ちょっとの演出で面白くなる既存のゲーム。思い出補正も加わって面白さ爆発(`・ω・´)b

どうも(´・ω・`)ノ

ここ2週間ほどプレイステーション3にさわっていなかったあきです(´・ω・`) ゲーム実況放送ではレトロゲーム系をやることが多いのですが、不思議と古いゲームに触れることが多くなると、最近のゲームにはあまりさわらなくなるんですよねぇ(;´・ω・)

でも、今日お話するゲームのおかげでプレイステーション3をまた使いまくることになる・・・かもしれません(艸-_・*)



そのゲームというのが、ファミコン時代からある某有名タイトルのプレイステーション3版(´・ω・`)b

プレイステーション3版とは言っても、ファミコンのそれとはゲーム性がまったく違うので、あくまでも世界観とキャラクターを受けついただけのものなんですが・・・

プレイステーション3以降のゲームは、どうもある方向にベクトルが向いているのような気がして、正直どれもワンパターンに思えるんですよねぇ(´・ω・`;

例えば、多くの外国のゲームで遭遇のするのがFPSタイプのシューティングゲーム。TPSタイプも見かけますが、買ってみて「またこのタイプのゲームか・・・」とがっくりくることも(;´∀`) 面白いことは面白いんですが、さすがに飽きてきますわ・・・

かと言って、剣などを使って敵をなぎ倒すゲームは、これまたどれもこれも無双タイプ(´-∀-`;) プレイステーション3以降になって使えるポリゴン数が上がり、CPUの性能が向上したおかげで大量のキャラクターを表示できるようになったせいもあるのかもしれませんが、これまた「またか!」と思うような大量の敵がでてきて、それをバッタバッタと切り倒しながら進んでいく無双タイプが多いこと・・・(・_・;)

正直FPSタイプと無双タイプで全体の7割くらい占めてるんじゃないか?と体感してしまうほどあふれているような気がします(・_・;)

とは言え、ゲーム業界に限らずその時代の流行に合わせて物を生産するのはしかたのないことでして、ファミコン時代にスーパマリオブラザーズが流行ったらマリオタイプのスクロールジャンプゲームが溢れ、ゼビウスが流行ったら縦スクロールタイプのシューティングゲームが溢れる。商売としてゲームを作っているので、より利益がでる可能性がある物を作っていくのは当然の行為ではあります。

が・・・

さすがに同じタイプのゲームが溢れるとちょいと食傷ぎみ( ´Д`)=3

最近レトロゲームばかりやっている影響もあって一段とプレイステーション3に触っていなかったのですが・・・


これではいかん(´・ω・`)


前にも書きましたが、私のプレイステーション3は部品取り用のジャンク品として買ってきたものがたまたま正常に動作したもの。しかも2代目プレイステーション3なので、いつYLODが発生して壊れてもおかしくない訳です。

なので壊れる前になるべく多くのゲームをやっておきたい。

そして最近薄々思っている、「ゲームって・・・きついな・・・」という負の感情を払拭して、「ゲームってやっぱ楽しい!」と思う心を強烈に復活させたい(`・ω・´)b

そう思って買ってきたのが今日のゲームです。

それがこちら。

20161031-01.jpg

プレイステーション3用ゲーム、『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』

ファミコンから続く国民的大人気タイトルである『ドラゴンクエスト』の名を冠するゲーム(´・ω・`)b

どんな内容のゲームか、実はよくわかりませんでしたが、ドラゴンクエストのタイトルを引き継いでいるゲームならきっと完成度はそこそこのものにしているはず!

そう信じて買ってきました( ̄ー ̄)

あわよくば、ファミコン時代に夢中になってプレイしたあの感覚が蘇れば・・・という思いもありましたので(;´∀`)


とりあえず家に帰ってプレイ。

事前のインストールもいらない親切設計で速攻プレイ可能に(´∀`) これはありがたい。正直アップデートのダウンロードとデータインストールに長時間かかるゲームはとても萎えるんですわ・・・(;´Д`)

ただ、こっそりとハードディスクにデータを移している節があって、どうやらゲームをやっていると次第に快適になるような設計のようです。確かバイオハザード6も同じような作りになっていたような気がしますね(´ー`)

ただ、起動直後気になった点が・・・

スクウェアエニックスのゲームなんですが、なぜかコーエーテクモゲームズのロゴがでてくる・・・しかもその後に無双シリーズの製作チーム(なのかな?)の『ω-Force』のロゴが・・・

かなり嫌な予感がしてきます・・・(;´・ω・)

まさか・・・まさかとは思うがこれも無双タイプのゲームなのかと・・・


心配しつつもとりあえずゲーム開始、プロローグを見ていよいよ操作可能に。

すると・・・

やはり操作はまるっきり三国無双(;´・ω・)

チュートリアルが終わり、本格的に敵と戦うシーンになると、まさにいつもどおりの三国無双でした。・゚・(ノД`)・゚・。 敵がワラワラとでてきて作業的になぎ倒していくのみです(´_`。)

「また無双タイプのゲームなのかよ!」

そう自分の中で毒つきましたが、プレイしていくとなぜか心地良くプレイしている自分がいる(; ・`д・´)

「なぜだ?なんで今更無双タイプのゲームにこれほど面白さを感じるんだろう?」

落ち着いて考えてみましたが、昔からのドラクエファンを楽しませるために色々な演出がなされているんですよね(´・ω・`)b


見てすぐにわかるのは、絵とキャラクターの雰囲気。これは鳥山明さんがデザインしたキャラクターを使っているので当然と言えば当然なのですが、3D化されても昔の雰囲気をしっかりと残している所がすごい。

モンスターはファミコン時代は静止画、しかしこのゲームは当然3D化されてグリグリ動くのですが、その動きや表情に矛盾がないというか、しっかりと想像していたとおりの動きをしてくれる。

これはうれしいところです(´∀`)


そして、メニューなどの表示のこだわり(´・ω・`)b

昔のドラゴンクエストのメニューのレイアウトや雰囲気をしっかりと継承しており、それだけでも昔のドラゴンクエストを連想させるのですが、さらに私をうならせた部分が、あえて漢字を極力を使わずひらがなでメニューを表示している所( ̄ー ̄)b

今のプレイステーション3なら当たり前に漢字も使えますが、当時はカートリッジのメモリーは少なく、漢字などを入れる余裕はなかったので、ひらがなを使ってメニューなどを表示していましたが、この『ドラゴンクエストヒーローズ』はそんな制限があってしかたなく漢字が使えなかった時代を見事に再現(´∀`)

ちょっとのことなんですが、それでもこれは昔からのファンにはぐっとくる演出ですわ゚+。(*゚Д゚*)。+゚

まあさすがにひらがなばかりでは読みにくいので、会話などの部分には漢字はしっかり使われていますが、そのあたりの文字の使い分けのバランスがまた絶妙で(*・ω・*)


そして、ゲームの雰囲気を盛り上げる決定的な要素、それが音楽(´・ω・`)b

ドラゴンクエストシリーズの音楽はすぎやまこういちさんが作曲したすばらしい音楽で有名ですが、私の場合特にドラゴンクエスト1~4が大好きでして、音楽のアレンジアルバムは必ず購入して飽きるほど聞きまくっていました(´∀`)

もちろん音楽のアレンジアルバムを聞いてる時は、頭の中で数々の冒険を想像しながら聞いていました。文字だけで表示される装備を頭の中で想像してパッケージの勇者が死闘を繰り広げるシーンなどなど・・・原作は静止画のRPGなのでそのあたりはかえって想像しやすかったかもしれないですね(*´ω`*)

そんな過去作品のBGMのオーケストラバーションのアレンジが、このゲームではふんだんに使われており、かつその場面にあうBGMがしっかりとチョイスされているヽ(´ー`)ノ

例えば大量の敵と戦ってる時は原作の戦闘時の音楽、今から冒険に旅立とうとする時は原作のフィールドで移動する時のBGMなど、とにかくオリジナル色を極力おさえ、あくまでも昔のドラゴンクエストシリーズの音楽を使うこだわり。しかも、そのBGMが場面ごとにしっかりとマッチした曲を使っている。

まさに昔アレンジアルバムを聞きながら想像していた戦いそのものと言っても過言ではないのかもしれません(*'-')

旧作で当たり前に倒していたドラゴンと対峙し、その強さと強大さに恐怖しながらも剣をふるって戦う主人公。そして記憶の底から蘇ってくる勇気を奮い立たせるBGM。まじで最高です(*´ω`*)


時間がなかったのであまりストーリーを進めていませんが、ストーリー自体もいかにもドラクエ風な感じがしてワクワク感がかなりありますね(´∀`)

やりこみ要素もありそうで、じっくりと楽しめそうですъ(`ー゜)

オンラインにも対応しているみたいですが、どんな感じで対応しているかは不明(´・ω・`) ただオンラインで情報がもらえるだけなのか、はたまた他のプレイヤーと一緒に冒険できるのか、どちらなんでしょうねぇ(;´∀`)(←説明書読めや!)

世にありふれすぎて正直飽き飽きしていた無双系のゲーム。そんな既存のゲームでも、アレンジ次第でこんなに面白いゲームになるのは正直驚きでした(; ・`д・´)

さらに今回は思い出補正も加わって面白ささらに倍増!これはマジで楽しめるゲームですヽ(´ー`)ノ

再び勇者と共に冒険の世界へ・・・(*´ω`*)




無料なものからジワジワと攻められて強いられるWindowsとパソコンのアップグレードを実感(;´・ω・)

どうも(´・ω・`)ノ

とある事情で新しくヤフーIDを作成したあきです(´・ω・`)

今までひとつのメールアドレスで色々なゲームサイト等に登録してきた訳なんですが、どうもゴチャゴチャしてわかりにくい上に、どこかのサイトからメールアドレスが漏れるとスパムメールがきまくって非常にやっかい(´-∀-`;) でも、どこのサイトに登録したせいでスパムメールが来ているのかわからないので対処のしようがないという困った状態もしばしばおきていたので、思い切って登録サイトごとにメールアドレスを変えて整理することにしました(´・ω・`)b

ヤフーメールならひとつのIDでセーフティーアドレスとして10個(正確には本来のメールアドレスとあわせて11個)のメールアドレスを取得でき、なおかつメールアドレスごとにフォルダに分けてメールを保存できるので非常に便利(´∀`) スパムメールが来て困ったら、セーフティアドレスならいつでもポイ捨てして新しいアドレスを作れますし、1個のメールアドレスをひとつのサイトにしか使わないようにすれば、どこのサイトからメールアドレスが漏れたか一目瞭然ъ(`ー゜)

やっぱり今の時代、個人情報は大事なもの。自分でできる防御作はできる限りやっておくにこしたことはないですからね( ̄ー ̄)b



さて、今日はある無料ゲームで思い知った自分のパソコン環境と今後について書こうかと思います(´・ω・`)b

先日、友達から、『シャドウバース』という基本料金無料のネット対戦ができるカードゲームをプレイしてみないか?と持ちかけられました。

カードゲーム系のゲームはあまりプレイしたことがないものの、比較的話題になっているゲームであり、最近のカードゲームなら色々と楽しませるギミックが仕込まれているだろうと思って、アカウントを作ってプレイしようと思いました(*'-')b

で、調べてみたのですが、基本はスマホ用のゲームらしい。

しかしパソコン版も提供されていて、パソコン版は『艦これ』やアダルト系で有名な会社であるDMMが提供しているとのこと。DMMが提供しているのなら『艦これ』用のアカウントが使えるはずなので新しいアカウントを用意する必要もないし、簡単に始められるヽ(´ー`)ノ

・・・そう思っていました。

が、現実は厳しい・・・結果的に私にそのゲームをプレイすることは不可能でした。

と言うのも、『シャドウバース』をプレイするための私にとっての障害が2つありまして・・・


ひとつは、パソコンのスペックの壁。

推奨とされているパソコンの性能に少したりない。しかしまあ、これは他のゲームで例えると、推奨値よりパソコンの性能が低くてもなんとかプレイできるものが多く、それほど問題にならない要素ではあります。

まあ正直、プレイできなかった要因としてはそれほど高い原因ではありません。

問題は残りの1つ。


ふたつめの原因が、DMMのダウンロード形式のゲームをプレイするための方式の問題(´・ω・`)b

『艦これ』などのブラウザゲームは推奨されているブラウザがあれば問題なくプレイできるのですが、クライアントプログラムをダウンロードしてプレイしなければならないタイプのゲームは、『DMMプレイヤー』という独自のツールを起動して使わないとプレイはおろかダウンロードさえできないようになっています。

この『DMMプレイヤー』がくせもので、旧Windowsにはまったく対応しておらず、基本的に対応しているWindowsがWindows7以降のバージョン。つまりマイクロソフトがサポートを打ち切ったWindowsにはまったく対応していない訳です。

試しにWindowsXPで『DMMプレイヤー』を使ってみたのですが、インストールはできるものの、ダブルクリックして起動しても何も起こらず・・・。タスクマネージャーを見ると、確かにDMMプレイヤーが動作しているのですが画面には何もでてきません。調べてみると、WindowXPではまったく動作不能とのことで・・・ついに無料ゲームさえできない状況になったのかとちょっとがっくり(´・ω・`)

ポータルサイトのニュースや配信をやる意外はあまりネットを使うこともなく、あまりハイスペックを要求するアプリケーションを使うことも基本ないので、今の環境で十分満足している私、基本WindowsXPをメンテナンスしながら使っています。Windows7が動作しない性能ではありませんが、おそらくギリギリ動作するであろう性能である上に、現在使っているソフトで、動作しないアプリケーションも存在する可能性があるので、なかなかWindows7の環境に移行する気がおきません(´・ω・`;

何より今の環境で満足しているというのが最大の理由なんですが(´-∀-`;)

昔から思っていたのですが、Windowsを開発・発売しているマイクロソフトの手法はなかなか巧妙なんですよねぇ・・・。WindowsをはじめとするOS(オペーレティングシステム)は、あくまで自分の目的のために使うアプリケーション(ゲームも含む)を動かすための下地でしかありません。なので、今使っているアプリケーションソフトに満足しているならWindowsをバージョンアップする必要も無い訳なんですが・・・

でも結局マイクロソフトって、まずWindowsの機能を拡張する無料ソフトを提供することから攻めてきて、世間の様子をみつつジワジワと無料で提供しているソフトを旧Windowsでは使えないようにしていき、最後は結局ハードウェアごと新しいWindowsを買わざるおえない状況にユーザーを追い込んで行くんですよねぇ・・・Windowsなんて単体では何もできない存在で、アプリーケーションソフトのベースになるだけの存在なのに(´・ω・`;

個人的に思うところのマイクロソフトの『絡み攻め』・・・まわりからジワジワと攻めてきて最後はWindowsを買い替えしなければならない状況にさせるある意味匠の技ですな(´-∀-`;)

まあ、さすがにパソコン人気が下火になってきた今となっては従来の方式で新しいバージョンのWindowsのシェアを広げることができず、ちょっとした詐欺まがいの強引なWindows10へのアップグレードを実施してしまい、しばらく世間を騒がしましたよねw

正直なところ、基本料金を無料にして後でアイテムを買わせるタイプのネットゲームは、1人でもプレイヤーがほしいはずなので最低でもWindowsXPに対応させていると思っていたのですが・・・

今回、『シャドウバース』をきっかけに、「ついに無料ゲームを提供する企業まで旧Windowsを切り捨てたのか(; ・`д・´)」と少しびっくりしたのですが、さすがにゲームやフリーソフトを使うために新たにパソコンを買う・・・という気はおきません(´・ω・`; 昔なら、「旧Windowsはサポートしませんよ」という意思表示がしてあるだけで、実際は旧Windowsでも動作する場合が多かったんですけどねぇ・・・時代かなぁ(´・ω・`)

まあ、さすがにどうしても仕事で使わなければならない新しいWindowsにしか対応していない市販ソフトがある場合は新しいパソコンの購入も考えますが、ゲームやエロ動画(←おw)のために今の環境を新しいものする気がおきません(´-∀-`;)


ゲームなら積みゲーが大量にありますしね(;´∀`)


と言う訳で、カードゲームができなった悔しさもこめて、積みゲーからカードゲームをちょっと探してきました( ̄ー ̄)b


1本目(`・ω・´)b

20161025-01.jpg

プレイステーション1用ゲーム、『遊戯王 真デュエルモンスターズ 封印されし記憶』

ご存知人気漫画の『遊戯王』を題材にしたゲームで、シナリオはオリジナルですが、しっかりと原作に登場するカードも多数登場する原作ファンにはたまらないゲーム(´∀`)

昔のゲームなので演出的にイマイチなところもありますが、そこはカードが中心のゲーム、結構遊べます( ̄ー ̄)b

実際の戦闘では使われないものの、カードのモンスターが3D表示で閲覧できるところも魅力ですねw


んで2本目・・・実は2本目以降はまったくプレイしたことがないので紹介のみで(´・ω・`;

20161025-02.jpg

プレイステーション2用ゲーム、『遊戯王 デュエルモンスターズGX タッグフォースエヴォリューション』

これも『遊戯王』関連のゲームらしいのですが・・・キャラクターに全然見覚えがないなぁ(;´・ω・)

一応カードゲームらしく、2800枚のカードが登場するそうで、ボリューム的にはものすごいものがあるかと・・・

後でちょっと試しにプレイしてみるかな(´・ω・`)(←なんで買ったw)


んで最後3本目。

20161025-03.jpg

プレイステーション1用ゲーム、『モンスターファーム バトルカード』

有名タイトル『モンスターファーム』のゲームのようですが・・・カードゲームのモンスターファームなんてあったんだね(´・ω・`)(←おいw)

と言うか、まるで買った記憶がない(; ・`д・´)

まとめ買いした中にはいってたものだと思うのですが、モンスターファームシリーズということは、おそらく色々なCDからカードが作れる感じなのでしょうねぇ。

それはそれで楽しそうではありますなw CDならゲーム用CDでもOKなはずなので、千枚以上ありますしね(;´∀`)


他にも『カルドセプト』や『ソウルマスター』などのスゴロク系のカードゲームもありましたが、まったくプレイしたことがないしキリがないのではしょります(´・ω・`;


まあ・・・とりあえず遊ぶゲームにはそれほど困らない私ではありますが・・・いずれパソコンは買い換えないといけないでしょうねぇ・・・

ただ、昔のように、「このパソコンを買ったらこのゲームができる!だから絶対買うんだ!」という購買意欲がまるでわかないんですよね(;´・ω・)

ゲームが世に溢れすぎ、高性能のゲーム機が存在する今、パソコンをわざわざゲーム用に買う必要もあまりなくなってしまった訳で・・・本当に時代がかわったなと実感しますねぇ。

ゲーム業界もパソコン業界も旬がすぎてしまい寂しい状況になっていますが、このままスマホがあれば何もいらないという時代になるのか、それともパソコンがまた復権する時代がくるのか・・・ゆっくりと状況を見守っていきたいところですな( ̄ー ̄)b





期待していた内容とあまりに違うびっくりゲーム(;´・ω・)

どうも(´・ω・`)ノ
あまりにゲームをやりすぎて、右手の中指がかなり痛いあきです(´・ω・`)

「は?親指じゃなくて中指?」と思われるかもしれませんね。普通はボタンや十時キーを操作する親指がダメージをくらうはずなんですが、すでに親指は過酷なゲームプレイに耐えられるように皮が硬くなってますw

なぜ中指かというと・・・スーパーファミコン系のLRボタンがあるコントローラーを持ってみてください。どうですか?自然と親指と中指でコントローラーを固定する持ち方になってませんか?ゲームに熱中すると、どうしても指に力がはいってしまうので、いつのまにか中指の間接を痛めてたんですよねぇ・・・(´・ω・`) ふ~む、困った(;´∀`)



最近、ゲーム実況配信に力を入れ始めた私ですが、その影響で色々なゲームを試してみることが多くなりました(´・ω・`)b

押入れや倉庫、カラーボックスなどに収納してホコリをかぶっている状態のゲームが多い中、少しでも新しい(と言うか積んでて未プレイ)のゲームをプレイしようと言う気がわくのは非常に良いこと。私にとって、ゲーム実況配信は、ゲームをプレイしていくための良い刺激になるのかもしれませんねъ(`ー゜)

正直配信で盛り上がるタイプのゲームは、スーパーマリオなどのジャンプアクションゲーム系なんですが、そこそこの話術があれば、じっくりやるタイプのRPGやシミュレーションゲームでも結構配信でも盛り上がることがあります。

なので、今回はあまりジャンルを絞らずに試してみたゲーム2本のことを少し語ろうと思います(*'-')

まず1本目。

20161020-01.jpg

プレイステーション1用ゲーム、『聖少女艦隊バージンフリート』

一見すると単なるギャルゲーなんですが、発売元はゲーム業界大手のコナミ、そして開発は『サクラ大戦』で名を馳せたレッドカンパニー。この大手2社がタッグを組んで出したゲームとなると期待せずにはいられません(*'-')

さらにタイトルから察するに、艦隊戦がメインのサクラ大戦風のゲームかとさらに期待が膨らみます(艸-_・*)

『サクラ大戦』はお気に入りのゲームだったので、このゲームも「いつか気合入れてやろう!」と楽しみにしていたのですが・・・

とりあえず、ケース裏の説明書きを見てみると、「結婚しません勝つまでは!」の文字w

少女だけが持つ『バージンエネルギー』によって前大戦でからくも勝利した日本軍のお話だそうで、雰囲気的にも少女が戦火の中心にいる点でも名作『サクラ大戦』を彷彿とさせます。

実際、ゲームの雰囲気は製作会社が同じだけあって、『サクラ大戦』っぽいものがありました。

が・・・

進めていくと、どうやら思っていた内容とはかけ離れた内容であることが判明することに(´・ω・`;

まず、このゲーム、艦隊戦とは無縁のゲームでありまして、あくまで前大戦で活躍した少女達が『バージンフリート』という艦を操る人物であっただけで、このゲームで活躍するのは『バージンフリート』で活躍した人物のような強力な戦闘力を持つ少女達を養成する学校の生徒の物語でして、陸上で、しかも生身で戦闘をすることがメインのゲームのようです(´・ω・`;

まじかよ・・・『艦これ』好きだったから艦隊戦期待してたのに・・・orz

さらに、追い討ちをかけるように判明するがっくりする事実。

長い長い前ふりの後、やっと戦闘モードに突入。

「さてさて、どんな戦闘モードなのかな?レッドカンパニーとコナミだから期待はできると思うけど・・・」

と思いながらやってみると・・・

なんとも陳腐な3Dポリゴンキャラが貧弱なモーションで動き回るという、一見するとクソゲー的な臭いがする戦闘でした(´・ω・`;

「ま、まじか・・・この戦闘を繰り返していくゲームなの?これって。これは・・・あかん・・・」

『サクラ大戦』とはあまりに違うゲームの完成度に愕然としつつ、静かにCDをイジェクトして片付ける私(;´∀`)

う~む、ネタゲーとしてはいいかもだけど、このゲームをクリアまで持っていくには結構忍耐がいるかもだなぁ・・・

ミニゲームが用意されて楽しませようとする雰囲気はあるんだけど、なんとも空回り感が(´・ω・`)

とりあえず、まずこのゲーム、タイトルのつけ方に多いに問題あり(*`益´*) 艦隊戦が中心じゃないのならタイトルに『艦隊』やら『フリート』入れんなやU>ω<)ノ 例えれば『機動戦士ガンダム』のタイトルのソフトなのに、内容は連邦軍の兵士を操って生身の白兵戦をやるだけのゲームのようなもの・・・これはあかんでしょう(;´・ω・)

期待していただけに、結構がっくりきたゲームでありました(´・ω・`)


そして2本目。

20161020-02.jpg

プレイステーション1用ゲーム、『どすこい伝説』

タイトルどおり相撲を題材にしたゲーム。相撲は日本ではメジャーなスポーツでありながら、なかなかゲーム化されないスポーツで、めずらしいの買っていた物です。

ファミコンの『つっぱり大相撲』をプレイステーションにアレンジしたようなゲームかなと思ってこちらも期待していたのですが・・・

いざプレイしてみると、まさかのシミュレーションゲームΣ(゜Д゜)

どうやら相撲部屋を経営して力士を育てていくゲームのようで、ファミコンゲームのようなアクション性はない模様(´・ω・`;

まあ、よく考えたら『つっぱり大相撲』とは会社も違うし、ケイエスエスというほぼ無名な会社のゲームなので、期待しすぎるほうが無謀だったのかなと(゜ー゜;)

ゲーム内容としては、ある一定金額が用意されているので、その金額内で相撲部屋を経営し、新弟子を取って力士を育て勝ち抜かせていく感じですね。色々なパラーメータを持つ新弟子が玄関から弟子入り志願してくるのはそこそこ楽しいですw

ただ実は私、育成ゲーム系が苦手でして・・・(・_・;)

このコマンドを実行するとこのパラメータが上がる、さぼると下がる、もしくはコマンドを実行すると上がるパラメータと下がるパラメータがある。こういうタイプのゲームは、旧世代のパソコンゲーム『プリンセスメーカー』をやって疲れ果てた経験があるので、どうもトラウマで(´・ω・`;

なので育成系のゲームは、競馬ゲーム意外はあまり手をださないでいたんですよね(゜ー゜;)

とは言え、直接力士を操作するゲームではなく、育成が中心のゲームではあるものの、相撲という珍しいジャンルと相撲部屋の経営と力士の育成というこれまたユニークな内容のゲームなので、やりこんでみたら意外に楽しいゲームなのかもしれませんね。

少ししかやっていないので、試合まではいきませんでしたが、自分が育てた力士が横綱になったら喜びもひとしお・・・のはずですw 大量の賞金も入ってくるはずなので(艸-_・*)

少年ジャンプで相撲の漫画が連載されていますが、相撲に興味がでたけどアクションが苦手という人はやってみる価値ありかも(´∀`)

思っていた内容とは違うゲームでしたが、こちらはそこそこ面白いかも・・・という可能性は感じました(*'-')b


とりあえず試してみたゲームはこの2本なのですが、なかなか思っているような内容のゲームとめぐり合うのは難しいと今さらながら感じましたねぇ(´・ω・`;

まあ、まだまだ積みゲーはあるので、どんどん試していきたいとは思ってますが、「これは!?」と光るものを感じることができるゲームにめぐりあえるのでしょうか・・・それとも永遠の積みゲーとなっていくのでしょうか?微妙に不安を感じる私でありました(´-∀-`;)

まあ、『バージンフリート』のほうはネタでゲーム実況配信で使っても良いかもと思いましたが・・・あのゲームって登場人物がほぼ女性なんですよねぇ・・・。ゲーム実況時になるべくキャラクターのセリフに私の声をあてるようにしているのですが、少女の声を私が演じるとかなり気持ち悪い配信になるかもヽ(・ー・;)ノ

う~む、これはいかんw

ちょっとだけボイスチェンジャーがほしくなった私でありました゚+。(〃ノωノ)。+゚





プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ
にほんブログ村



家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ