久しぶりに積みゲー1本消化ъ(`ー゜) 『鋼の錬金術師 飛べない天使』

どうも(´・ω・`)ノ
臨時収入があったのでこっそりニコ生に課金して人知れず放送しているあきです|ω・`) コミュニティメンバーもなし、来場者も少ない、コメントも1~2人というプレッシャーのない環境での放送ってこんなに気楽なんですね(○´ェ`○) やるゲームのジャンルにこだわる必要もないし適当に放送を垂れ流したいと思ってます(゜▽゜;)


さて、持っているゲームの中で一番積んでいる本数が多いプレイステーション2のゲーム、そろそろクリアしていきたい(`・ω・´)b つかそろそろプレイしていかないと寿命までに全部やりおえられるか微妙な本数になってきましたw

という訳で、何かやってみようと思って数日前に取り出したゲーム、それがこちら。

20150429-01.jpg

プレイステーション2用ゲーム、『鋼の錬金術師 飛べない天使』です(´・ω・`)b

発売元はスクウェアエニックス、さらに素材が人気アニメ『鋼の錬金術師』ということでかなり期待しておりました(´∀`) 先日続編の3作目を手に入れたことをブログでも書きましたねw それがきっかけという訳でもないのですが、「まず一作目をやってみようじゃないか」と常々思ってたんですよね(;´∀`)

やっと手をつけることができましたw

ちなみにプレイ前にある程度ネット上での評価を見るのが私のクセなんですが、このゲームはどこのサイトの評価を見ても概ね評価が高い。「これは楽しめそうだ」と思ってプレイをはじめたのですが・・・

正直私にとっては微妙なゲームでした(´・ω・`; いや楽しめたことは楽しめたんですが、「思ったほど・・・」という感じでして(・。・;)

ストーリーとしては、アニメの『鋼の錬金術師』の間にあったサイドストーリーになっていて、ストーリー自体はまったくのオリジナルらしいです。このあたりは『鋼の錬金術師』のファンにはたまらないですね(*'-')b

ゲーム的には、3DアクションRPGとなっておりまして、無双シリーズを想像していただければだいたいわかるかと(´・ω・`)

なので、ゲームの基本システムは決してクソゲーではなく、むしろアニメをゲーム化した物にしてはかなりハイレベルだと思います。

ただそれでも不満な点が何個か・・・


まず1つ目。「ザコ敵が微妙に強い」

ゲームの性質上、複数の敵がいっせいに襲ってくるのですが、それぞれのザコ敵が微妙に強い(;´・ω・) あんなにザコにふっとばされるエルリック兄弟はあんまりイメージとあわないかなぁ・・・。その原因となっているのが敵の防御力と体力の高さ。序盤は簡単に倒せる敵もいますが、少しゲームが進むとありえないほどダメージがとおりにくい敵がいたり攻撃が届かない敵がでてきます。しかもそれぞれの敵が結構強力な攻撃をしてくるので、囲まれたらひたすらボコられることも(・_・;)

さらに敵がダウンすると結構長い無敵時間が設けられているのですが、これが本当にいらない・・・というかゲームのテンポが悪くなる原因ではないかなと(´・ω・`; タイマン格闘ゲームやステージ最期のボスならダウンした後の無敵時間もわかりますが、無双系のゲームでザコ敵が転ぶたびに無敵時間があって、しかも敵が倒しにくいとなると爽快感がなくなるのはしかたのない話で・・・。できれば次々にザコ敵をボコボコにしながら颯爽と目的地へ進むエルリック兄弟を体感したかった所です。


次2つ目。『エドワードが使う主力武器が完全に脇役』

鋼の錬金術師ことエドワード・エルリックと言えば、敵と戦う時の多くは右腕のオートメイルから練成する腕に固定されたミドルソードのような物を使って戦う印象がありますが、もちろんこのゲームでも再現されています。

が・・・

なぜかオートメイルが練成するデフォルト武器の扱いが悪い(´・ω・`; 他の武器は街の椅子や柱から『大剣』、『長槍』、『短剣』などを錬金術で練成して使用するのですが、これらの武器を使うと攻撃力が上がったり、武器に炎や風の属性を与えて強化したり、コンボが使えるようになって攻撃の間に地面からトゲを練成して複数をふっとばす錬金術を攻撃に組み込むことができるようになります。ただぶっちゃけどの武器も原作のエドワードの印象にはない武器ばかりで・・・。

ではデフォルトのオートメイルの剣はというと、コンボは3連続で剣をふるのみで間に錬金術を組み込むこともできない、もちろん属性も与えることができない、平たくいうと『弱い』、とあまり良い所がなく(;´・ω・) ぶっちゃけあまり使い勝手がよくないので、ステージが開始されたらまず練成できる武器を探すことからはじまります。

でもこれって原作を知っている人ほどなんか寂しい気になるんじゃないかと思います(´・ω・`) というか私は思いました(´_`。)


3つ目、『同じマップをいったりきたりが激しい』

いわゆる『おつかい』的な要素がふんだんにある上に、ゲームが進むと前にプレイしたステージをもういちどやらなければならない場面もあり、「またここかぁ・・・」と思うことが結構あります(;・∀・) ゲームのプレイ時間を長くさせるための手段とは思いますが、正直このせいでストーリーの進行のテンポがやたら悪い気がする。特にあるボスキャラ3人と戦うためのステージはただでさえ広く、ザコ敵も強いステージを1回クリアしてうんざりしているにもかかわらずもう一度隅々まで行かなければならないとか・・・さすがにあれは疲れた(´_`。)


4つ目、『レベルが上がった時に強さが微妙』

このゲーム、一応アクションRPGなので敵を倒して一定の経験値を積むとレベルが上がって各ステータスがアップするのですが、そのステータスの増え方が非常に微妙(´・ω・`; ぶっちゃけレベルが2~3上がった程度ではまったく強くなった気がしません(;・∀・)

アクションRPGの古典である『イース』などはレベルが1上がると目に見えて強くなるのですが、このゲームはレベルが上がっても実感できるほど強くはならず、敵を倒すのに相変わらず苦労します。レベルをあまりに細分化しすぎたせいかもしれませんが、いっそレベル20あたりをMAXにして1レベル上がった時に「強くなって敵倒すのがめっちゃ楽になった!」というのを実感できたほうがゲームとしての爽快感も増したのではないかなと思うのですが。


とまあ、不満に思う点はこれくらいですか。でも不満は期待の表れ。「ここがこうならもっと面白いのに。おしい!」と思うからこそ不満がでてくるのであって、正真正銘のクソゲーだったら不満を言う前に投げ捨てますからね(;´∀`)

ただ、ゲーム全体としてみれば、アニメをゲーム化した作品としては良い出来だと思います。『鋼の錬金術師』ファンのかたはその世界を十分堪能できるのではないかと(´・ω・`)b

2作目、3作目もすでに購入していますので、どんなふうにゲームシステムが改善されているのか?それとも改悪されているのか?そのあたりも楽しみではあります(´∀`) クリア後に続編がすでに手元にあるって旬がすぎたゲーム機ならではのことなのですが、でもなんか微妙なうれしさがありますねw 待たなくていいんだ!と思うと(゜▽゜;)

さて最期に点数をつけるとすると・・・

アクションRPGとしてのゲームの出来栄えは55点というところでしょうか。ゲームバランスをもうちょっと調整してあれば65点くらいだったかなと思いますが。それに加えて『鋼の錬金術師』ファンなら+10点、プレイステーション2全盛期の頃ならその価値と当時の最新ゲーム技術を使ったゲームということで+10点。ということで75点というところでしょうか。

不満もありますが、楽しめないゲームではないと思いますъ(`ー゜)

さて今2周目の特典を確認しているわけなんですが・・・、アイテムが引き継がれただけか・・・(´・ω・`) できればレベルも引き継いでほしかったなぁ・・・(´・ω・`)

と言いつつ1時間以上やりつづける私でありました(;・∀・)

結局ハマッてるし!w


机の引き出しを整理してたら意外な物がでてきた(゜▽゜;)

どうも(´・ω・`)ノ
FC2関連の某サービス部門関係者が逮捕されたということでブログは大丈夫か心配になってきたあきです(´・ω・`; 毎日更新してはいないけれど私としては長く続いているほうのこのブログ、いきなりサービス終了とかないよな・・・(・_・;) 今後の動向を注視しなければ(;´・ω・)


さて、現在実家住まいの私ですが、自分で自由に使える部屋は2部屋もっております(´・ω・`)b ひとつはメインとして使っているパソコンやゲーム中心で使う仕事部屋兼趣味部屋、そしてもうひとつが模型製作を中心として囲碁や将棋の道具や書籍を置いている完全趣味部屋(?)です。こちらのほうはインターネットや電話からは完全に隔離しておりまして、スローライフとまではいかないものの、ゆっくりとした気楽な時間を過ごしたい時に利用しています(´∀`)

この模型作成部屋のほうですが、小さい頃はメインの部屋として使っていたこともあり、子供の時に使っていた机やタンスなどがそのまま置かれています。まあ無理矢理捨てる理由もないものでw

部屋の大部分は模型や囲碁などの趣味に使いやすいように配置して整理してあるのですが、そんな昔から置いてある机やタンスなどは結構昔のままという箇所もあったりします(;^ω^)

久しぶりに机の長い引き出しをあけて中に何がはいっているかを見てみたのですが、PC9801のユーティリティーディスクや古い携帯電話のカタログ、過去に発売されていたミクロマンなどがでてきて「なつかしいなぁ・・・」と思いながら眺めておりましたw

机の中身を見るに、どうも最期に整理したのは15年ほど前みたいですねぇ(;^ω^)

そんな中袋に包まれているあるものを発見(`・ω・´)b

「あれ?見覚えがあるなぁ・・・」と思って取り出してみると、あのゲーム機の部品のひとつでした(*'-')b

20150426-01.jpg

ニューファミコン用のコントローラーです(゜▽゜)

しかもビニール袋の状態を見るにおそらく未使用未開封品ですね(;´∀`) まあ箱からは出してあるので未開封と言って良いのかわかりませんが、少なくとも未使用状態ではあるようです。配線も綺麗にたたまれて黒い針金のような物で縛ってありました。

ちなにみニューファミコンを知らないかたもいると思いますが、ニューファミコンはちゃんとした任天堂純正のファミコンで、ファミコン末期に少しの期間だけ発売された物です(´・ω・`)b つまりスーパーファミコンと発売されていた時期がかぶっているのですが、そのせいか本体はスーパーファミコン風のデザインになっています。

そういえばこのコントローラーもスーパーファミコン風ですよね(´∀`) 当時スーパーファミコンとニューファミコンを並べて設置したらかなり幸せだったと思いますw

最近はファミコンの中古もボロボロの物が多く、ニューファミコンにいたってはネットで探さないかぎりほとんど身近で見かけることはなくなりました。一応互換機と言われる任天堂以外の会社が作ったファミコンのゲームが動くゲーム機も発売されていますが、そこは互換機の宿命というべきか正常に動作しないゲームもちらほらあるそうです。

なので純正品のファミコンやニューファミコンはレトロゲーム好きにとっては絶対に持っていないと落ち着かない必須アイテム(`・ω・´)b

ただニューファミコンのほうは当時手に入れた時もそれほど興味がなかったけど一応買ったという感じで手に入れた物なので、予備のパーツを全然買っていなかったんですよねぇ(´・ω・`; なので今使っているニューファミコンのコントローラーが壊れたらお手上げだな・・・と思っていました(;´・ω・)

まあ、「たしかコントローラーは2個あったはずなんだけどなぁ・・・」とは思っていたのですが、もうひとつのコントローラーは所在不明だったんですよね(゜▽゜;)

それがまさか今ででくるとは!Σ(´∀`;) しかも未使用状態でw

う~む、これならとりあえず私がゲームできなくなる年齢になるまでニューファミコン使っていけるかもw ファミコン全盛期なら3年くらいでコントローラーのゴムを使いつぶす可能性もありましたが、今は使用頻度が低いですからね。大事に使っていけば一生物になるはずですъ(`ー゜)

というかAV出力できる任天堂純正のファミコンってニューファミコンしかないので本当に貴重なんですよね、今となっては(´・ω・`; 昔ながらの赤白ファミコンはRF出力しかできないし。

ファミコンのソフトはプレイステーション等のソフトより数は少なく内容も段違いですが、それぞれのゲームに対する思い出は計り知れないものがあるで、できれば死ぬまで現役であってほしい・・・そう思います('Д')b

う~むなんかファミコンのゲームをやりたくなってきたなw

遥か昔にクリアしたけど今は全然クリアできる気がしない『ドラゴンスレイヤー4』でもやるかな(ノω`*)


やっぱり携帯ゲーム機は苦手かな・・・(;´・ω・)

どうも(´・ω・`)ノ
夜中に聞こえる謎の重低音がちょっと気になりだしたあきです。近くに爆音を出すような室外機はないし、夜中は工場も稼動してないしいったい何の音なんだろう?ものすごく遠くで車がアイドリングしているような音なんですが、一晩中車がアイドリングしている訳ないしなぁ・・・謎だ(;´・ω・)


今日は少し携帯ゲーム機の話をしてみようと思います(´・ω・`)b

ここで言う携帯ゲーム機と言うのは、携帯電話やスマートホンでやるゲームと言う意味ではなく、PSPや3DS等のゲーム専用機でどこでも携帯できるいわゆる小型ゲーム機のことです。

実は私、ゲームも積んでますがゲーム機も新しい物好きで新しく発売されたゲーム機は結構買っていました。最近はちょっとゲーム自体に興味がなくなってきたのでゲーム機自体を買うことが少なくなってきましたが、少なくともプレイステーション2の時代まではほぼ主要なすべてのゲーム機を購入したと思います(´・ω・`)b

あ、ゲームキューブだけは買ってなかったな(;^ω^) あの形がテレビ前に置いたらの邪魔になりそうだったんで(゜▽゜;)

そんな私が一切手を出してなかったゲーム機がありまして、それが今回のタイトルにもある携帯ゲーム機。

ゲームボーイアドバンスの携帯ゲーム機とは思えないような衝撃的な美しい絵や、PSPのようなまるでプレイステーション2をそのまま携帯ゲーム機にしたかのような超高性能なゲーム機を見ても、興味はあっても「買おう」とはまったく思わなかったんです(´・ω・`;

まあ、付き合いで嫌々ながら行かなければならなかった旅行の時間つぶしにゲームボーイカラーを買ったり、兄が唐突にPSPをプレゼントしてくれたりしてかろうじて2台の携帯ゲーム機は持っていますが所持しているのはそれだけですねぇ(;´∀`)

携帯ゲーム機に対する最初のトラウマができたのが初代ゲームボーイの時(´・ω・`)b 当時お金がそう簡単に手にはいる身分ではなかった私ですが、モノクロ画面とはいえ持ち運びできてどこでもゲームができるという当時としては画期的なゲーム機がほしくてほしくてしかたなくて、かなり無理をして本体とファミスタを購入しました。それはそれは当時の私としてはかなり無理をしましたよ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

そしてドキドキしてプレイすることになるのですが・・・

そこに待っていたのは絶望感(´・ω・`; 初代ゲームボーイの液晶というのはカラーではないのはもちろんですが、とにかく反応が遅い。いわゆるアクションゲームなんてとてもできるシロモノではなかったのです。当然ファミスタなんぞまともにできる訳がなく、ピッチャーが投げる球が遅れて表示される上に残像も残るで勘で打つしかないという・・・。「こんなんゲームとして成立してねぇよ・・・orz」とがっかりしたものです(´_`。) トドメをさしたのが北斗の拳のゲームで、残像が多い上にクソゲーというおまけ付き・・・無理をして買ったゲーム機とゲームだっただけにその絶望感たるや半端なかったです_| ̄|○

他の理由としては当時は充電式電池というのはあまり一般的ではなく、一般の電池を使うしかなかったためランニングコストが半端なかったというのもありますが、結局その時に買ったゲームボーイは速攻で売りに行きました(´_`。) 思えばゲーム機を中古屋さんに売りに行くという行為はそれが初めてだったかも(´・ω・`;

とまあ、そんなトラウマから自ら進んでは手を出さなかった携帯ゲーム機ですが、さすがにPSPは使っております(´・ω・`)b なんと言ってもゲーム内容が据え置き型ゲーム機に負けないほど充実してますからね(;´∀`) それにせっかく兄がプレゼントしてくれたんだから使っていかないと(´・ω・`;

PSPも一世代前のゲーム機になってしまったのでゲーム自体の中古価格も安くなっているので、面白そうなゲームを気軽に買える値段で手に入れられる所も○ですねw 先日ブログに書きましたカスタムファームウェアを利用したプレイステーション1用囲碁ソフトマシーンとしても最近は重宝しておりますъ(`ー゜)

そんな中やはり夢中になって何時間もやるゲームも数本あるのですが・・・どうしてもなじめない・・・というか疲れが半端ないんですよね(´・ω・`; 「歳をとったから?」と思わないこともないのですが、プレイステーション2などの据え置き型ゲーム機をプレイしている時に比べるととにかく疲れる・・・。据え置き型ゲーム機は平気で3~4時間プレイできますが、PSPは1時間もプレイするともうクタクタなんですよね(; ・`д・´)

少し理由を考えてみたのですが、それはやはり携帯ゲーム機独自のプレイスタイルにありました。

据え置き型ゲーム機、例えばプレイステーション2やスーパーファミコン等のテレビに映像を映してプレイするゲームのプレイスタイルを考えてみましょう(´・ω・`)b コントローラーはどんな感じで持ってますか?たぶん多くのかたは座って腰の前あたりにコントローラーが位置しているのではないでしょうか?気合入れてゲームをする時は胸のくらいの位置までコントローラーを持ってくる時もありますが、多くの場合腕をふとももに置いたような状態でコントローラーを持っているため、腰の前あたりにコントローラーがあることが多いと思います。

対してPSPなどの携帯ゲーム機の場合、どうしてもコントローラーと画面が一体化している形状になっていますので、据え置き機の時と同じコントローラーの位置でプレイするというのは少し無理がありますよね。多くの場合胸より少し高い位置、人によっては首より高い位置まで本体(兼コントローラー)を持ってきてプレイするかもしれません。

実はそのプレイスタイルって結構疲れるんですよね(´・ω・`) 数分なら大して疲労度はかわらないのですが、これが長時間になると結構疲れに差がでてきます(´・ω・`)b コントローラーを持つ位置って実はゲームプレイにとって大事な要素なんですよね。

「え?疲れの原因ってそれだけ?」と思われるかもしれませんね。実は携帯ゲーム機独特のプレイスタイルからくる疲れの要素というのが他にもありまして・・・

それが『頭の位置』(´・ω・`)b

みなさんPSPや3DS等の携帯ゲーム機をプレイしている時の頭の位置を思い出してみてください。前に傾いていませんか?それもそのはずで携帯ゲーム機はコントローラーに画面がついているので、どうして頭をコントローラーの方向に傾ける姿勢になってしまうことが多いはずです。

実はこれが疲労を上げる要因のひとつ。

頭の重さと言うのはあまり意識したことはないと思いますが、成人で約5キログラムあると言われています。5キロといえばボウリングの12ポンドボール程度の重さがあるということ。結構・・・いやかなり重いですよね(;・∀・) 通常頭は胴体に対して直線的に乗っている、垂直に置かれているような感じになっています。なので正しい姿勢なら疲労を感じることはほぼないのですが、これが頭が前に傾いた状態だとどうでしょう?5キロの重さの塊を支えるために首周りの筋肉や肩周辺の筋肉は常時異常なほど緊張しまくりになるのは容易に想像できますよね(・_・;) 疲労も蓄積しますし肩もこるってもんですよ・・・。

では据え置き型のゲーム等のテレビに画像を映してプレイするゲームはどうかと言いますと、コントローラーは腰の前にありますが、頭の位置は通常のままでまっすぐ見た先のテレビにゲーム画像が映し出されているため姿勢にそれほど無理がなく、携帯ゲーム機に比べて圧倒的に疲れが少ない訳です(´・ω・`)b

ついでに言いますと、携帯ゲーム機の場合画面が小さい上に目の近くに画面を持ってくることが多いため、非常に目が酷使されます。これも疲れの原因のひとつではないかと。最近の携帯ゲーム機の液晶はどうかわかりませんが、前にノートパソコンの液晶画面付近の電磁波を計ったところ異常なほどの反応しましたので、そのあたりもあまり目にはよろしくないのかなと・・・まあ電磁波の害というのはまだ未知数な所がありますが。

私の場合PSPで座ってゲームをやっていると30分ほどで疲れてしまって、結局横になってゲームをやっていることが多いわけなんですが・・・そうなるとさらに頭の重さの負担が体にかかってしまい一段と疲れるという悪循環にw 携帯ゲーム機を持って10分ごとに寝たまま姿勢をゴロゴロかえるという周りからみたら本当に『駄目な大人』に見えるはずですw

みなさんもPSPや3DSやってたらいつのまにかベッドなどにうつぶせ状態でゲームをしていることってありませんか?(゜▽゜;)

最近夢中になるゲームがあって長時間プレイしただけに、携帯ゲーム機の使いづらさを実感しましたねぇ・・・(;´・ω・) まあ時間を決めてゲームをやれば良いだけの話なんですが、そこまでの自制心がなく。゚(●'ω'o)゚。

私の場合家の外にゲーム機を持っていってプレイするというのはあまりなくて、外出したら外出したで外の雰囲気を満喫したいのであまり携帯できるゲームの意味ってないんですよね(´・ω・`) なのでできればPSPのゲームはプレイステーション2で発売してほしい・・・って商業的に無理だし移植して再発売したら高いかw

う~む、PSPを長時間疲れずにプレイする方法はないものか(´・ω・`; まだまだプレイしたい積みゲーがあるだけにちょっとした悩みではありますなぁ・・・(;^ω^)
プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ
にほんブログ村



家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ