メモリースティックを買う時の容量と値段で悩む(´・ω・`;

どうも(´・ω・`)ノ
やっと『艦これ』で武蔵を建造することができたあきです(゜▽゜) 実は通常の戦艦はほぼレベルがマックスに到達しているので演習などに使う艦がなくて困ってたんですよねぇ(´・ω・`) まあケッコンカッコカリをやればまだ上がるのですが1人700円はちょっと使う気には・・・(・_・;) 武蔵がきたことでLV99になるまでかなりの時間戦力になってくれると思いますのでちょっと一安心ですw 無料でケッコンカッコカリができた長門と一緒に活躍してもらいたいものですなぁ(´∀`)


さて前回、前々回とPSPでプレイステーション1のゲームを動かす実験の事を書きましたが、今回もそれに関連するお話となります(´・ω・`)b

プレイステーション1のゲームをPSPでプレイできるように変換するのは手順的に特に障害になるようなものはなく問題なくできるのですが、PSPでプレイするには当然ながら作成したデータをPSPに転送・保存しなければいけません。

PSPで保存できる領域(メモリー)となると、オプションスロットに装着する『メモリースティック』になるのですが、これが私の場合、セーブデータの保存と2本程度のゲームのデータインストールさえできれば良いと思っていたので、2GBのメモリースティックを購入して使用しています(´・ω・`)b

基本やりたかったゲームが、『モンスターハンター』と『Gジェネレーション』だったのでそれほど大容量のメモリースティックは必要ないと思っていたんですよね。値段も他のメモリーと比べるとお高いし・・・(゜ー゜;)

ただ所持しているプレイステーション1のゲームをプレイできるとなると、なるべく多く変換していつでもできるようにPSP側に保存しておきたいと思うのが人情というもの。ただそうなると2GBのメモリースティックでは少し心もとないんですよねぇ・・・。PSPのゲームによってはデータインストールに1GB以上使う物もあったりしますし、セーブデータも結構な容量になります。そうなるとプレイステーション1のゲームを入れる領域がほぼないわけで(´・ω・`;

ここに至ると、「大容量のメモリースティックを購入しようかな?」と考えてしまうわけなんですが・・・

前述したとおりメモリースティックは他のフラッシュメモリよりかないお高いんです!。・゚・(ノД`)・゚・。 USBメモリなら8GBで500円程度というお店もチラホラありますが、メモリースティックは4GBで安くても1,200円以上。8GBとなると2,000円~3,000円程度はするようで(・_・;) 最大容量の32GBのメモリースティックとなると1万円オーバーする物も・・・いや~さすがにこれは考えます(´・ω・`;

さらに決心を迷わせるのが、メモリースティックをはじめとするフラッシュメモリー系の寿命が比較的短いこと(´・ω・`)b

と言うより、メモリースティックやUSBメモリ、SDカードに寿命があることを知らずに使っている人のほうが多いのではないでしょうか?もしかしてこのブログを見て始めて知った方もいるかもしれませんね(;^ω^)

フラッシュメモリには書き込みできる回数があるらしく、約1万回ほどらしいです。これは最低限1万回はできますよということらしく、製品によっては10万回の書き込みに耐えられるらしい・・・のですが、意外に少ないと思いませんか?

例えば1万回の書き込みに耐えられるとすると、1日10回書き込めば約3年ほどしかもたないという計算になります。これがパソコンで使用していて基本的にデータの保存場所として使っていることが多くて読み込みしかしませんという場合はあまり寿命は気にする必要はないのかもしれませんが、PSPで使用するとなると頻繁にやるのがゲームデータのセーブですよね。これは頻繁に使う人は1日10回程度ではすまないと思います(;´∀`)

さらに大容量のメモリースティックを使うとなると、当然のごとく多くのプレイステーション1のゲームをあらかじめ保存しておくことができます。それに伴ってそれぞれのゲームのセーブデータもできますし、プレイできるゲームが多いということは頻繁にデータのセーブもするということで、さらにメモリースティックの寿命は短くなるわけです(; ・`д・´)

がんばって32GBのメモリースティックを1万円で購入したとして・・・それが1年もたなかったら・・・いや1万円をメモリーに支出するのなら10年は持ってほしいところですが、書き込み頻度から言ってそれは無理でしょう(;´Д`) そうなると消耗品と割り切って4GB程度のメモリースティックを買って少数のゲームを入れて書き込み頻度を少なくしていくほうが良いのか?とも考えてしまいます。値段も大容量のメモリースティックに比べたらかなり安いですしね(´・ω・`;

16GBのSDカードやUSBメモリなら持っていますが、私の場合DVDやCDに焼くのが面倒もしくは容量の問題で入りきらないファイルを保管しておく場所として使っていることが多く、ほぼ読み込み専用と言える使い方をしているんですよね。なので消耗のことはほとんど考えてなかったのですが、PSPで使うフラッシュメモリとなるとよ~く考えて購入する必要がありそうです(・_・;) そこまでしてPSPでゲームをやる必要があるのかも落ち着いて考えないと(;´∀`)

とりあえず明日は電気屋さんに行ってみて地元ではどの程度の値段でメモリースティックが販売されているのかを再度確認したいと思ってます(´・ω・`)b

たぶん無難なところで4GBの製品を買うことになると思いますが(;´∀`)

USBメモリーは容量と値段のバランス的にもはや使い捨ててもそれほど問題ないと思えるほどになりましたが、メモリースティックもそうなる日が来るんですかねぇ・・・う~む、シェア的に難しいかな(;´∀`)


せっかくなのでPSPの活用法をもっと考えてみた(´・ω・`)b

どうも(´・ω・`)ノ
最近あるなつかしの器具で筋トレを始めたあきです(`・ω・´) まあ・・・ムキムキになるのは無理としてもせめて人並みになれればというささやかな望みをもってやっております(´・ω・`) そのうちブログでその器具紹介するかw


さて、前回試してみたPSPでプレイステーション1のゲームを動かす実験ですが、多少の処理落ちなどがあったもののほぼ問題なく動くようで、私としてはお気に入りの囲碁ソフトを持ち運べるようになってちょっと得した気分になっております(*-∀-)ゞ

ただやはり私としては基本的にゲームは据え置き機を使って大画面のテレビでゲームをやりたい派なので、あまりしょっちゅうPSPを使うこともないと思うんです(´・ω・`; 実際今までほとんどPSP使ってなかったですからねぇ(゜ー゜;) 中古のゲームを買ってきた時にはすでにバッテリーが切れていてフル充電してからゲームを確認そして放置。そして次のゲームを買う時にはバッテリーが切れているというくらい使っていなかった訳でして(;・∀・)

まあ、お気に入りの囲碁ソフトが使えるようになったんでもう少し使う頻度は増えるのかなと思ってますw

そこで考えたのは、他ジャンルのゲームの活用法(´・ω・`)b

すべてではないにしてもプレイステーション1のゲームがPSPでプレイできるのなら他にも活用する術があるのではないかとふと思った訳でして。コントローラーのボタンがたりなかったり画面が小さかったりしてもあまり影響のないゲームが他にないかあたりを見回してみました。

すぐに思いつくのは、最初に入れた囲碁。となると同じジャンル・・・ではないですが大人のゲームと言う面で同じ雰囲気がある、将棋と麻雀は普通に楽しめそうです。麻雀は牌の柄が見えるかな?と思ったのですが昔ゲームボーイでも発売されていたくらいですからおそらく大丈夫でしょうw

そして大人のゲームと言えばもうひとつよな・・・と思ってガサゴソ。

そして見つけたのがこれ(´・ω・`)b

20150327-01.jpg

プレイステーション1用のパチンコゲームw

写真は『三洋パチンコパラダイス3 わんわん大行進』です(´・ω・`)b 元祖ワンパラですねw

パチンコゲームなら複雑な操作はないし基本操作は玉の打ち出しと玉を買うことだけ、あとはじ~っと見ているだけです(;´∀`)

うちの場合親が車を運転できないので、私の買い物ついでに一緒に買い物に連れて行くことが結構あるんですよ。その時に私の買い物をしている時は車で待ってもらっていたりするのですが、その時間が申し訳なくてあまりゆっくりと商品を見られないんですよね(;´∀`) でもそんな時このパチンコを起動したPSPを渡しておけばそれなりの時間つぶしになってくれるのではないかと(゜▽゜;)

さて問題はこのゲームがPSPで動作するかどうか。そしてちゃんと表示されるかどうか、見難くないかどうかですが・・・まあそこは試してみるのが一番ですね(´・ω・`)b 動かなかったらパチンコゲームはまだまだ他にもあるしw

とりあえずまずパソコンにとりこんでISOを作成。約100MBでした。意外に小さい(゜▽゜;)

そしてPSPで使えるように変換ですが、この時に圧縮をかけているらしく、実行ファイルは35MB程度でした∑(゚ω゚ノ)ノ 小さ!

これで動くのかいな(´・ω・`)

とりあえず起動してみると・・・

なんと!

前回入れた『ヒカルの碁』が起動(´・ω・`) いや~選択する時にアイコンを設定してない上にゲームのタイトルが右側にでてこなかったのでどっちが今回入れたゲームやらわからなかったんです(´・ω・`; アイコン設定は簡単にできそうだけど文字ってどうやって出すんだ・・・後で調べなきゃ(・_・;)

で、気をとりなおして今回のパチンコゲームを起動・・・

できました!ъ(`ー゜)

20150327-02.jpg

実際プレイしてみましたがプレイ感覚に違和感なし。それどころか画面が小さいのでアラが見えにくく、絵が綺麗に見える錯覚が(゜▽゜;)

うん、これは良いかもヽ(´ー`)ノ

たしか年配者が大好きな、『CR海物語』もあったはずだからあれ入れとけば何時間でもOKかも(;´∀`) まあプレイステーション1で発売されているのは昔の海物語ですが。(新はPS2からなんですよねぇ・・・)

そういえば私がものすごくスロットにはまっていた時に買った『アルゼ王国』シリーズもあるし、スロットをなつかしみながらやることもできるなぁ。うん、積みゲーしたまま売らずに放置していたのは無駄ではなかったw

今まであまり使ってなかったPSP君、これから本当に活躍してくれそうです(´・ω・`)b


PSP-3000でプレイステーション1のゲームを試してみた(´・ω・`)

どうも(´・ω・`)ノ
放送をやめてちょっと気が抜けた感があるあきです(;´∀`) 最近は晩御飯前にお酒を飲んだ後放送することが多かったので、酔っ払うとついつい放送したくなるクセがついていて困ったものですw まあ放送したい反面、もう放送で嫌味を言われて落ち込むこともなんだなと少し安堵しない面もなくはないのですが。


先日ネットでPSPのゲームのことを調べていますとある情報が目にとまりました。

それはPSP-3000で動作するカスタムファームウェアの存在(´・ω・`)b このカスタムファームウェア(CFW)とは何かと言いますと、PSPの非公式OSとも言える存在で、自作ソフトを起動させたりISOイメージを起動させたりできるというもの。これを利用してエミュレータなどをPSPで動作させることがしばらく流行っていたみたいですね(;´∀`)

ただカスタムファームウェアを導入できるのはPSP-1000とPSP-2000のカスタムファームウェア対策をしていない物にかぎられまして、純正ファームウェアの最新版やハードウェア的に対策をほどこしたPSP-3000はカスタムファームウェアは使えないというのが定番でした。私もはなっからそう思っていたのですが・・・

どうも最近はPSP-3000でも簡単に導入できるカスタムファームウェアがあるらしく、そのカスタムファームウェア上でプレイステーション1のゲームが動作するようになるらしい。ほんとか?w

一応手順が詳しく書いてあったので、どうせ放送もしなくなって暇だったので試してみることにしました(;´∀`)

ただカスタムファームウェアを導入したPSPは最悪動作しなくなる可能性があるらしいのですが、PSP-3000は元々そういうものが導入できないようにしてあるため、電源を切ると初期状態に戻るらしく、一旦電源を切って再起動したら再度カスタムファームウェアをインストールしなければならないらしいです。

でもこのことは私にとっては好都合でして、電源を切れば初期化されてなかったことになるならかえって安心して試せるってものです(´・ω・`)b 成功したならしたでPSPにはレジューム機能があるのでそもそも電源を完全に切って終了させることはあまりないので問題なしと。

という訳で必要なファイルをダウンロードして手順どおりにやってみました。

まずPSP-3000用のカスタムファームウェアの導入、これは簡単にできました。パソコン上で解凍してUSB経由でPSPと接続。所定のフォルダにコピーして起動。とりあえずインストールはこれで完了です。

さて次はプレイステーション1のゲームですが、これはまずISOイメージを作らなければならないらしい。これはツールがいくらでもあるし、CD-ROMを仮想イメージ化して使うことは普通にやっているので特に問題なしъ(`ー゜)

さて、とりあえず何のゲームで試してみるかですが・・・

ちょっと思う所があってこれを使ってみました(´・ω・`)b

20150325-01.jpg

プレイステーション1用ソフト、『ヒカルの碁 院生頂上決戦』です。

実は病院などの待ち時間で囲碁の本などを読んで勉強することはあるのですが、その時にちょっと実戦してみたいなと思うことがあるんです。となると携帯できるゲーム機の出番となるのですが、PSP用の囲碁ソフトってなかなか売ってないんですよね(´・ω・`) あ、もちろん中古が・・・ですw 新品は結構高いし、程よい強さのものがないんですよね(´・ω・`;

少し前に知り合いが持っていた『梅沢由香里のやさしい囲碁』というPSP用の囲碁をやってみたことがあるのですが、これが初心者にはまったくやさしくないんです(;´∀`) 正直コンピュータが(初心者を相手にするには)強すぎる!たぶん昔のパソコン囲碁の上級にも買ってしまうんじゃないだろうか?というほど(初心者にとっては)厳しい手を打ってきます。さすがにこれでは囲碁を諦めてしまうことになりかねないので、そこそこの強さの囲碁ソフトがないかなと思っていたのです。

プレイステーション1用には、人気アニメ『ヒカルの碁』を題材にしたソフトが2本でていますが、低年齢層をターゲットにしてあるせいか、どちらもそこそこの強さであまりいやらしい手は(比較的)打ってきません。なので私のお気に入り囲碁ソフトのひとつだったのですが、これがPSPで動けばどこでもできるようになるなと思いまして(;´∀`)

えらく話が横にそれましたが、とにかく「プレイステーション1のゲームがPSPで動くかどうか」と、「お気に入りの囲碁ソフトがどこでも使えるようになるか」のふたつのことが一度に試せるのでちょっとお得かなとw

さて、まず『ヒカルの碁』をISOイメージ化。これはあっさり簡単。そしてPSPで動作するようにするための変換プログラムが必要になるのですが、今回は『PSX2PSP』というプログラムを使ってみました(´・ω・`)b

と言う訳で変換っと・・・

そしてPSPにフォルダごと移動させて起動・・・(; ・`д・´)…ゴクリ…

シ~ン・・・

画面まっくらでなにも表示されません(´・ω・`;

あれ?やっぱ駄目?と思って電源を切ろうとした時、おなじみのPSのロゴマークが画面に出現(;´∀`) その後無事『ヒカルの碁』が起動されましたヽ(´ー`)ノ

ちょっとやってみましたが、多少処理落ちしてるところもあるかな?と思う部分もありましたが概ね正常に動くみたいで実用上問題なさそうです(´∀`)

20150325-02.jpg

いや~、これでどこでも囲碁ができますねw

正直強さのみを追求している最近の囲碁ソフトにはついていけないところがありまして、もう少し初心者のことを考えた手を打つ囲碁はないのか!と思っていた矢先だったのでこれはありがたい(;´∀`) もう一本の『ヒカルの碁 平安幻想異聞録』もPSPで動作するようにしておきたいと思いますъ(`ー゜)

まあ、基本プレイステーション1のゲームは大画面でやりたいので、PSPでやるゲームというのは限られるとは思いますが、『ヒカルの碁』が動いたのは何よりうれしいですね(´∀`)

PSP自体をあまり使うことがなかったので、これからしばらくは囲碁マシンとして活躍してもらいたいと思いますw

と言う訳でPSP-3000でプレイステーション1のゲームが動くかの実験でした(´・ω・`)b
プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ
にほんブログ村



家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ