一秒でも自分でゲームを楽しむべきと気がついた年末(`・ω・´)b

どうも(´・ω・`)ノ
この頃たまに別のパソコンでブログを書くようになったあきです。今まで15年前に自作したパソコンを使って書いていたのですが、さすがにページの表示にさえ時間がかかるくらい遅い(´・ω・`; なのでたまに気分転換も兼ねてゲーム用に組んだパソコンでブログを書いているのですが・・・いや~快適ですなぁ(ノω`*) まあ・・・弱点は画像を取り込むためのハードウェアがないことなんですが、そのあたりをなんとかできれば完全にこちらに移行しても良いかなと思ってます(´・ω・`)b


さて、今年は2本ほどやってきたニコニコ生放送のコミュニティを解散し、一旦ゲーム実況を引退した状態になった私(´・ω・`) 時間とお金に余裕がある時にたまに課金してゲーム実況を再開することもありましたが、昔のような放送頻度と情熱を持って放送することはできず、実質引退状態を継続中です。

ニコ生で頻繁にゲーム実況をやっていた頃は、「リスナーさんが見ていて楽しいゲームをやろう」と言う意識が強くて、あまり自分が好きではない、得意ではないゲームを練習することもチラホラありました。そのせいかゲーム実況をやめたら無理矢理ゲームをプレイしようという気力がなくなりまして(´・ω・`) なんかついでに興味があったゲームにさえあまり手をださなくなっていたんですよねぇ(´・ω・`;

そんなゲームに対する情熱というかやる気が激しく減少している私ですが、なんとかゲームに対するやる気を取り戻したい。こういう時は他人のゲームプレイを見るのが一番( ̄ー ̄)b

そんな訳で最近はかなりの頻度でゲーム実況のライブ放送を見ておりました(゜▽゜)

最近はスマホのゲーム実況があったり、まったく縁がない現役ゲーム機(PS4やXBOXなど)のゲーム実況が中心であったりとなかなか自分の好みの放送にめぐり合えないのですが、がんばって探すとなんとか興味があるゲームをプレイしている実況に出会えるものですъ(`ー゜)

他人のゲーム実況を見る利点としては、自分とは違う楽しみ方をしている人がいたり、私がクソゲーと判断して早々に諦めたゲームを情熱を持ってプレイしている人がいたりと、既存のゲームに新しい楽しみが見つかったりします(´∀`) もちろんそれによってやる気もアップw

ただ、多くの放送を見ていると不満な気持ちもチラホラ沸いてくるものでして・・・

例えば「スーパーロボット大戦」や「SDガンダムGジェネレーション」などのシミュレーションゲーム系統の実況ですが、私があの手の放送を見に行く時は、「好きなロボットが派手に攻撃しているアニメーションをのんびり見たい」と思って見に行くのですが、ほとんどの放送では肝心の戦闘シーンのアニメーションはオフにされていて、ただアイコン同士の数字(耐久力)が減ったり増えたりするだけのゲームになっていることがしばしば(´・ω・`) 「またか・・・」と結構ガッカリするんですよね(・_・;)

他には、ゲームの設定画面を延々といじくるだけでなかなか実際のプレイに進まない放送とか、中には画面を映さないゲーム放送とかまあ色々ありましたね(;´∀`)

そんな中ものすごく楽しそうに、コナミの『幻想水滸伝1』をやっている女の子の放送がありまして、それを見ていると自分もついつい『幻想水滸伝』をやりたくなってくるほど楽しそうにプレイするんですよね(*´Д`*) その影響で前回の記事の『幻想水滸伝 紡がれし百年の時』をクリアまでプレイすることになったのですがw

登場キャラクターのセリフにも自分で一生懸命声をあてていて、あの放送はゲームをやる気にさせてくれる本当に良い放送でしたъ(`ー゜)

そんなやる気にさせてくれる放送を求めて毎日必死にゲーム実況を検索していた私でしたが・・・

その日はおそらく1時間ちょっと色々なゲーム実況を探してはチラ見していたと思います。しかしお気に入りの放送には出会えず・・・

その時ふと我にかえった私(´・ω・`)

「ちょっと待て、ここまでの時間をゲーム実況探しに使うなら、自分で1秒でもゲームプレイしたほうがよくないか?」

と思った訳です(;´∀`)

今更ながらですが、1時間以上もゲーム放送を探すならすでにクリアしたゲームでも良いから自分でプレイしたほうが有意義な時間を過ごせるんじゃないか?と(;^ω^)

グルグル回って結局元に戻る的な思考ですが、結果的にゲームをプレイする気力が沸いたので結果オーライで(´-∀-`;)

そんな訳で今は色々なゲームをクリアなど意識せずにちょこちょこ気楽に楽しんでいる状態ですw うまくいけば放送したくなるようなゲームにめぐり合って、自分自身のゲーム実況にもプラスになるかもしれないので良いことづくめではあるのかな(´∀`)

今年ももう終わりですが、来年は少なくともゲームを100本はクリアしたいところです(`・ω・´) しかも楽しみつつ!(←ここ重要)

そうそう、そういえば動画を製作するツールもひととおり揃えたので、生放送に向いてないゲームの実況動画の製作にもチャレンジしていきたいところですъ(`ー゜)

更新頻度もさがってグダグダな文章のこのブログですが、来年もよろしくお願いいたしますヾ(o´∀`o)ノ

『幻想水滸伝 紡がれし百年の時』をプレイしての感想(´・ω・`)b

どうも(´・ω・`)ノ
カフェイン中毒で死亡した人の記事を見て、「やっぱりやばい物質だったのね(; ・`д・´)」と改めて思ったあきです。カフェインが薬にも毒にもなるということは知っていましたが、実は生死にかかわってくるというのは半信半疑でした。まあ・・・某雑誌の特集にあった『毒辞典』にもフグの毒(テトロドトキシンだったかな?)等と並んでカフェインが載ってましたからね、毒っちゃあ毒なんですよねぇ(;・∀・) 今はわざわざカフェインを増量したペプシとかが販売されていて油断するとかなりの量のカフェインを摂取してしまいますからね・・・気をつけないと(;´・ω・)


さて今回は、PSP用のゲームソフト『幻想水滸伝 紡がれし百年の時』をプレイした感想でも語ろうと思います(´・ω・`)b

実はこのゲーム、知り合いに借りてプレイしたゲームでして(;´∀`)

と言うのもこのゲーム、ネットでの評判がすごぶる悪かったんですよね(´・ω・`; 特に昔から幻想水滸伝シリーズをプレイしている人ほど不満が大きいようで、「こんなの幻想水滸伝じゃねぇ!」と吐き捨てるレビューもちらほら(;´・ω・)

幻想水滸伝は私も結構好きなシリーズのゲームでして、ナンバリングタイトルの1~5、4の外伝の『ラプソディア』などを何周もクリアしてきました。なので幻想水滸伝の新作がでたと聞いた時は欲しかったのですが、運が良いのか悪いのかその時はまだPSPを持っておらず、PSPを手に入れた時には『幻想水滸伝 紡がれし百年の時』の評価がある程度でていた時期だったので、なかなか購入にはいたりませんでした(;・∀・)

最近あるネット放送で『幻想水滸伝1』をプレイしているのを見て、なつかしい思いを抱きながら見ていたのですが、見ていたら『幻想水滸伝』をプレイしたくなりまして(ノω`*) 知り合いにその話をしたら、「PSPのあるよ?」と言われたので速攻で借りてプレイしてみた訳ですw

それで感想なんですが・・・

比較的バランスが取れた・・・というよりゲームをクリアするというだけの目標だったらかなり初心者向けの難易度の低い良質RPGという感じがしました(´・ω・`)b

まあ・・・レビューに書かれていたとおりナンバリングタイトルの1~5と同じ感覚でプレイしたらがっかりすることになるのですが、そこは割り切って覚悟してプレイしたのであまり不満はなかったかなと。むしろストーリー的には序盤、中盤、後半にかけてしっかりと盛り上がっていくので、だんだんと夢中でプレイできるようになると思います。

では今までの幻想水滸伝シリーズと何が違うのか?どのあたりに不満があったのか?それを気がついた分だけ書いていこうと思います(´・ω・`)b

まずは・・・


1.紋章がない。このゲーム内の世界には存在しない。

幻想水滸伝と言えば、そのすべてのストーリーの根幹にあるのは1つでも絶大な力を持つといわれる27個の真の紋章の存在。その真の紋章の眷属として一般人が使う普通の紋章があり、その紋章のおかげで魔法が使えたり特殊な能力が使えたりする訳です。そしてそれぞれの作品には必ず一つ以上の真の紋章が登場し、その紋章をめぐる因縁や戦いも幻想水滸伝の魅力な訳なんですが・・・

この作品にはその紋章が一切登場しません(´・ω・`) というかストーリー上紋章という概念も言葉もないし、魔法などは魔石などのアイテムを消費して放ちます。

27個の真の紋章を軸としての世界観がすばらしいゲームだっただけに、それがまったくでないとなると失望するファンが多かったのもうなずけますなぁ・・・

まあ・・・ネタバレになるので詳しくは書きませんが、無理矢理こじつければ紋章がない理由も、紋章が古い文献にもでてこない理由というのもあることはあるのですが、そのことは一切ゲーム内では語られないないのであくまで私の勝手な推理になりますが(;・∀・) 聞きたいかたはコメント欄あたりでご質問をw(←だれもいねーよw)


2.宿星の配置や役割がおかしい。

幻想水滸伝は原作の水滸伝と同じく、天罡星三十六星と地煞星七十二星の計108の宿星を持った人物が登場し、陰謀や紋章の呪いなどで通常の生活を追われた主人公のもとに終結し、大国と戦っていくというストーリーでした。もちろんこのゲームにもそれぞれの宿星を持っている人物がでてくるのですが・・・

基本的に天罡星を宿星として持っている人物は原作の水滸伝では豪傑や天才が多く、幻想水滸伝でも原作の水滸伝と同じような強さや能力を持つ人物が配置されていました。しかし今回の幻想水滸伝では少し雰囲気が違いまして・・・

ストーリー的に108星の宿星を持っている人は300年の時間軸にちらばっているのですが、過去の人物は基本的に現代のメインの戦闘には参加できません。どんな過去の英雄や豪傑、天才的な魔法使いでもです。そのせいか108星の石版に刻まれる天罡星を持つ人物の上位に、ただの鎧職人の亜人がいたり、過去の人物で戦闘に参加できないせいなのかわかりませんが、どう考えても天罡星の上位に配置すべき人物が軒並み地煞星を宿星に持つ人物になっていたりと、今までの幻想水滸伝や原作の水滸伝を知っている人間からするともうめちゃくちゃな感じがします(´・ω・`;

ちなみに原作の水滸伝では地煞星を宿星に持つ人物は、実戦派の強い人物も中にはいますが基本的には職人などの戦闘や軍の運営を影からささえる人物が多く、今回のゲームの宿星の配置のようにへたをすると主人公や天罡星の上位の人物より強い人物がゴロゴロと地煞星の宿星の中にいるのは知っていれば知っているほど違和感があります(;´・ω・)

中にはすでに死んでグラフィックさえでてこない人も何人かいるしね(´・ω・`; もしかして今回のストーリーを考えた人って実は原作の水滸伝をほとんど知らない人なんじゃないんだろうか?と勘ぐりたくなるくらいです(・_・;)


3.操作が劣悪な上に画面が暗い

実際のゲームは3D画面で進行するのですが、視点の悪さや操作性の悪さからとてもストレスがたまります(・_・;) 基本的に移動はモンハンのような操作方法なのですが、一発で視点を正面に向けるキーがないため横を向いたら十字キーで正面をむかせて移動・・・という面倒くさいことを繰り返す必要があります。

自然に進行方法に視点が移動するようにしてくれたら良かったのですが、それはあまりなく、基本的に自分で視点変更をしながら移動していくことになります。その上、3Dで表示される地形がやたら暗く、少し影になっている地形だとあまりの暗さにそれほど複雑ではない場所でも迷子になったりします(;´・ω・) まして地下のダンジョンともなるとえらいことに・・・。まあ、もしかしたら使ったPSPの液晶が悪いのかもしれませんが(´・ω・`)


4.技の習得が困難。でもボスクラスの敵も弱い。

このゲームでは、過去の人物や他の人物から技を伝承してもらうことで、使える必殺技などが増えていくようになっています。しかし、主人公でさえそのままゲームを進行していると必ず覚えられる技が、最初から持っている技とストーリー上必ず教えてもらえる技の2つしか習得することができません。

具体的に言うと、『始之型・断』、『弐之型・波』、『参之型・旋』、『四之型・朱雀』、『終之型・斬』の5種類の技と、仲間から伝承してもらう『裂破鳳凰斬』がありますが、このうち普通にゲームを進行していたら『始之型・断』、『弐之型・波』しか使えません(´・ω・`; せめて主人公くらいは何も考えずに進行していてもボス前にはすべての技を覚えられるようにしようよ。・゚・(ノД`)・゚・。

ちなみに私の今回のプレイでは『始之型・断』と『弐之型・波』しか使えない状態でラスボスを倒し、エンディングを迎えてしまいまいました(´・ω・`; 他の仲間のキャラクターのほとんどもストーリー上自然と習得する技しか覚えていません。

それなのになぜボスが倒せるのか?ゲームが進行できるのか?

それはこのゲームのボスクラスの敵が軒並み弱いのです(´・ω・`; まあ・・・強すぎてゲームを諦めるほどの強さよりは良いのですが、さすがにあれだけサクサクとボスクラスの敵を倒せるのはどうなのかなと・・・(・_・;) しまいにゃラスボスまでサクサクでしたからねぇ(;´・ω・) 「ラスボスをもっと楽に倒すために技を習得しなきゃ!」という気もおきないほどに・・・(;´・ω・)

まあ初心者ゲーマーにとってはあれくらいの強さが良いのかもしれませんが、そうなると普通にプレイしていると主人公でさえ6つあるうちの技が2個しか習得できないのは納得できないし、どこかアンバランスですなぁ(;´・ω・)


と、まあ個人的に思った幻想水滸伝としての不満点はこんなところなんですが、全体的に見ると普通に遊べる楽しいゲームになっていますъ(`ー゜)

今回は借りてプレイしたのですが、ネット通販で価格を調べたら安かったので自分用に1本買おうかなと計画中です(ノω`*)

もはや新しいタイトルがでなくなった幻想水滸伝シリーズですが、新作がでてほしいと思う反面、あまりにも幻想水滸伝の世界観を壊す作品がでるよりも、このまま終焉して良い印象のままシリーズが終わってほしいと思う気持ちもありまして、自分でも複雑な気分です(;・∀・)

今後ですが、すでに持っている幻想水滸伝を発売順ではなく歴史の時間軸順にクリアしていこうと思ってますъ(`ー゜)

つまり、4→ラプソディア→5→1→2→3の順ですかね。これだけでもかなりの時間どっぷりと幻想水滸伝の世界につかることができるので幸せかも(ノω`*)

こんな時、お気に入りのゲームは手放さずに持っておいてよかったと思いますなぁ(*・ω・*)



値段は高くないけどレアなゲーム(´・ω・`)

どうも(´・ω・`)ノ
結局今年は全塗装のプラモデルを1個も作れそうにないあきです(´・ω・`; う~む、これじゃ自称ゲーマーと並んで自称モデラーになっちまうなぁ・・・(・_・;) パチ組み(ガンダムのプラモデルを接着剤も塗装もなしでパチパチ組み上げること)は何個かやったんですが、今年はあんまりエアブラシを片手に「プシュー」とやった記憶がないなぁ・・・(・_・;) 親しい放送主さんが何か企画をしてくれたら気合入れて作れるんだどなぁ(´・ω・`;


さて、今日の話は久しぶりにゲームをまとめ買いしたのでそのゲームについてのお話(´・ω・`)b

プレイステーション1用のゲームなのですが、実は購入に到るまで実に2年近く悩んでいました(;´∀`)

「それほど悩むゲームっていったいどんなゲーム!?」と思われるかもしれませんねw

良い言い方をすると、「好きなタイプのゲームだから気になっていたけど、なんとなく価格との折り合いがつかなかったゲーム」、悪い言い方をすると、「気になるゲームだったけど、人気もでず話題にものぼらなかったのでそれほど必要がないと感じたゲーム」と言う感じですな(゜ー゜;) とは言え、気になって価格チェックを怠らなかったのは事実な訳でしてw

ではどんなゲームかお見せしましょう(`・ω・´)b

これです!

20151218-01.jpg

プレイステーション1用ゲームソフト、『大海信長伝 下天Ⅱ(GE・TEN2)』です(´・ω・`)b

発売は『アイマックス』というスーパーファミコンのゲームではそこそこの品質のゲームを発売していたメーカー。プレイステーションでもゲームを発売していたとは知りませんでした(;・∀・)

ちなみにこのゲーム、旧世代のパソコン、いわゆるPC-9801シリーズを使っていた戦国野朗のみなさんにはなつかしさを感じるゲームではないでしょうか?プレイステーション版は2となっていますが、1が発売されているのはPC-9801のみ(たぶん・・・)だったと思いますので、プレイステーションではこれが最初で最後の下天シリーズになると思います。

私もPC-9801で下天1をやった人間でして、当時の(というか今もかなw)戦国時代のシミュレーションゲームといえば、『光栄』(現コーエーテクモゲームズ)の『信長の野望』シリーズが定番だったのですが、そこに『織田信長』を軸にしたシュミュレーションゲームで殴りこみをかけるという暴挙にでるという、ある意味勇気があるゲームでして(;´∀`)

ただ当時シミュレーションゲーム大好きすぎる人間だった私、何も考えず購入してプレイしました(ノω`*) 同じシミュレーションゲームとは言え『信長の野望』とはかなりゲーム性が違うタイプのゲームで、どちらかと言うと『織田信長』の人生を戦いを通じて追体験するような感じのゲームだったような気がします(←遥か昔にプレイしたので覚えてないw)

たしか当時は完全クリアはできず、志半ばで寿命でゲームオーバーになってそれっきりだったような気がします(´・ω・`; 確か信長が歴史上で死ぬ49歳くらいまでに全部終わらせないと駄目なゲームだったような・・・。

意外にこのゲーム人気があったのかどうかわかりませんが、その後PC-9801で2が発売されまして、それが今回プレイステーション1のゲームとして購入した『大海信長伝 下天2』と同じ内容のゲームでした(´・ω・`)b

2は、「もし信長が本能寺で死なずに世界制覇に乗り出していたらどうなる?」という歴史IFを題材にして製作されています。なのでほとんどのことは仮想的な世界によるシミュレーションゲームとなっています。

ただ、このゲームがPC-9801で発売されたばかりの時の私、あまりお金がなかったのは当然として引越しやらで色々と忙しい時期だったこともあり、この『下天2』を購入することはありませんでした(・_・;) 友達から短期間借りていた時期はありましたが、結局ほとんどプレイしないまま返すはめに(´・ω・`; まあ当時の事情からしてしかたないことだったのですが。

そんな微妙な思い入れがあったゲームなんですが、時が過ぎほぼ忘れ去っていました。

そんなある日、プレイステーション1のゲームで買い残した物で安くなっている物を買おうと思ってシミュレーションゲーム一覧を見ておりますと・・・

「『大海信長伝 下天2』?これプレイステーションにも発売されていたのか(;°ロ°)』

とこれまた微妙な驚きがありましてw

ただ見つけた当時の中古価格が1,980円。すでにプレイステーション2のゲームでさえ多くの中古ソフトが100円で売られていた時代、ましてプレイステーション1のゲームなど店舗によっては100円を切っていることさえありました。そんな時代に1,980円は意外に高い(;´・ω・) しかも原作はPC-9801用のゲームということで、ゲームのボリューム(内容量)はたかがしれています。

なのでその時点では買うことはないと思っていたのですが・・・

プレイステーション1にリメイクされた旧世代のパソコンゲーム、特に光栄のシミュレーションゲームのリメイク度はすばらしく、ゲーム内容は旧世代のパソコン版とまったく同じでも買う価値は十分にありました。そんな関連もあって『下天2』も少し気になってはいたのです(´・ω・`;

そこで色々なお店に行っては、『下天2』がないかを調べていたのですが・・・

ない!まったくない!影も形もない!( ゚д゚ )

どうやら・・・ゲーム自体があまりにマイナーすぎて、誰の目に触れることがなくひっそりと発売され存在してたようで、世間に出回っている数自体が少ないみたいで(´・ω・`;

そりゃそうだ、プレイステーション2が終焉する時代まで俺でさえその存在を知らなかったんだから(;´・ω・) ましてや『下天』というタイトルを知らない人にとっては一段と興味がないだろうしなぁ・・・(・_・;)

本来ならあまり出回っていないゲームはレアソフト価格がつくはずなんですが、このゲームの場合あまりにも知名度がなさすぎて売れなかっただけで特に他のレアソフトのような価値はないんだろうなと・・・。ただ数が少なくめずらしいソフトであるのは事実なので、その点を考慮して1,980円という価格になっていたのかなと思います(;´∀`)

そんな『下天2』ですが、ここのところ中古価格が980円あたりで落ち着いているようなので、思い切って買うことにしました(ノω`*)

あんまり迷ってばかりいても精神衛生上よろしくないのでw

そして届いたゲームディスクを見てみると・・・いやはや綺麗なこと(;´∀`) 前の持ち主もやりかたがわからずにほとんどプレイしないまま売りにだしたんだろうなぁ(´・ω・`; 昔のゲームって今のゲームとは別の意味で複雑ですからねぇ・・・ゲームバランスも結構突き放した感じだし。

とりあえず高くないけどレアなゲーム、『大海信長伝 下天2』を手に入れることができました(゜▽゜;)

でもあの時代のシミュレーションゲームをクリアできるかなぁ・・・『信長の野望』シリーズと違って当時の他の戦国シミュレーションゲームは結構難易度が高くて、プレイヤーを滅ぼす気満々なゲームが多かったのでちょっと不安(゜ー゜;)

国取りシュミュレーションゲームの第1歩、「まず1国を攻め取ってみる」を目標にがんばってみますかね(ノω`*)


プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ
にほんブログ村



家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ