絶望的な状態からのまさかの復活!夢の弁当箱PS1(ノω`*)

どうも(´・ω・`)ノ
朝から神棚の塩をパソコンの上にぶちまけてしまってちょっとテンションダウンなあきです(´・ω・`) まあ・・・塩と言っても岩塩を荒く削った粒の大きい物だったので最悪の状態ではなかったのですが、キーボードの中にはいった塩を取る作業やら床に落ちた分を掃除機で取る作業やらで結構大変でした(´_`。) あれが普通の食塩だったら・・・と思うとぞっとしますな・・・気をつけねば(;´ρ`)


先日から修理していた初代プレイステーション(以下PS1)ですが、前回の記事を書いた時点で修理を断念しておりました(´・ω・`;

いつもならしつこく諦めず修理にチャレンジするところなんですが、今回はCDをはめ込んで回る部分の部品である『スピンドルハブ』と言われる部分が割れてしまいましてどうしようもなくなってしまいました(´_`。)

ちなみにスピンドルハブというのはこの部分のことです。

20150929-01.jpg

ゲームCDを「ガチャ」っとはめこむ部分(´・ω・`)b

この部品がめちゃくちゃに割れまして・・・なんとか見た目だけは模型でつちかった技術を駆使して復活させたのですが、実際にCDを入れて回してみると安定した回転をせず、回転中のCDの高さが一定ではない・・・表現が難しいのですがなにかユラユラした回転になってしまいます(レンズとディスク面の距離がかわりまくる状態)。当然ゲームは読み込めず・・・それどころか「PS規格のディスクではありません」などと注意画面がでてしまう始末で(´_`。)

もはやこうなるとお手上げ状態でして・・・

ちなみになぜスピンドルハブが割れるようなことになったのかと言いますと、PS1の不具合のひとつにCDを回転させるモーターの劣化というものがありまして、場合によっては中心に潤滑剤をさすことで復活することがあるそうなのです。しかし中央の軸に潤滑剤をさそうと思ったら上にはめこんであるスピンドルハブを外すしかありません。そんなわけで力をいれて引き抜こうとしたのですが・・・

この部分、素材はプラスチックでできておりまして、常に稼動する中心なだけに劣化もとても激しいみたいで・・・あっさりと「ポキッ」と周囲の部分が割れてしまいました(´_`。) その後取り外して状態を確認すると、まるで古い建物が崩れていくようにボロボロ崩れていくスピンドルハブ・・・どんだけ劣化してたんだ・・・orz

それでもパズルを組み上げるように接着してヤスリがけをして前述のように使えるか試してみたのですが結局駄目でして・・・その後また本体から外す時にさらに割れ壊れ・・・

結局残った部分はこの中心部分のみ(´・ω・`)

20150929-02.jpg

う、う~む・・・これは・・・さすがに終わったね・・・

厚さ1ミリ程度のプラ板を円形に切断してこの中心部分と接着して自作スピンドルハブを作るという手もないことはないのですが、おそらく見た目はいかにも動きそうな物が作れると思います。しかし・・・おそらくですが、CDが回転する時には完全にスピンドルハブがレンズに対して水平になっていなければならないのですが、たぶん完全に水平につくるのは無理でしょうねぇ・・・おそらく最初に修復した時のように綺麗な回転はせず、ユラユラした回転になると思われます。

アメリカ系の通販でPS1用のスピンドルハブの通販もあるのですが、ひとつ1,300円~1,500円ほど・・・・

スピンドルハブを新しくすれば完璧に動作するPS1なら買う価値もあるかもしれませんが、元々ピックアップ部分の樹脂部分の劣化で読み込み不良が起きていたPS1なのでそこまでお金をかける気にはなりません(´・ω・`;

というかジャンク品屋さんに行けば300円~500円程度でPS1は山積みしてあるのでそっちを買ったほうがまだちゃんと動くPS1が手にはいる確率が高いと思われます。(遠いのでなかなか行けませんが・・・)

「ああ・・・こんなことならあの力技の修理方法であるピックアップユニットの下に敷物をするやつで満足しておけばよかった・・・orz」

そんな後悔の念が少しわいてきます(´・ω・`)

でもここは諦めが肝心!しばらくジャンク品屋さんにも行けないし、なにより完全互換のPS2もあるからしばらくそれで我慢だ!

と気を取り直して遊んでいたのですが・・・皮肉なものです、こんな時にかぎってPS2では正常に動作しないPS1のゲームソフトを一発でひきあててしまいました(´・ω・`;

『かっとびチューン』というレースゲームなんですが、視点をコクピット視点にすると処理落ちが発生してカックカクの状態になってしまいます(・_・;) ネットで検索したところ、この状態に気がついたかたがいらっしゃったようでこのことについて報告されているWEBページもありました。

しかしソニーが公式発表している『PS2で不具合がおきるPS1のソフト一覧』にはこのゲームの名はありません。よく考えてみたら膨大な数のPS1用ゲームソフト、それをPS2ですべてテストするなんて不可能な話で、ソニーが把握していないPS2では正常動作しないゲームソフトはまだまだたくさんあるのではないかと思います。

そうなると一段と純正のPS1が重要に思えてきまして、修理にチャレンジしすぎて破壊してしまったことに対してさらに後悔の念が・・・orz

「小型PS1のPS-ONE持ってなかったっけ?」とこのブログを前から見てくださっているかたは思われると思います。確かに正常動作する上に頑丈な作りのPS-ONEは持っているのですが、ひとつだけ弱点がありまして・・・

それは拡張端子がないこと(´・ω・`)b

公式には拡張端子を使う機器はでなかったのですが、私の場合『プロアクションリプレイ3』を持っているので、ゲームを改造しようと思ったらそれを拡張端子に接続して起動しなければいけないんです。なので拡張端子がついているSCPH-5500などの旧PS1はどうしても1台は持っておきたいところなんです。

とは言え・・・スピンドルハブを通販で買う気もおきず・・・オークションでジャンク品をまとめ売りしているかたも何人かいらっしゃるようですが、今更オークションを使う気にもなれず・・・どうしようもないのかなぁ(´・ω・`)

しばらく考えていたのですが、代用になるスピンドルハブがないかを考えてみました。

動かなくなったパソコン用のCD-ROMドライブから転用できないかなどですが・・・よく考えたらパソコン用のCD-ROMドライブはほとんどがフロントローディング方式、つまりちょくせつ「パチッ!」とCDをはめ込むタイプではなく、ローディングした後CDを挟み込む構造になっているのでPS1には転用できません。

「ん~CDを直接軸にはめ込むタイプのドライブは他になかったかなぁ・・・」

と考えたのですが、思いつくのはゲーム機についているCD-ROMドライブばかり。まさか正常に動作するゲーム機から無理矢理ひっぱがしてつける訳にもいきません(;・∀・)

となると・・・他にないのか・・・何か・・・何か・・・あったような・・・

と考えながら周りを見渡すと目にはいったのがノートパソコン(´・ω・`)

「これだ!( ゚д゚ )クワッ!!」

ノートパソコン用のCD-ROMドライブならPS1と同じく直接軸の部分にCDを「パチッ!」とはめ込むタイプのものばかり!しかもジャンク品で買ったノートパソコンの中には動かなかったCD-ROMドライブや、故障したノートパソコンで部品取りに残しているものもあります(*'-')b

思い立ったが吉日、さっそく倉庫へゴー!w

色々とノート用CD-ROMドライブのスピンドルハブの形状をみてみますが、結構色々な構造の物があってびっくり。特にNECやソニー(!?)のノートパソコン用CD-ROMドライブのスピンドルハブ部分はかなり丁寧な作りで壊れにくくつくってあって流用は不可能なようで・・・つかソニーよ・・・VAIO用のCD-ROMドライブとPS1のCD-ROMドライブの品質の差が激しくないっすか?(;・∀・) PS1もこれくらいの製品を搭載してくれよ・・・orz

さらに色々なノートパソコン用のCD-ROMドライブを調べたのですが、とりあえず使えそうなスピンドルハブを搭載しているのが2台ありました。どちらも故障してはずしていたもので、スピンドルハブをはずしても問題がない物です。

さてPS1に流用できるかが問題ですが、2個のスピンドルハブのうち1個は中心の穴が特殊な構造をしいてPS1のモーターの軸に取り付けることができず断念。残る1個も中央に軸となる金属棒が残っていましたが、かなづちとペンチで慎重に取り外しなんとか取り付けができそうな雰囲気。

さっそくPS1に取り付けてみます・・・

が・・・ディスク認識せず(´・ω・`)

原因は移植したスピンドルハブの高さがPS1専用の物より高いためレーザーが届かないからのようでした。なので少し奥まで差し込んでやると・・・

今度はモーターを固定しているプラスチックと取り付けたスピンドルハブが干渉してディスクが回る時にノイズがでる・・・でも、ゲーム自体はちゃんと読み込んでくれてるようです。

さてさてこうなると移植予定のスピンドルハブの裏側を削って少し薄くしてやるしかないのですが、このノートパソコン用CD-ROMから外してきたスピンドルハブ、さすが当時高級なパソコンに搭載されていたCD-ROMの部品だけあってスピンドルハブの裏側には金属板が入れてあり強度を補強してありました。

「これって削れるか?」と思ったのですが、その金属板の周辺に若干プラスチックのカバーのようなものがあったのでせめてその部分だけでも削ってみようと考えてチャレンジしてみることにしました(´・ω・`)b

使ったのはもちろん鉄ヤスリ。模型用に買ったものですが、本来は金属さえ削れるように設計されているはずのヤスリです。

あまり削りすぎたらまた後悔することになるので慎重に慎重に状態を確認しながら削っていきます。

0.5ミリ程度削ったところで念のため裏にグリスを塗布。これはもしモータ部分にスピンドルハブが接触した場合の万が一の対策です。まあその状態になったらさらに削るしかないのですがw

さて今度はどうかな?

怖いのでまず軽くモーターに差し込んでみますがディスク認識せず。しだいに少しだけ力を入れてスピンドルハブがモーター部分にギリギリ干渉しないところまで押し込んでいきます、すると・・・

ゲームCD認識・起動ヽ(´ー`)ノ

スピンドルハブがどこかの部品に当たってるような干渉音も聞こえませんъ(`ー゜) それどころか今まで斜めにしなければスムーズに再生されなかったムービーも普通の状態でスムーズに再生されるようになっています(゜▽゜;)

「え?うれしいけど、なんでだ?」

と少し考えてみたのですが、おそらくスピンドルハブの底面を削ったことでディスク面とレンズの距離が短くなったのが理由かなと(´・ω・`)b ほんのちょっとの位置の差ってこの手の精密機械はかなり影響しますからねぇ。後ノートパソコン用のCD-ROMドライブのスピンドルハブだったため、CDをホールド(固定)する機構がPS1専用のスピンドルハブよりしっかり作られているので回転中のCDのブレが少ないのもあるかもしれません。

ちなみに移植後のスピンドルハブがこちら。

20150929-03.jpg

うむ、なかなかうまく移植できた(`・ω・´)

さっそく『かっとびチューン』をコックピット視点でやってみましたが、処理落ちもなく普通に動作しますヽ(´ー`)ノ(当たり前といえばあたりませですがw)

他の読み込みも今の所問題なくできているようです。前回の修理で一番削れるピックアップのレールの部分にはアルミテープで補修をしているので直接削れていく心配はないし、意外に長持ちしてくれるかもしれませんъ(`ー゜)

と言う訳で絶望的な状態だったPS1見事に復活ですヽ(´ー`)ノ

20150929-04.jpg

ケースもアルコールで清掃してお色直しw

当時の憧れのPS1に戻りました(ノω`*) これで「動くかなぁ・・・」と心配せずにゲームができますし、『プロアクションリプレイ』を使ったチートプレイも思う存分できます(`・ω・´)(←ぉい)

甦ってくれた弁当箱のような憧れのゲームだったPS1。

長持ちしてくれたらうれしいなぁ(´∀`) 基本構造があれだから若干心配ではありますが(;・∀・)


簡単そうで難しかった初代プレイステーション1の修理・・・結局失敗(´_`。)

どうも(´・ω・`)ノ
昨日はちょっとドカ食い気味に晩御飯を食べてしまったあきです。夕方少しだけチューハイを飲んだんですが、それがいけなかったなぁ・・・甘さが口に残りまくった感があった上に酔っ払ってるから辛いものがほしいことほしいこと・・・もうチューハイは禁止にします・・・大反省っすorz


昨日は少し時間があったので、暇つぶしと言っては何なんですが前からいつかやろうと思っていた初代プレイステーション(以降プレイステーション1)の修理にチャレンジしてみることにしました(´・ω・`)b

まず、なぜこの時代にプレイステーション1を修理してみようと思ったのかを説明しましょう。

まあそれほどたいした理由はなく、ただの懐古からでしょうか。昔お金がなくて中々買えなかったプレイステーション(とセガサターン)。ゲーム屋で動いているリッジレーサーなどのデモ映像を横目でみつつスーパーファミコンやファミコンなどの中古ゲームを寂しく買っておりました(´_`。) あの時代はあの時代である意味幸せだったのですが、やっとプレイステーションを手に入れられたのはプレイステーションが発売されてから2~3年後だったと思います。

箱を胸に抱いて家に帰り、テレビにつなげて設置するまでのドキドキ感。そして憧れても横目で見るだけだったゲーム機が手元にあるうれしさ。そして実際のゲームの楽しさ。あの感動は一生忘れないと思います(´ー`)

今ではデザインもダサく感じてしまうまるで弁当箱のようなプレイステーション1ですが、やはり当時を体験した私にとっては憧れの心が心の片隅に残っていまして、常に所持ゲーム機の1台としてテーブルの上に鎮座させておきたいってのがあるんですよね。

ただ現在は正常の動作するプレイステーション1は、小型PSの『PSONE』のみ。弁当箱のような従来のプレイステーション1は倉庫を見たら4台ありましたが、すべてCD-ROMの読み込み異常で使わなくなったものばかりでした(´・ω・`)

なのでこの際1個だけでも修復できないかなと思いまして(´∀`)

さて話を元に戻しまして、プレイステーション1の故障はほとんどCD-ROMの部品磨耗による読み込み不良の場合が多く、プレイステーション3と違って基盤自体はすごぶる健康で元気な状態。なのでCD-ROMの読み込み部分さえ修理することができれば解決するのですがさてどうでしょうか?

ちなみにプレイステーション1のCD-ROM読み込み不良で有名な解決方法は、「プレイステーション1を逆さにすること」(´・ω・`)b 場合によっては縦置き状態にしてもうまく読み込んでくれることが多々あります。これはCD-ROMのレーザー部分などの電気的な箇所はまだ正常で、レールやギア(歯車)やモーターなどの機械的な部分が壊れていることを意味します。

プレイステーション1の故障原因でこれまた有名なのが、「CD-ROMのピックアップ部分をささえるレールの磨耗」(´・ω・`)b

本来金属で作るべきパーツをコスト削減のためかプラスチックで作ってしまっているので磨耗が激しく、そのせいでCDとピックアップの距離が離れてしまいついには読めなくなるという不具合。その耐久度のなさと比較的短期間のうちに必ず起きる症状であることから、『真性ソニータイマー』と言っても過言ではないと個人的には思ってます(;・∀・)

というわけで、今回倉庫から持ってきたプレイステーション1である『SCPH-5500』を試してみたところ、通常の状態では読み込み難が発生しますが、本体を縦や逆さにしてみると正常に読み込めるようになるのでピックアップのレーザー部分は問題がないと思われ、やはり問題はピックアップをささえるレールの磨耗かと思われます。

これの簡単な修復方法としては、ピックアップユニットの下に厚紙や多層に重ねたプラスチックを敷きピックアップを強引に持ち上げることで正常に読み込めるようにするという力技がありますが、今回はレールの修復にチャレンジしてみることに(´・ω・`)b

と言う訳で分解分解w

最近のゲーム機と違って簡単に分解できるから楽でいいわ~プレイステーション1(;´∀`)

そしてピックアップをささえるレールを露出。ピックアップは一時除去してあります。

20150925-01.jpg

白いグリスのような物がちょこちょこついている部分がピックアップが移動するレール部分。いや~おもいっきりプラスチック製ですなぁ(´・ω・`; こりゃどんだけグリスつけたって削れていきますって・・・(・_・;)

で、まず第一ステップとしてヘッドが移動するであろうレールをなんとかかさ上げできないかなと(´・ω・`)b

ついでに強化できればそれにこしたことはないなと思って使ってみたのが、プラモデルの金属パーツなどの表現で貼り付けるために準備しているアルミテープ(*'-')b 実は某100円ショップの商品で、本来は水周り(台所など)のアルミパーツの補修に使うためのものですw

これを正確に長さを計って慎重に切断、これまた慎重に貼っていきます。アルミテープは裏に粘着剤がはってあるので好都合。ただ貼る前にグリスなどをクリーナーで綺麗に掃除してやるのを忘れるとまったく貼り付きませんので一応w

んでとりあえずやってみた後がこちら。

20150925-02.jpg

ん~なかなかよくできたんではないかい?(´・ω・`)

アルミテープだけになんか弱い部分が金属パーツにかわったように見えて見た目も強そうw

さて・・・問題はちゃんとゲームを読み込むようになってくれたかですが・・・

仮組みして試してみたところ、読み込みはだいぶ良くなっていました(´∀`) ただ、ムービーで所々ひっかかる場合があったのでもう少し工夫してみることに。

ネットで調べた所、一般的に写真の右側のレール部分の磨耗が特にひどいらしく、ここを補修するのが一苦労らしい。とはいえとりあえずピックアップの位置を少しでも上にするためにかさ上げするしかありません。というわけでアルミテープをさらに2枚用意して、上から重ね貼りしました。

20150925-03.jpg

1枚貼った後は綿棒でしっかりとシワがでないようになじませるのが大事(´・ω・`)b このあたりはガンプラ作る時の知識が役にたちましたw ガンプラもシールを貼る時は結構苦労しますからね(;´∀`)

シールを3枚貼ったところでピックアップをレールに乗せてサイズを確認してみたのですが、遊びもほとんどないくらいきっちりしたレールが完成(`・ω・´)

さて、今度はどうかな?

試したところ、やはりムービーが途切れるゲームがある(´・ω・`) どうして?(´・ω・`;

ちなみにそのゲームでも、プレイステーションをちょっと斜めにしてやればまったくムービーが飛ばなくなりズムーズに最後まで再生されれます・・・ということはやっぱりピックアップの位置がまだ低いってことか?

でも、右側のレールはかさ上げは限界だし、左側の歯車の横のレールもきっちりかさ上げしてるしなぁ・・・なんでだろう?

と、しばらく手を止めて考えておりました。

ピックアップを仮にレールに乗せて動かしたりして色々観察していたのですが、とんでもない事実に気がつくことに(゜▽゜;)

2番目の写真で歯車の横にある左側の補修したレールがありますが、私この上をピックアップが動く物と思っていまして、ここを補修すればピックアップの位置、つまりレンズとCDの距離が短くなるはず・・・と考えていました。

でも光をあてて虫眼鏡でよ~く観察したところ・・・左側のアルミテープを貼った部分にはピックアップはまったく接触していないことが判明(;°ロ°)

「え?じゃあどこに支えられて左側のレールを移動してるの?」

と思って色々部品の接触を調べていたのですが、どうもこの部分がピックアップの歯車側の高さを支えていたようです。

20150925-04.jpg

写真はピックアップのレールに乗る部分の拡大。ピックアップはメタルパーツ、つまり金属でできているためノーマークでしたが、まさかここに樹脂部品が使われていたとは・・・(・_・;) この樹脂部分がレールの谷のV字になっている部分に接触してピックアップの高さを保っていたようで・・・しかも2点でしか支えられていないためにバシバシと削れていくのは容易に想像できますなぁ・・・つかただのピックアップが移動する時のガイド的な物と思っていたのにまさか高さまでこれで調整していたとは(・_・;) なるほど写真右のレールのプラスチックの磨耗も原因だけど、左側をささえるこの樹脂パーツも原因だった訳か・・・そりゃ左右で削れていけばピックアップの位置も下がりますよ・・・orz

なんかこんな、「しばらく動けばいいや」と言わんばかりの製品を買わされていたと思うとぞっとしますね((p(>o<)q)) 少ないお金を貯めて胸躍らせて買った時代にこの事実を知らなくてかえって幸せだったかもしれません(;・∀・)

さてそうなると困ったぞ・・・この樹脂部分の補修は簡単にはいかない・・・。思いついた方法としてはこの樹脂をすべて撤去してプラ棒を整形して新しい樹脂部分を作るか、もしくはパテ盛をして後で整形するかのどちらかですが・・・どちらにしてもその手間は半端ではなさそうです(;´Д`)

とりあえず応急処置としてレール側のV字部分のかさ上げをやってみましたが・・・

20150925-05.jpg

う~む・・・あんまりかわらないですねぇ(´・ω・`;

根本的に解決するにはやはりピックアップの樹脂部分の補修が必要なようです。

ただそこまでやるのは結構な覚悟がいるので今回はちょっと見送りです(゜ー゜;)

プレイステーション1のゲームがまったくできないなら手間が大変でもがんばって治すのですが、いちおう小型PSの『PSONE』や互換性があるプレイステーション2がありますのでしばらくはいっかなと(;・∀・)

ただプレイステーション2は正常に動作しないプレイステーション1のソフトがそこそこありまして、『ナムコミュージアム』などの私にとって大事なゲームなども正常に動かない物のリストにはいっているのでやはりプレイステーション1本体はどうしても必要になるでしょうねぇ(;´∀`)

あ、そういえば今回修理していたプレイステーション1ですが、CDを回すためのモーターに乗っているスピンドルハブをあやまって割ってしまいまして。・゚・(ノД`)・゚・。 現在補修中ですがどうなりますか・・・orz

スピンドルハブは1,500円程度で売ってありますが、それを買うなら中古のプレイステーション1やジャンク品のプレイステーション1を数台買ってきたほうがマシでして(´・ω・`; 新品部品をわざわざ購入して補修というのはないなとw

今回の修理は結局失敗ということになってしまったのですが、プレイステーション1のヘッド部分の構造を知る上でかなり勉強になりました。倉庫にはあと3台動作が微妙なプレイステーション1が眠っていますので、今回の経験と反省をふまえつつまた修理にチャレンジしてみようと思いますъ(`ー゜)

甦れ!憧れの弁当箱w\(^-^)/


ヘソの惨事(; ・`д・´) あなたは大丈夫?

どうも(´・ω・`)ノ
ふとこの前買ってきたブルーレイドライブが動かないプレイステーション3の活用法を思いついたあきです(´・ω・`) よく考えたらダウンロード販売のゲームならブルーレイドライブが動かなくてもプレイ可能なんですよね。ただ・・・初期型の20GBタイプのプレイステーション3であることを考えると必ずやってくるYLODが怖い・・・(゜ー゜;) なんせパッケージソフトと違ってダウンロード販売のソフトはその個体でしかプレイすることができませんからねぇ・・・(´・ω・`; 無料ゲームとか体験版とかで遊ぶしか・・・(;´∀`)


最近はプレイステーション2のゲームを次々とクリアまでプレイして自分でもびっくりしている私ですが、今回はちょっと趣向を変えて体の健康(なのかな?)のことについてお話したいと思います(´・ω・`)b

実はもう一本クリアしたゲームがあるのでその感想を書きたくてうずうずしてるんですがw

さて健康の話題とは言え、今回の話は人によってはどうでも良い話でして。ただ多くの人、特に若い女性にとっては死活問題になる可能性がある話です(´・ω・`)b

ブログのタイトルからおわかりかと思いますが、それはヘソの話(´・ω・`)b

そう、人間だれしもおなかの中心についているヘソのことです。

最近・・・というか3ヶ月ほど前くらいからでしょうか、ヘソの右側あたりななにやらかゆい(´・ω・`) 「虫にでもさされたかなぁ・・・」と思って放置しておいたのですが、一週間たっても二週間たってもかゆい・・・赤みもおびてきたしこれはなんだ・・・と思っていました。

さすがにその時には「ムヒ」などのかゆみ止めや、昔病院からもらった皮膚病の薬をつけていたんですが、その場しのぎで一向に治らず(; ・`д・´)

「え?まじで何?これ」とさすがにちょっと気になりはじめました。

皮膚がかゆくなりはじめてからすでに一ヶ月以上、虫さされにしては長すぎるし、風呂で普通にボディーソープで洗っているのにまったく改善しない。

さすがに、「なにかの病気か?」と思い始めました(´・ω・`;

で、ある日いつものように皮膚につける軟膏を赤みをおびたヘソの横につけていた時ある異変に気がつきました。ヘソ周辺に軟膏をつけていたのですが、その指が顔の前を通った時異様な臭いが・・・(; ・`д・´)

「む!?なんじゃこれ!?まさかヘソの臭い?」

と思ってヘソの中心をそっとさわって臭いをかいでみると・・・

・・・(´・ω・`)

・・・(´・ω・`)

・・・(´-∀-`)

バタッ!_(:3」∠)_

っておい!何この強烈な臭い(; ・`д・´) いやヘソって確かに誰でもそこそこ嫌な臭いはするものだけどこれはありえんだろ!(;°ロ°)

つかなんで?普通に風呂にはいってるし最近はかゆいからヘソ周辺はちゃんと洗ってるのになんじゃこの臭いは!?(;´Д`)

まあ、ヘソってあまり気合入れて洗いすぎると腹が痛くなることがあるのでさすがにゴシゴシ洗うという訳にはいきませんでしたが、常にやんわりと洗っていました。なのにこの臭い!(´-∀-`;)

「う~む、もう一回風呂にはいって洗ってみるか・・・」と思って再度ボディーソープでやさしく洗浄。

結果・・・もちろんその直後は無臭(´∀`)

で部屋にかえって再度におってみると・・・

・・・(´・ω・`)

・・・(´・ω・`)

バタッ!⊂⌒~⊃*。Д。)-з

かわってねぇええええええええ!( ゚д゚ )クワッ!!

え?何これ?まじで怖いんだけど(; ・`д・´) つか下ネタ系の話になって申し訳ないですが、男女のいとなみをやってる最中にはお互い裸やし相手の顔がヘソ付近にくることも結構あるはず・・・そんな時この強烈な臭いがしたら・・・なんて思うと非常に怖い(;´Д`) まあ、最近はそんな機会もないので私的には問題ないのですがw

でも風呂にはいってないとか洗ってないとかならわかるけど、ちゃんと清潔にしているのにこの臭いはおかしい!何か原因があるはず・・・と思ってネットで色々と調べてみました(´・ω・`)b

すると臭いの原因となる病気が何個が書いてありまして、まだ生まれてくる前に母親の胎内でヘソのおで繋がっている時は排出物をヘソのおを使ってだしているそうです。普通生まれる時にその器官は退化してしまい、普通におしっこなどをするようになるらしいのですが、その器官が退化しきれずそのまま残る症状もあるそうです。その場合ヘソに尿などが漏れ出してしまい強烈な臭いの原因になる可能性があるとか。

ただ、それは生まれて間もない赤ちゃんや小さな子供が発症する可能性のある症状で、もはやおっさんになった私に今さら発症するとは考えにくい(゜▽゜;)

ということは・・・もっと単純な理由。ヘソの臭いの原因として病気云々以前にもっとも多いあるまっとうな原因がありました。

それがいわゆる「ヘソのゴマ」(´・ω・`)b

「ヘソのゴマ」と一般的に言いますが、実際は垢やゴミなどがヘソの隙間に付着し細菌が繁殖している物質らしく、これが強烈な臭いをだす可能性があるらしい。特にヘソは汗やゴミ、ホコリなどが集まりやすい部分らしく、細菌が特に繁殖しやすい場所なんだそうです。

ただ、誰しも経験があると思いますが、この「ヘソのゴマ」、取るとお腹が痛くなりませんか?というかヘソをいじくりすぎると次の日お腹が痛くなることが私は何回かありました。ただこれは誤解らしく、「ヘソのゴマ」を取ってもお腹が痛くなることはないそうです。ヘソを触りすぎるとお腹が痛くなる原因は、ヘソと内蔵を隔てている皮膚にあたる『腹膜』という部分が非常に繊細で弱く、ここが傷ついたり細菌に感染したりすると強烈なお腹の痛みが襲ってくるのだそうです(´・ω・`)b

なので「ヘソのゴマ」を取るのは良いとしても、ただ単にちり紙などでいじくるのは禁物でして・・・。実際私の場合、ちり紙でやさし~くやさし~く掃除していたら若干血がついてきました(((( ;゚д゚)))アワワワワ つか・・・ここまで弱いのかい・・・ヘソの皮膚って・・・orz

次の日の腹痛が怖かったところですが無事腹痛はおこらず(´・ω・`; これはちゃんとした掃除の方法を調べてやってみるしかありません。

で、調べてみたところ、『ベビーオイル』か『オリーブオイル』をヘソに垂らしてヒタヒタにして10分くらい放置してから綿棒でやさしくなでてやる程度で取ってやると綺麗に取れるそうで。『ベビーオイル』はなにか知らないけど『オリーブオイル』なら台所にあるぞなどと今考えたらアフォなことを思っていた私(´・ω・`; 実は『オリーブオイル』というのは食用の『オリーブオイル』ではなく化粧品としての『オリーブオイル』というのがあるそうで・・・危なくとんでもないことをするところでした(;´∀`) まあ・・・男なんで化粧品のことを知らなくてもしょうがないよねw

んでやってみようと思って値段を調べたのですが・・・

『オリーブオイル』がだいたい2,500円くらい・・・たけぇな・・・おい・・・(´・ω・`;

んで『ベビーオイル』というのがだいたい1,000円くらいらしく、とりあえずこれで試してみようと(´・ω・`)b ただ通販で買うのもあほらしいので、地元のドラッグストアにないかなと思って歩きまわってみましたが見つからず・・・。

「う~む、ベビーオイルというくらいだから赤ちゃんコーナーにあるんじゃ?」

と思って行ってみたらありました(´・ω・`)

「いったいなんに使うオイルなん?」と思って説明書きを見てみると、赤ちゃんの敏感肌でもかぶれなどがおきにくく、マッサージや肌のケアに使うものらしい。さらには「ヘソの掃除」という用途も書いてある。これってドストライクな商品じゃないですか(´・ω・`) 赤ちゃんのヘソは直近までヘソのおで包まれていたいわゆる内臓の内側のようなもの。そこにつけて掃除して良い商品なら大人のヘソなんぞ余裕(←なんの?w)でしょう(´∀`)

「これで掃除した所で何も効果がない可能性もあるけど・・・」と思いながらもとりあえず購入。

ちなみにこれ(写真いるか?w)

20150923-01.jpg

たしか900円くらいだったと思います(´・ω・`)b

さっそく家に帰ってから手にとってみますと・・・

いや~サラサラっすなwつかほんとに普通の油だわw もっとドロッっとしてるかと思ってたw

さっそくヘソにたらして待つこと5分・・・本当は10分くらいしないと汚れが浮いてこないんだろうけどとりあえずってことで(;´∀`)

そして頃合を見計らって綿棒でかるくなでてやりますと・・・

いや~取れる取れる(;´∀`) 綿棒の先に汚れがつきまくりますw それこそ面白いくらいに(゜▽゜;) ただこの時点でも力を入れて拭き取ると腹膜を傷つける場合もあるのであくまでも軽くなでる程度に・・・がコツだそうです(´・ω・`)b

とりあえずある程度掃除した後は風呂場へ直行、そのままヘソに石鹸の泡をつけてかる~くなでてやります。そして念入りにシャワーで洗い流します。

さて臭いはどうなったかな?

・・・(´・ω・`)

・・・(´・ω・`)

ふむ(´・ω・`) 若干臭いはまだあるものの前の凶悪な臭いはないような・・・ネットでみた説明でも1日で完全に取ろうとは思わずに数日から一週間かけるつもりでやりましょうみたいなことを書いてあったのでまったりやってみることに。

ただ『ベビーオイル』をつけて掃除したのは1回だけで、後は風呂にはいった時に泡をつけてやさし~くヘソの中心をなでてやる程度でやってみました。

そして数日後・・・ヘソの横の赤みとかゆみが消えている・・・

「もしかして」と思って臭いをかいでみるとまったくの無臭に(;°ロ°) すげ~な『ベビーオイル』こんなに効果あるんだw それにしてもヘソ周辺の皮膚炎って細菌のせいだったのかなぁ(´・ω・`; まあ治ったしいっかw

臭いが消えてから結構時間がたちますがいまだ無臭状態のヘソが続いております(´・ω・`)b

と言う訳で・・・ヘソの惨事、解決!(`・ω・´)

ただ、このヘソの臭いですが、世の中には結構悩んでいる人が多いらしく、ネットで検索すると山のようにそのことについて質問しているサイトがでてきました(゜▽゜;) やっぱり特に若い女性や年頃の女性は真剣に悩んでいるらしく、質問でもその深刻さがわかるような内容が多かったですねぇ・・・まあ確かにおしゃれや水着などでヘソを露出する機会も多いし、彼氏とか好きな人との行為の時にあの強烈な臭いがするととんでもないことになりかねないので(;´Д`)

モデルさんや芸能人はヘソをだして仕事をすることが多そうだけど、毎日普通の人がしないヘソのケアをしてるんでしょうねぇ・・・なんか妙な所で華やかな現場にいる人達の苦労がわかった私でありました(´・ω・`;


プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ
にほんブログ村



家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ