スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとの演出で面白くなる既存のゲーム。思い出補正も加わって面白さ爆発(`・ω・´)b

どうも(´・ω・`)ノ

ここ2週間ほどプレイステーション3にさわっていなかったあきです(´・ω・`) ゲーム実況放送ではレトロゲーム系をやることが多いのですが、不思議と古いゲームに触れることが多くなると、最近のゲームにはあまりさわらなくなるんですよねぇ(;´・ω・)

でも、今日お話するゲームのおかげでプレイステーション3をまた使いまくることになる・・・かもしれません(艸-_・*)



そのゲームというのが、ファミコン時代からある某有名タイトルのプレイステーション3版(´・ω・`)b

プレイステーション3版とは言っても、ファミコンのそれとはゲーム性がまったく違うので、あくまでも世界観とキャラクターを受けついただけのものなんですが・・・

プレイステーション3以降のゲームは、どうもある方向にベクトルが向いているのような気がして、正直どれもワンパターンに思えるんですよねぇ(´・ω・`;

例えば、多くの外国のゲームで遭遇のするのがFPSタイプのシューティングゲーム。TPSタイプも見かけますが、買ってみて「またこのタイプのゲームか・・・」とがっくりくることも(;´∀`) 面白いことは面白いんですが、さすがに飽きてきますわ・・・

かと言って、剣などを使って敵をなぎ倒すゲームは、これまたどれもこれも無双タイプ(´-∀-`;) プレイステーション3以降になって使えるポリゴン数が上がり、CPUの性能が向上したおかげで大量のキャラクターを表示できるようになったせいもあるのかもしれませんが、これまた「またか!」と思うような大量の敵がでてきて、それをバッタバッタと切り倒しながら進んでいく無双タイプが多いこと・・・(・_・;)

正直FPSタイプと無双タイプで全体の7割くらい占めてるんじゃないか?と体感してしまうほどあふれているような気がします(・_・;)

とは言え、ゲーム業界に限らずその時代の流行に合わせて物を生産するのはしかたのないことでして、ファミコン時代にスーパマリオブラザーズが流行ったらマリオタイプのスクロールジャンプゲームが溢れ、ゼビウスが流行ったら縦スクロールタイプのシューティングゲームが溢れる。商売としてゲームを作っているので、より利益がでる可能性がある物を作っていくのは当然の行為ではあります。

が・・・

さすがに同じタイプのゲームが溢れるとちょいと食傷ぎみ( ´Д`)=3

最近レトロゲームばかりやっている影響もあって一段とプレイステーション3に触っていなかったのですが・・・


これではいかん(´・ω・`)


前にも書きましたが、私のプレイステーション3は部品取り用のジャンク品として買ってきたものがたまたま正常に動作したもの。しかも2代目プレイステーション3なので、いつYLODが発生して壊れてもおかしくない訳です。

なので壊れる前になるべく多くのゲームをやっておきたい。

そして最近薄々思っている、「ゲームって・・・きついな・・・」という負の感情を払拭して、「ゲームってやっぱ楽しい!」と思う心を強烈に復活させたい(`・ω・´)b

そう思って買ってきたのが今日のゲームです。

それがこちら。

20161031-01.jpg

プレイステーション3用ゲーム、『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』

ファミコンから続く国民的大人気タイトルである『ドラゴンクエスト』の名を冠するゲーム(´・ω・`)b

どんな内容のゲームか、実はよくわかりませんでしたが、ドラゴンクエストのタイトルを引き継いでいるゲームならきっと完成度はそこそこのものにしているはず!

そう信じて買ってきました( ̄ー ̄)

あわよくば、ファミコン時代に夢中になってプレイしたあの感覚が蘇れば・・・という思いもありましたので(;´∀`)


とりあえず家に帰ってプレイ。

事前のインストールもいらない親切設計で速攻プレイ可能に(´∀`) これはありがたい。正直アップデートのダウンロードとデータインストールに長時間かかるゲームはとても萎えるんですわ・・・(;´Д`)

ただ、こっそりとハードディスクにデータを移している節があって、どうやらゲームをやっていると次第に快適になるような設計のようです。確かバイオハザード6も同じような作りになっていたような気がしますね(´ー`)

ただ、起動直後気になった点が・・・

スクウェアエニックスのゲームなんですが、なぜかコーエーテクモゲームズのロゴがでてくる・・・しかもその後に無双シリーズの製作チーム(なのかな?)の『ω-Force』のロゴが・・・

かなり嫌な予感がしてきます・・・(;´・ω・)

まさか・・・まさかとは思うがこれも無双タイプのゲームなのかと・・・


心配しつつもとりあえずゲーム開始、プロローグを見ていよいよ操作可能に。

すると・・・

やはり操作はまるっきり三国無双(;´・ω・)

チュートリアルが終わり、本格的に敵と戦うシーンになると、まさにいつもどおりの三国無双でした。・゚・(ノД`)・゚・。 敵がワラワラとでてきて作業的になぎ倒していくのみです(´_`。)

「また無双タイプのゲームなのかよ!」

そう自分の中で毒つきましたが、プレイしていくとなぜか心地良くプレイしている自分がいる(; ・`д・´)

「なぜだ?なんで今更無双タイプのゲームにこれほど面白さを感じるんだろう?」

落ち着いて考えてみましたが、昔からのドラクエファンを楽しませるために色々な演出がなされているんですよね(´・ω・`)b


見てすぐにわかるのは、絵とキャラクターの雰囲気。これは鳥山明さんがデザインしたキャラクターを使っているので当然と言えば当然なのですが、3D化されても昔の雰囲気をしっかりと残している所がすごい。

モンスターはファミコン時代は静止画、しかしこのゲームは当然3D化されてグリグリ動くのですが、その動きや表情に矛盾がないというか、しっかりと想像していたとおりの動きをしてくれる。

これはうれしいところです(´∀`)


そして、メニューなどの表示のこだわり(´・ω・`)b

昔のドラゴンクエストのメニューのレイアウトや雰囲気をしっかりと継承しており、それだけでも昔のドラゴンクエストを連想させるのですが、さらに私をうならせた部分が、あえて漢字を極力を使わずひらがなでメニューを表示している所( ̄ー ̄)b

今のプレイステーション3なら当たり前に漢字も使えますが、当時はカートリッジのメモリーは少なく、漢字などを入れる余裕はなかったので、ひらがなを使ってメニューなどを表示していましたが、この『ドラゴンクエストヒーローズ』はそんな制限があってしかたなく漢字が使えなかった時代を見事に再現(´∀`)

ちょっとのことなんですが、それでもこれは昔からのファンにはぐっとくる演出ですわ゚+。(*゚Д゚*)。+゚

まあさすがにひらがなばかりでは読みにくいので、会話などの部分には漢字はしっかり使われていますが、そのあたりの文字の使い分けのバランスがまた絶妙で(*・ω・*)


そして、ゲームの雰囲気を盛り上げる決定的な要素、それが音楽(´・ω・`)b

ドラゴンクエストシリーズの音楽はすぎやまこういちさんが作曲したすばらしい音楽で有名ですが、私の場合特にドラゴンクエスト1~4が大好きでして、音楽のアレンジアルバムは必ず購入して飽きるほど聞きまくっていました(´∀`)

もちろん音楽のアレンジアルバムを聞いてる時は、頭の中で数々の冒険を想像しながら聞いていました。文字だけで表示される装備を頭の中で想像してパッケージの勇者が死闘を繰り広げるシーンなどなど・・・原作は静止画のRPGなのでそのあたりはかえって想像しやすかったかもしれないですね(*´ω`*)

そんな過去作品のBGMのオーケストラバーションのアレンジが、このゲームではふんだんに使われており、かつその場面にあうBGMがしっかりとチョイスされているヽ(´ー`)ノ

例えば大量の敵と戦ってる時は原作の戦闘時の音楽、今から冒険に旅立とうとする時は原作のフィールドで移動する時のBGMなど、とにかくオリジナル色を極力おさえ、あくまでも昔のドラゴンクエストシリーズの音楽を使うこだわり。しかも、そのBGMが場面ごとにしっかりとマッチした曲を使っている。

まさに昔アレンジアルバムを聞きながら想像していた戦いそのものと言っても過言ではないのかもしれません(*'-')

旧作で当たり前に倒していたドラゴンと対峙し、その強さと強大さに恐怖しながらも剣をふるって戦う主人公。そして記憶の底から蘇ってくる勇気を奮い立たせるBGM。まじで最高です(*´ω`*)


時間がなかったのであまりストーリーを進めていませんが、ストーリー自体もいかにもドラクエ風な感じがしてワクワク感がかなりありますね(´∀`)

やりこみ要素もありそうで、じっくりと楽しめそうですъ(`ー゜)

オンラインにも対応しているみたいですが、どんな感じで対応しているかは不明(´・ω・`) ただオンラインで情報がもらえるだけなのか、はたまた他のプレイヤーと一緒に冒険できるのか、どちらなんでしょうねぇ(;´∀`)(←説明書読めや!)

世にありふれすぎて正直飽き飽きしていた無双系のゲーム。そんな既存のゲームでも、アレンジ次第でこんなに面白いゲームになるのは正直驚きでした(; ・`д・´)

さらに今回は思い出補正も加わって面白ささらに倍増!これはマジで楽しめるゲームですヽ(´ー`)ノ

再び勇者と共に冒険の世界へ・・・(*´ω`*)




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。