ふと思いついて久しぶりに開いた本。今は使わない知識かもだけど・・・

どうも(´・ω・`)ノ
ここ2日間ほど急に温度が下がって少し混乱気味のあきです(゜ー゜;) 数日前まではうだるように暑かったのに突然「寒い」と思えるような体感温度になるって・・・まだ8月なのにどんだけ異常気象なんだ(;´・ω・) 本気で地球全体の健康度(?)を心配してしまう私でありました(・_・;)


先日、本棚をなんとなく見ておりますと、最近はまったく読むことがなくなったゲームプログラミングに関する本が目に止まりまして、「これめっちゃ読んでたなぁ・・・」と思って久しぶりに手に取って開いてみました。

ゲームプログラミングという性質上、どうしてもその中には数学の知識が必要なアルゴリズム(考え方)もありまして、当時はなんとか数学を再勉強して理解したのですが、久しぶりに読んでみると、ほぼその数学の知識を忘れてることに気がつきまして(゜ー゜;)

「あれ・・・ベクトルの内積ってどんな性質だったっけ・・・何に使うんだったけ・・・」

とか

「狙い撃ち弾を撃つ時の計算って、どんな理屈でプログラミングしてたっけ・・・」

など、数年ゲームプログラミングをやっていないとすっかり忘れてしまうものでして(゜ー゜;)


「せっかく勉強したのに、これは寂しい!」


と思って、せめて数学の知識を再度確認しようと思って、昔再勉強に使った本をひっぱりだしてじっくりと読むことに(´・ω・`)b

その本はこれなんですが・・・

20160831-01.jpg

『忘れてしまった高校の数学を復習する本』

これ一冊で高校数学の1年から3年までの基本的な数学の知識をすべてカバーできるというすばらしい本です(´∀`)

私は高校時代、数学がとても苦手で非常に苦労したんですが、ゲームプログラミングで数学の知識が必要になった時一大決心をしまして、徹底的に数学を基礎から勉強しなおすようにしました。

実は数学は中学の時も得意ではなかったので、同じような内容の本で、中学時代の数学を復習する本や小学生の算数を復習する本を同時に買いまして(゜ー゜;)

まあ、さすがに小学生の算数までさかのぼると自然と理解できるようになる訳でしてw すべての本は1冊で完結に必要な知識や公式がまとめられていますので、勉強自体もそれほど時間がかからない。と言うか、「この程度の知識を数年かけて習っていたのか?」と思う程度の内容でして(;´∀`) 学校の授業って、すべての人に理解させるように、よっぽどゆっくりじっくり進められていたんだなと改めて実感しました(;^ω^)

まあ、そんな感じで、この本を買ったばかりの頃は、ゲームプログラミングに燃えてたので、やりがいを感じつつ、そして理解できるかどうかの不安も感じつつ再勉強していたのですが、少なくともゲームによく使うと思われる数学の知識は普通に理解できまして、ついでに他の基礎的な部分もちゃんと説明を読んで練習問題をやればすべて理解可能でした。

まあ・・・いかに学校の授業を聞いていなかったか、そして内容を理解しようとせず復習さえしなかったかを今さらながら思い知ることになったのですが(゜ー゜;) 学生の時は数学で80点やら90点やら取る人を天才と思って見ていましたが、ただ普通に勉強していただけなんですよね、よく考えると(´・ω・`;

そんな劣等生だった私でも十分理解できる内容のこの本なんですが、弱点もありまして・・・

それは、なぜか「ベクトル、行列」についての記述がないこと(・_・;)

ベクトルと行列は、ゲームプログラミングをより深く理解する上では必要不可欠な知識。それなのにそれがすっぽりと抜けている・・・なんでだ(´・ω・`)?

もしかして今の高校生はベクトルとか行列は習わないのかなぁ・・・私の時代は『代数・幾何』という教科書で確か高校2年くらいの時にじっくりと習ったはずなんだけどなぁ(・_・;)

少なくともこの再勉強の本には記載されていなかったので、ベクトルと行列についての本は別の専門的に書いてある参考書を買って知識をつけました。まあ、ゲームプログラミングの本にもある程度解説はされているのですが、基本的に「ベクトルと行列の知識は持っているもの」を前提として解説してある本が多く、やっぱり事前の知識は必要でしたねぇ。

実は私、高校生の時に使った数学の教科書は1年から3年までの分すべてを今だに大事に保管していまして(;´∀`) 理由としては、「いつかゲームやプログラミングで必要になることがあるかも」と言う理由だったのですが、捨てずに正解でしたw

で、一通り再勉強の本を読んだ後、保管していた数学の教科書を最初から見てみたのですが・・・

学校の教科書ってこれ以上ないくらいめっちゃ丁寧に解説してあるじゃないですか(´・ω・`) なんでこれが理解できなかったのか・・・不思議でしょうがないくらいに(; ・`д・´)

ゲームに限らず、色々なプログラミングの解説書を読んで、その難解な記述と説明に慣れたと言うのもあるのかもしれませんが、学校の教科書って本当にわかりやすく例が書いてあって、解説・練習問題・応用問題と非常にわかりやすい段階を踏んで記載されています。それぞれの項目で覚えなければならない知識もそれほど多くなく、公式を数個覚えたり、考え方(いわゆる証明)を理解する程度。

でも高校時代、数学が理解できなかったのは事実なので、思うに高校時代は本当にやる気がなかったんでしょうねぇ・・・(;´・ω・)

どんなに丁寧にわかりやすく書いてある本でも、理解する気や考える気がなかったら、まったく意味がないですからねぇ・・・(⊃д⊂) ああ・・・もう一回高校生に戻って数学の授業受けてみたいわ(´・ω・`;


久しぶりに数学の再勉強の本を読んで、色々と思い出した私ですが・・・

今となっては正直活用することがほぼないんですよねぇ・・・よく考えたら(;´・ω・)

と言うのも、前にも書きましたが、私が主に勉強をして作っていたゲームはシューティングゲームなんですが、ぶっちゃけ今の時代、プログラミングの知識なしでシューティングゲームを作れる優秀なツールがあるので、わざわざプログラミングをするという気がおきない(´・ω・`;

市販ツールの、『シューティングゲームツクール95』の作品を見た時、「ツールで作ったゲームでここまで作れるのか!?」と驚きましたが、フリーソフトとして公開されているシューティングゲームを作るツールの作例を見て、さらに衝撃を受けまして(´・ω・`; まさに目標としていたシューティングゲームそのもの・・・いやそれ以上のクオリティーのゲームが画面に広がっておりまして・・・

他のジャンルでも『RPGツクール』をはじめとして、もはや一からプログラミングするのがバカらしくなるくらい製作自由度が高いゲーム製作ツールが存在しているのを知り、いつからかゲームプログラミングの勉強をやめてしまったんですよね(;´Д`)

それが、しばらくゲームプログラミングの本を読んでいなかった原因でもありました。

結果数学の知識を身につけるという目的も目標も喪失することになり、しばらく離れていたんですが・・・

ただ、思うに数学の知識は、常に見につけておくに越したことはないのかな・・・と(´・ω・`)b

ツールでは作れないゲーム類、例えば完全3Dのオリジナルシューティングゲームやアクションゲームを作ろうと決意した時には必ず基礎としての数学の知識が必要になるだろうし、仕事の面でもいつ数学の知識が必要になるかわかりません。

なので、現状ではゲームプログラミングをしなくなった状態だとしても、将来を見据えて常に基礎知識として最低限高校で習う数学までの知識は身につけておいたほうが良いかなと思っています。

と、言う訳で、今後この本を繰り返し繰り返し、時間を作って読むことにしました(;´∀`) まあ読み物として読んでも十分楽しいですしねъ(`ー゜)

他の媒体でも書きましたが、なにより数学は、ひとつの方程式や考え方は、歴史に名が残るほどの天才や偉人が、その一生をかけて悩み、考え、証明し、まとめあげた研究の結晶。それを私達凡人が、少しの勉強で数時間で身につけられるというすばらしい学問。

そう思うと知識を見につけるのが、ものすごく特なような気がしてきませんか?Ψ(`∇´)Ψ

それに久しぶりに勉強してみて、昔理解できなかったことが理解できると、結構うれしいもので、なかなか爽快感も味わえますよ(*´・∀・`*)ゞ

みなさんも久しぶりに数学やってみませんか?ъ(`ー゜)


久しぶりに心折れたゲーム(;´Д`) もう無理っす・・・orz

どうも(´・ω・`)ノ
艦これの夏イベントを無理矢理クリアしたあきです(´・ω・`) 前回の春イベントのせいで、艦これが若干嫌いになりまして(;´Д`) ただそれでも課金して長く続けてきたゲームだからとりあえずクリアだけはしておこうと集中してやった感じです。でも、皮肉なものでこんな投げやりな感じでプレイすると新しく実装されたレアドロップ艦が落ちてくるもんですなぁ・・・名前忘れたけど外国娘の空母と新しい潜水艦娘、普通にゲージ削りの段階で連続でドロップしましたわ(´・ω・`) 今回イベントクリアだけして掘る気はなかったんですが・・・物欲センサー恐るべしですな(;´∀`) いらないと思ったら出るとか(゜▽゜;)


さて、今日はプレイステーション3のあるゲームのことについて話したいと思います(´・ω・`)b

積みゲーが多い私ですが、いったんプレイし始めたゲームは、なんとかがんばってクリアまでプレイしたいと思ってやっています。と、言うのも、ゲームと言うものは、ある程度腰をすえてプレイしてみないとその真価がわからない物が多いことと、これだけ膨大な数の積みゲーがあると、途中でやめてしまったゲームをもう一度プレイする気がおきるか、プレイする機会があるか、が不安なので、なるべく最後までクリアするように心がけています。

最近プレイしているゲームは、プレイステーション3のゲームが多いのですが、一応のエンディングまで到達したゲームが結構な数になりましたね(;´∀`) 未クリアゲーが多い私とてしてはかなりめずらしく、また良い傾向ですw

とは言え、まだまだ未クリアどころか未プレイのゲームは多いんですけどね(゜ー゜;)

その中で、まだ私がYLODが発生していた先代のプレイステーション3を使っていた時に話題になったゲームがありました。その頃は私はまだネットゲームのファイナルファンタジー11に没頭していたのですが、その中でも友達から「面白いよ」と話を聞いていたり、ネットの情報でもあらゆるところで話題になっていたゲーム。

一応私も中古品を買ったのですが、YLODが発生していたプレイステーション3ではほぼまともにプレイすることができず・・・結局現在までお蔵入りさせていた訳なんです(´・ω・`)

そのタイトルと言うのが、フロムソフトウェアから発売されていた『デモンズソウル』というアクションRPG的なゲーム(´・ω・`)b 超有名なタイトルなんで、皆さんご存知のことと思います。

この『デモンズソウル』、当初から難易度が異様に高いことで有名だったのですが、実際にプレイしてみると想像していた以上にとんでもない難易度で先にほとんど進めず・・・さらに序盤はレベルも上げられず、装備もパワーアップできないので、本当に自力勝負。テクニックを磨いて最初のデーモン討伐まで持っていくしかないという厳しい設定(゜ー゜;)

実は『デモンズソウル』も早々にギブアップしようと思ったのですが、「いや、待て。あれだけ話題になっているのだから何か夢中になる要素があるはず・・・それを見つけるまでやり続けよう」と思ってがんばって繰り返し繰り返しプレイした結果、少しずつではありましたが、先に進めるようになり、その独特な難易度調整とキャラクターの配置、そして独特の世界観にいつの間にか引き込まれていまして(艸-_・*)

かなり時間はかかりましたが、なんとかクリアするところまでプレイすることができましたъ(`ー゜)

そうなると、今使っているジャンク品のプレイステーション3のテストも兼ねて買ったゲームである、続編的な作品である『ダークソウル』もプレイしたくなるのが人情と言うもの(;´∀`)

積みゲーと化していた『ダークソウル』を引っ張りだしてきてプレイ!

『デモンズソウル』より結構難しいと感じましたが、そこはデモンズで培った経験とテクニックがあるので、なんとか進めることができまして、オープンワールドゲームという壮大な舞台を走り回るこのゲームにもいつの間にか夢中にw

難易度は相変わらず高く、数え切れないほど死にましたが、このゲームもなんとかクリアъ(`ー゜)

最後のボス戦など、ボスと対峙するたびに「今度こそ倒す!」と言う気持ちと、「絶対無理!」という相反する気持ちがまざりあってなんとも言えないテンパリ具合でw

それだけにラスボスを倒しクリアした時の感動は半端なかったですねぇ(*´・∀・`*)ゞ

なにより、『デモンズソウル』と『ダークソウル』という、この高難易度ゲームを立て続けにクリアできた!という自信と高揚感、達成感は半端ないものがありましたъ(`ー゜)

そして、当然のように挑戦することになった、今日の話題になるゲーム、それがこれです。

20160827-01.jpg

プレイステーション3用ゲームソフト、『ダークソウル2』

タイトル名からわかるように、『ダークソウル』の続編。

ただしストーリー的なつながりはなく、世界観を共有しているまったくの別ストーリーのようです。

まあ、前作の『ダークソウル』は、あの作品の中で一応の解決を見ましたからねぇ・・・あそこからストーリーをつなげていくというのは難しかったんでしょうね(;´∀`)

ここまで来ると、「俺はデモンズもダークもあの難敵を打ち倒し、冒険を達成してきたんだ!続編もどんとこい!」と言う気持ちでプレイしはじめたのですが・・・

結論から言うと、序盤で完全に心折れました(´・ω・`)

理由を説明しましょう。

まずストーリーにイマイチ共感できない・・・というかいったい何をしに来て何を解決したいのかというのがさっぱりわからない。なんとなく「不死なんでどうにかしたい」と言う理由から現地に来ました的なノリで、「これを達成するんだ」という意欲がどうもわかない。

まあ、それでもデモンズ系のゲームなんだからゲームの本質自体は面白いはず・・・と思ってプレイしてみますと、チュートリアル的な最初のステージはまあ普通。「うん、チュートリアルだね」という印象のみ(´・ω・`)

そしてたどり着く、拠点となる『マデューラ』。

ここを拠点に行ける所を探すのですが・・・

その前にちょっとあせる・・・と言うか予想外なことが(・_・;) 街のはじっこ付近に家畜のブタのような生物がいるのですが、そいつがいきなり襲ってきますが、これが妙に強い(;´・ω・) ほっとくと自分が死ぬので反撃するも意外に体力が多い上に小さくて攻撃があたらなくてなかなか倒せない。そんなのが3匹いっぺんに襲ってくるのであせりますわなぁ・・・(;´・ω・)

まあ、なんだかんだで、やっと最初に行くべき場所と思われる、『朽ちた巨人の森』に突撃し攻略開始。

当然最初はヒョロヒョロとしたおなじみのザコ兵が襲ってくるのですが、なにやらちょっと強いような気が・・・(;´・ω・)

序盤だから自分が弱いんだろうなと思って気をつけて進むと、複数でワラワラと襲ってくる上に遠距離から弓矢での狙撃Σ(゜Д゜) しかも敵の攻撃力が思ったより強いので、あっと言うまに死亡(´・ω・`;

おいおい・・・俺はデモンズとダーク1をクリアしてき(略

やってみてわかったのですが、このゲーム、やたらと複数の敵が一斉に襲ってくるというシチュエーションが多い気がします(;´・ω・) デモンズ系のゲームは基本1対1で戦うのが鉄則なので、無双シリーズのように複数の相手をバッサバッサと倒すということはあまりしません。というかできません(少なくとも俺はw)

それなのに結構なシーンで一斉にワラワラと襲ってくるんですよねぇ(;´・ω・)

それと大事なことなんですが、敵を倒すとソウルという経験値とお金を兼ねているものをもらえるのですが、死ぬとそのソウルが0になった状態で最後に休憩した地点まで戻されます。自分が死んだ地点に行くと自分の血痕が落ちていて、それを回収すると死んだ時に持っていたソウルが戻ってくるというシステムになっています。

もしも自分の血痕にさわる前に、つまりソウルを回収する前に死んでしまうと、その前に死んでロストしたソウルは完全に消えてしまい、戻ってきません。

この一連のルールはデモンズから続く伝統的とも言えるルールなんですが・・・

このソウル、ロストしても敵を倒すとゲットできるので、たとえ大量のソウルをロストしたとしても、地道に敵を倒してまた集めるということが可能・・・でした、前作までは(´・ω・`;

このゲームの場合、同じ場所の敵をある回数倒すと、基本的に復活せず、いなくなってしまいます。「敵がいないとダメージを受けることなく進めて楽だな」と最初は思ったのですが、ある重大なことにふと気がつきまして・・・

「これって良く考えたら、敵がでてこなくなるということは、ソウルを集められなくなるんじゃないか?(; ・`д・´)」

そうなんです、前作以前はかがり火で休憩すれば敵が復活していたので、ある意味いくらでもソウルを稼ぐことができましたが、今回はある程度倒すと復活しない・・・と言うことは、ゲーム内で取得できるソウルの総量に限界があるということになってしまいます(;´・ω・)

さすがにそれは困る・・・ソウルはお金であり、経験値でもあるので、それがゲットできなくなる=成長しなくなるということなので、場合によっては行き詰る可能性も(;´・ω・)

そこで問題になってくるのが、大量にソウルを持っていた状態で死んでしまい、ソウルを回収せずにもう一度死ぬと、その大量のソウルが完全にゲームから消えてしまうこと。ゲーム内で取得できるソウルに限界があるこのゲームシステムでそのロストはきつい(; ・`д・´)

実は心折れた決定的な原因はこれでして・・・

あるボスを倒した後、報酬としてソウルが17,000取得できました。装備も落としてくれたので、メニューを開いて内容をチェックしていると、いつの間にか後ろからザコ兵が来ていまして(; ・`д・´) あわてて反撃しようとするものの、メニューを開いているので攻撃できず、気持ちがあせってメニューを閉じて反撃しようとした時にはすでに時遅し・・・ソウルを万単位でもっていたのに死亡。

これは絶対に!絶対に回収しなければなりません!あせって回収しにいきますが、その途中の装甲の硬い中ボス的なキャラクターに行く手を阻まれ、火炎瓶と火薬による大爆発にまきこまれて死亡・・・数万のソウルはゲーム内から完全に消えうせました。・゚・(ノД`)・゚・。

前作なら、「気を取り直してザコを地道に倒して回収しようか・・・」となるんですが、このゲームは前述の如くザコは復活しません(´・ω・`) なので回収しようがなく、ただただ苦労してゲットしたソウルが消えたのみ・・・orz

まあ・・・それでももう少しがんばってみようと思って、拠点から直接行ける別の地域に行って見たのですが、ごっそりといる巨大で重装甲の強そうな敵(´・ω・`)

実際戦ってみましたが、見た目どおり強い。・゚・(ノД`)・゚・。 まともに攻撃をくらうと一撃で体力の3分の2は持っていかれます(´_`。)

それでも、1対1ならまあ勝てます。しかしこのゲーム、複数の敵が襲ってくるというのがデフォなのか、1体でも強い重装甲の騎士が3体一斉に襲ってきます・・・いや、これ無理だから(;´・ω・)

中ボスとして要所でこの敵出すならわかるけど、なんで普通のザコ敵みたいな感じでごっそり配置してるの・・・1匹ずつおびきだそうと思っても一斉に襲い掛かってくるし、もう無理・・・かも・・・と諦めの気持ちがさらに深く(´・ω・`)

いや!それでも!まだだ!

そう思って、前述の騎士を必死に回避し、ボスを苦労して攻略して、次のエリアになかば強引に進んだのですが、そのエリアの敵の攻撃力と配置が半端なく・・・ぼぼ瞬殺。・゚・(ノД`)・゚・。 もう一度覚悟して行ってみるものの、敵が1体でもかなり強いのが判明し、そのエリアの攻略断念・・・orz

さらにその時点で行ける別のエリアにも言ってみましたが、一方通行の地形に加え、またまた攻撃力と体力が高い巨大な敵が・・・(´・ω・`)

・・・無理・・・(ボツリ)

無理ですわ・・・あまりにも敵の配置にしても強さにしても地形の作りにしてもいじわるすぎる・・・(*T-T)

デモンズとダーク1は難しかったけど、迷路にしても敵の配置にしても、慣れてみれば納得の行くものになっていました。しかしこの『ダークソウル2』は、ただただきついだけで、戦いが本当に楽しくない(;´Д`)

書きませんでしたが、実は前作に比べると、ソウルを使ってステータスを上げた時に自分が強くなる幅が極端に少なく、正直レベルを上げてもほとんど実感できない感も・・・その上前述したとおり取得できるソウルに限界があるので、必然的にレベルにも限界がある。もちろん装備にもお金がかかるので、その強化にも限界がある。

ある意味パズル要素的な感じですよね・・・必要な所をあらかじめ把握しておいて、効率的にソウルを配分していかないと行き詰る。これはきついですわ(´・ω・`;

デモンズとダーク1は心折れることなく攻略してきた私でしたが、『ダークソウル2』は無理です・・・もう完全に心へし折れました・・・orz

なんかこれ以上このゲームにかかわると、ゲーム全体が嫌いになりそうでちょっと怖いんですよね(´・ω・`; なので、完全に封印して他のゲームをやっていきたいと思います。無念ですが・・・(;´Д`)

今世間では『ダークソウル3』がでてるらしいですが、難易度とか面白さはどうなんだろうなぁ・・・プレイステーション4は持っていないし買う予定もないのでプレイする機会はないだろうけど(゜ー゜;)

それにしてもなんでああ大雑把なゲームなったんだろう・・・『ダークソウル2』(´・ω・`;

時が流れて、いつかもういちどプレイしてクリアする日がくるのだろうか・・・


もらったノートパソコンの不具合。いつかジャンクパソコンで出会うかもしれない不具合(;´∀`)

どうも(´・ω・`)ノ
極めつけに悪かったおなかの調子が、ここ数日上向きなあきです(´∀`) おなかの調子が悪くなって以来、ネットで色々と調べて色々と試していたのですが、結局最後は自分で気がついた方法で解決できた感がありますね(*'-') 機会があったらそのことについてもブログで書いてみたいと思います(´∀`)


さて、今日の話は少し前にお話した、親戚からもらったノートパソコンのお話です(´・ω・`)b

親戚が大規模な部屋の整理をしていたら、ホコリをかぶったパソコンが数台でてきたのですが、捨てるよりパソコン好きな私にあげたほうが良いかもと言うことで声をかけてもらって、結局私がすべて引き取ることになりました。

その中の一台の話については以前のブログで書いたのですが、今回はそれとはまた別のノートパソコンの話です。

もらったパソコンはそれぞれ大なり小なり色々な原因があって「正常に動作しない」状態のパソコンばかりだったのですが、今回お話するパソコンは、その中で唯一、社外品でしたがACアダプタ(いわゆる電源)がついている物でした。

しかも、びっくりすることに見た目はかなり綺麗で、形も今風(?)なノートパソコン。

フタをあけてみると、画面比率16:9のいわゆる横長画面のノートパソコンでしたΣ(゜Д゜)

実は私、デスクトップもノートパソコンも含めて、画面比率16:9の横長のモニターを使うパソコンを持っていなかったんです(´・ω・`) 主力で使っているパソコンのモニタは画面比率4:3のいわゆる昔ながらのモニターで、「もう少し画面が広ければなぁ・・・」と思うこともしばしば(;´∀`)

そんな環境なので、モニターが現在主流の画面比率16:9を採用してあるノートパソコンをもらえたのは想定外だったのでかなりうれしい(*゚益゚*)ゞ しかもACアダプターもついているとなると後はちゃんと動作するかをチェックするだけです。

見た目はかなり綺麗だったので、「このパソコンが動かないとしたら、たぶんWindowsの不具合だろうな」と予測しつつワクワクしながら電源を入れたのですが・・・

そこには想定外の事態が待ち受けていました(; ・`д・´)

ACアダプターをつなげて電源を入れると、確かに電源は入りました。冷却ファンの音も静かで、ハードディスクもしっかり回転しているようで異音はありません。

しかし、まったく手をつけられなかったんです・・・ジャンクパソコンなら数え切れないくらい修復してきた私でも・・・です(・_・;)

いったいどんな状態だったと思いますか?

答えは・・・

セキュリティーのためのBIOSパスワードが設定されていた。

です(´・ω・`;

これが設定されていると、パスワードを入力しないかぎり、本当になにもできません。フロッピーやDVD-ROMさえ読み込ませることができず、本当にお手上げ状態ヽ(ー_ー )ノ

ほとんどのパソコンユーザーはBIOSの存在すらしらないと思いますが、パソコンの基本的な動作を設定する場所であり、その中の項目のひとつに、パソコンの盗難などに備えて、あらかじめセキュリティー用のパスワードを設定できるようにどのパソコンも設定する項目が存在します。

これを設定していると、仮にパソコンのデータを悪用しようと思っている人物の手にパソコンが渡っても、内部のデータはいっさい見ることができないという、セキュリティーという面では非常に便利なものなのですが・・・

ただ、このBIOSパスワード、気楽に設定してしまうと、もしそのパスワードを忘れてしまった時は自分自身もまったくパソコンを使うことができない怖ろしい状態になってしまいます(゜ー゜;)

そしてこのBIOSパスワードによるロックは、そう簡単にはずすことはできず、これを解除する場合はメーカーにパソコンを送って解除する必要があります。そして解除するのに必要な書類がまた大変で・・・パソコンが自分の物であることを証明する書類や、場合によっては住民票や免許証などの身分証明書が必要など、ロックを解除するのにかなりの手間とお金がかかります(´・ω・`;

そのBIOSパスワードによるロックがもらったパソコンにかかっていた訳でして・・・(;´Д`)

ただ、前のパソコンの持ち主は絶対にと言って良いほどBIOSを自分で設定して使うようなコアな人物ではないので、おそらく何かのミスでBIOS画面に入ってしまい、パスワードを設定してしまったのではないかと(・_・;)

なるほどね・・・パソコン本体の状態がこれほど良いのにお蔵入りさせていたのは、BIOSパスワードのロックをはずすことができなかったから諦めて使っていかなったのか(;´Д`)

まあ・・・その親戚はお金持ちなので、おそらく「壊れた」もしくは「ウイルスにかかった」と思って、別のパソコンを購入したのではないかなと(・_・;)

う~む、でも私としては諦めがつかない!

これだけ状態の良いパソコンで、しかも初めての横長画面のノートパソコン!なんとかパスワードを解除できないか?

私の不毛なチャレンジが始まりました(´・ω・`)

あまりコアな感じではないのですが、ファイルに設定してあったパスワードを解析してはずすこともある私。絶望しつつも1%の可能性にかけてみることに。

あまり詳しく書くと、その方法を悪用してパスワードを解除する人がいるかもしれませんので、若干濁した感じで書きますね(;´∀`)

まず、やったことはとりあえずパスワードを設定する人が良く使うタイプのパスワードを試してみます。いわゆる単純な数字の組み合わせなのですが、意外にもこれで外れることも多々あるんですよね(゜ー゜;)

しかし今回のノートパソコンのBIOSパスワードによるロックには効かず。

次に考えたのが、誕生日の年月日の数字を使ったパスワード。これも定番ですねぇ(;´∀`) ぶっちゃけ私的に言うと最も危険なパスワードなんですが、これまた意外に使っている人が多い(゜ー゜;)

前の持ち主が親戚なので誕生日はわかるので、色々と数字の配置パターンを変えてやってみたのですが、一向にパスワードは通らず・・・

さあ・・・こうなると深刻です。

ランダムな数値を使っている可能性もあるし、場合によっては英文字を組み合わせている可能性も・・・

そうなるともはやパスワードの解析など素人には不可能(;´・ω・)

さらに絶望しながら今までの経験からパスワードを予想して入力して試すもすべて駄目・・・

こうなると、裏技的な方法を試すしかありません(・_・;)

BIOSはデスクトップパソコンの場合、バックアップ電池で設定を保持しており、場合によっては電池をはずして放電し、BIOSを初期化することで、パスワードを設定している状態を解除することができる場合もありますが、ノートパソコンや最近のデスクトップパソコンの場合、電池でバックアップするメモリーとは別に、電源を切っても内容を保持するタイプのメモリーにBIOSパスワードを記憶していることが多いらしく、バックアップ電池をはずして放電という方法は使えそうにない。

というより、このパソコン自体がおそらく6~7年放置されていたので、すっかり放電されているはずで、その状態でパスワードを要求されるということは、上記の方法は使えないことがほぼ確定している訳でして(゜ー゜;)

まあ、バックアップ電池が生きている可能性もありますが、仮にそうだとしても、バックアップ電池にたどりつくまでノートパソコンを分解するのはかなりの手間・・・必ずその方法で使えるようになるという確証がないかぎり、やる気がおきません(´・ω・`;

と言う訳で次に考えたのが、メーカー独自の裏パスワードによるBIOS画面への侵入(´・ω・`)b

昔のパソコンの場合に限りますが、BIOSパスワードの設定ミスに備えて、設定したパスワードとは別に、各メーカーが独自に設定したパスワードを入力するとBIOS画面に入れるという特殊なパスワードがありました。いわゆるファミコンの裏技的な感じでしょうかw

BIOS画面にはいることさえできれば、その項目のひとつであるパスワード設定をクリアすることができるので、無事パスワードロックをはずすことができるのですが・・・

そのメーカー独自のパスワードを入れてみたのですが、BIOS画面には入れず・・・

そりゃそうだ、セキュリティーに甘かった昔ならともかく、こんな新しい時代のパソコンが裏パスワードでBIOS画面に入れたらセキュリティーの意味がないもんなぁ(;´ρ`)


さて・・・もう数時間パスワードと戦ったし、そろそろ諦めるか・・・メモリーやらハードディスクやらは他のパソコンに流用できるし、部品取りで使うしかもはや手がないな・・・

と一旦倉庫に収納(´・ω・`)

無念の撤退です。


ただ・・・それでも・・・それでも、諦めきれず、なんとなくネットを調べていたのですが、ある情報が目に飛び込んできました。

「某メーカーのノートパソコンは、ある回路をショートさせてやることでBIOSパスワードがかかっていても起動することができる。」

まじか?一応今回のパソコンって、その某メーカー製なんだが(・_・;)

でも回路をショートさせるって・・・場合によっては一発でパソコン死ぬなぁ・・・どうしよう(;´・ω・)

え~い!どうせこのままじゃ使いようがないパソコンだ!持ち主さえパスワードを解除できなかったんだから、もはやパスワードを知る術はない。かと言ってメーカーに頼むと費用に加え、こちらの個人情報を晒さなければならない、正直そこまでの性能のパソコンではない。私が持ってるノートパソコンよりは新しいけどね・・・(´-∀-`;)

と言う訳で、いちかばちか試してみることに・・・

ああ・・・怖い・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

ネットに書かれていた型番と今回のパソコンの型番が違うため、当然回路の位置も違う。そもそもフタをあけたら露出しているかどうかもわからない。

ただ、○○周辺にある回路ということをヒントになんとか目星をつけて、マイナスドライバーでショートさせながら電源を入れてみます。

すると・・・

ひっくり返しているので画面がみれなかったので、少し角度をかえて覗き込んだら・・・なんとWindowsの起動画面に移行しているΣ(゜Д゜) つまり最初のパスワードロックを突破したことになります。

まじで!?

と思いながら、あわてて電源を入れなおし、BIOS画面にはいります。

すると夢にまで見た、BIOS設定画面が*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆

速攻でBIOSパスワードをクリアし、普通に起動するようになりましたヽ(´ー`)ノ

かなり危ない作業だったけど結果オーライってことで(;´∀`)


その後工場出荷時状態で入っていたWindowsからリカバリーディスクを作成し、もしもの場合の再インストールの備えも完璧ъ(`ー゜) この点はリカバリーディスクが別に添付されていた昔のパソコンより便利ですなw まあ・・・パソコンを買ったばかりの人にとってリカバリーディスクの作成は正直ハードルが高すぎる作業だとは思いますが(゜ー゜;)

それにしても・・・工場出荷時のWindowsからほとんど使用されていなような感じで、アプリケーションなどもほとんど追加されていないし、色々活用していた形跡もあまりない。

おそらく買って早々に操作ミスでBIOSパスワードロックをかけてしまい、ほとんど使わないうちに諦めたんだろうなと予測できます(´・ω・`;

まあ、その分これから私との付き合いが長くなりそうなこのパソコン。私の初めての画面比率16:9のパソコンとして色々活躍してくれると思いますъ(`ー゜)


しかしまあ・・・これってジャンク品のパソコンを買うことが趣味みたいな私とっては良い勉強になりましたねぇ・・・。場合によっては、ジャンク品として売られているパソコンにBIOSパスワードによるロックがかけられていてもなんら不思議はない訳で、そうなると、いくらハードウェア的に問題がなくても、ほぼ丸々損なになるんですよねぇ(・_・;)

私が良く活用するジャンク品屋さんは、ある程度状態を書いていてくれるので、パスワードロックがかかっていたらそれを明記してくれると思いますが、他の店舗のほとんどのジャンク品は動作保障がないことを条件に売っているので、ただ値札だけ貼って放置してある状態の物が多く、このあたりは結構怖い(;´・ω・)

状態のわりに安い!と思うもので説明書きがないものは、これから注意して買うようにしよう(゜ー゜;)


まあ、なんにしても数時間(もしかしたら十数時間)戦ったノートパソコンとの戦いは無事に勝利ъ(`ー゜) そして性能もある程度良く、外見に関してはほぼ新品なノートパソコンを手に入れられて本当に満足でございます(っ´∀`c)

さあ、この勢いで、もらった他のパソコンもチェックしていくか!なんでもできそうな気がしてきた( ̄ー ̄)
プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ
にほんブログ村



家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ