのですが、病気を治すために自主的に禁酒してたんです(´・ω・`) 一昨日から晩御飯の前に焼酎を100CC弱程度飲んでますw 痩せて体が小さくなったせいかこの程度でもやたら効くんですよね(;´∀`) 我ながら省エネな体になったものですw


さて今日も模型の話です(´・ω・`)

ほんと・・・模型の話ばかり連続で申し訳ない(´・ω・`; ゲームもちょこちょこはじめて行こうと思ってますので今日までご勘弁を(;´∀`)

3日ほど前からお城の模型を作っているのですが、なんとか土台を完成させることができたのでご報告をw

それにしても苦労しました・・・

土台の場合「作る」とは言っても95%は塗装作業でして、ほぼ部品を組み上げるという作業はありませんでした。加工した所と言えば前回のブログで書いた森の部分の工作程度で(;・∀・)

ただ、塗装だけとはいえ、ガンプラのようにパーツ分けされていない分マスキングがたいへん(;´ρ`) まず土になる部分を塗装してそこをマスキング、森を塗装してさらにマスキング、最後に城壁を塗装という結構たいへんな作業(´・ω・`;

ガンプラはあまりマスキングして塗装することがない(というかマスキングしなくても色ごとにパーツが別れていることが多い)のでマスキング作業はかなり苦痛でした(;´ρ`)

20140926-01.jpg

土になる部分のマスキングだけで3時間(;´Д`) 終わった頃にはぐったり・・・今まで味わったことがない疲労ですな(;´・ω・)

ただエアブラシを使うとなると避けては通れない工程なので割り切ってがんばりました(`・ω・´)

んで塗装して完成した土台がこちら。

まず塗装前。

20140924-01.jpg

んで塗装後

20140926-02.jpg

う~む、なんか微妙だがあまりこだわってもしょうがない(;・∀・) 今回は完成させることが最も重要なので。

実は今回は100円ショップに売ってあったポスタカラーを使って塗装しているのですが、なぜか緑色は売ってなかったので緑色は青と黄色を混ぜて調色しています。なのでちょっと微妙な色に(;・∀・) すっきりした緑色って作るのが難しいんですね(;´Д`)

あと、一応すべてグラデーション塗装をしているのですが、なんかこう・・・目立たないというかベタ塗りにしかみえない(;・∀・) もっと派手にグラデーション塗装したほうがよかったかなぁ・・・建物なんでガンプラの装甲みたいに塗っていいのか?というのがちょっと頭にあったもので近い色で重ね塗りしちゃったんですよね(´・ω・`;

もう一つ失敗がありまして、最後に塗膜保護のために噴いたつや消しクリアーですが、私が使っているつや消しクリアーってプラモデル用じゃない上に筆塗り前提の塗料なんですよね。なのでエアブラシで噴いたらつや消し成分が固まりになって白い粒が所々にできてしまう模様で(;´・ω・) ガンプラつくっていた時代から「これなんだろう?」と思っていたのですが、今回はっきりわかりました。

つまようじとかで後でこすってやるとはじけるように消えてくれることもあるんですが、さすがに仕上げでこれはいただけない。つや消しクリアーだけはちゃんとしたプラモデル用の塗料を買うべきかなと思い始めてます(;´・ω・)

まあ、不満な所もたくさんありますが、前にも言ったとおり初めてのお城のプラモデル。完成させることが大事だと思ってますので、土台はここまでにして建物の製作にはいろうと思います(´・ω・`)b

ただ・・・建物の屋根はグラデーション塗装ができないほど小さいので、『ドライブラシ』というものをやったほうが良いのかもしれませんが・・・

実は私『ドライブラシ』って成功したことがないんです( ゚д゚ )クワッ!!

なのでちょっと不安ですが、まずやってみることが大事!(`・ω・´) 完成まで突き進みたいと思います!
プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ
にほんブログ村



家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ