そろそろゲーム買うのを控えなさいと言う神様からの警告か?運が悪い日(;´・ω・)

どうも(´・ω・`)ノ

あまりに寒すぎて茶の間のファンヒーターを自分の部屋に持ってきたあきです((´д`)) ブルブル…

普段は厚着してひざ掛けしている程度なんですけどねぇ・・・さすがに今日は寒すぎる(´・ω・`; 寒すぎるとDVDドライブのトレイがでてこなかったり、パソコンの冷却ファンが異常な音を出す時があって困るんですよね。持ってきたファンヒーターは昼過ぎには元の場所に戻さないといけないし、かと言ってファンヒーターを買うとなるとお金と置き場所が・・・

う~む、冬はムカデが部屋にでてこないから良いと思ってたけど、この寒さはやっぱりやばいわ(;´・ω・)


さて、今回のお話は、またまたゲームのお話です(´・ω・`)b

前の記事で少し書きましたが、『アサシンクリード1』をプレイしてみて、その世界観にすっかり魅了された私。続けて『アサシンクリード2』をプレイしようと思ったのですが、よくよく調べてみると、2の主人公であるアサシンの『エツィオ・アルディトーレ』の話は、3部作になっているらしく、偶然買っていた『アサシンクリード ブラザーフッド』が2作目、そしてゲーム屋で見かけていた『アサシンクリード リベレーション』が3作目らしい。

そうなると3部作の3作目だけ持っていないことになりちょっと寂しい(;´∀`) やはりお気に入りのゲームは、気分が乗っている時は連続してクリアしたいものですからね( ̄ー ̄)b

そんなこともありまして、この前色々なゲームを買ったにもかかわらず、『アサシンクリード リベレーション』目的でまたまた中古ゲーム屋さんに足を運ぶことに(艸-_・*)

ついでと言ってはなんですが・・・

オープンワールドという広大な箱庭世界に圧倒された私、他にもオープンワールド系のゲームを探していたのですが、よく行く中古ゲーム屋さんでよく見かけていたタイトルを発見。たしか値段もそれほど高くなかったような・・・

と言うことで、そのゲームもついでに買うことにしました(*´∀`) ちょっと早い自分へのクリスマスプレゼントです(←おい)


速攻で終わるであろうと思っていた買い物・・・

まさかその買い物であれほど苦労することになるとは、その時は夢にも思っていませんでした(・_・;)


色々な用事を済ませてゲーム屋さんに到着。商品棚を探していると目的のゲーム3本がちゃんとありました(´∀`)

値段的には合計で2,500円程度。税込みでも3,000円はしない買い物です。

以前ほしいと思っていた『グランド・セフト・オート5』ですが、色々調べてみた所、プレイステーション3版は個体によってはインストールさえ正常に終了しないほど不安定らしく、ちょっと・・・いやだいぶ買うのを躊躇してしまう感じでして(・_・;)

評価も一部では、『グランド・セフト・オート4』のほうが良かったという意見もあってしばらく買うのを控えることに。代表的なオープンワールドゲームですが、動作が不安定なゲームを買うと悩みが増えるだけなので(´・ω・`;

そんな慎重派の私、今回買う予定の、『アサシンクリード リベレーション』とその他2本のゲームは、動作が不安定であるという噂も聞かない上に、その商品を販売している中古ゲーム屋さんのゲームの品質が良く、汚れやキズなどがディスクにほとんどないということで安心して購入しました。

まあ、それでも購入後は車の中で念のためゲームディスクをチェックするのですが、かなりの本数をその店舗から購入していますが、今まで不満があるほどの状態が悪いゲームディスクはありませんでした。

が・・・

今回大本命だった、『アサシンクリード リベレーション』を見てみたところ、ディスクの端っこから中心まで長いキズがはいっている(・_・;)

「割れてる?それともすりキズ?」と思うほどのキズだったので、さあ返品しようかどうしようかと迷いに迷うことに(;´Д`) そのゲームは1本しか在庫がなかったので代えはないとこことでしたが、プレイステーション3のディスクであるブルーレイディスクは、ハードコートなる加工がしてあるらしく、PS2などでは定番のキズ消しである研磨ができない。

一応一週間以内に持ってきてもらえば交換できますという、どこの中古品屋さんでも採用している返品基準を言われたのですが・・・

この『アサシンクリード リベレーション』は、2の主人公である『エツィオ』の晩年期を描いた作品らしく、順番でやっていくと本当は最後にプレイすべき作品。それをゲームのチェックのために、いの一番でクリアしなければならない・・・しかもゲームが最後まで動作するかドキドキしながらプレイしなければならない・・・いやいや、そんなあほらしいことできませんわ(;´Д`)

結局返品することにしました(;´Д`) 今日の本命だったので惜しかったですが・・・

でも、どうしても諦めきれずに、違う店舗の中古ゲーム屋さんに言ってみたところ、同じゲームが400円高い値段で販売されていました。

「う~む・・・向こうのゲーム屋さんは安いけどキズ入りしかなくて在庫ないからしかたないかなぁ・・・」ということで、こっちの店舗で購入することにしました(´・ω・`)

20161217-01.jpg

今回は買う時にキズをチェックさせてもらったので、おそらく大丈夫かなと・・・

「はぁ・・・、まあこれで落ち着いてお昼ご飯食べにいけるわ・・・」と思いつつ、心配になって最初の店舗で買った残りの2本もしっかり調べてみると・・・

なんと、その中の1本のゲームディスクの中心が割れていてビビが多数Σ(゜Д゜)

これは駄目!絶対駄目です!( ゚д゚ )クワッ!!

ヒビはまだデータ部に達していないので、おそらく起動するしゲームもプレイすることができるでしょう。あまりこだわらない人は放置してしまうヒビかもしれません。

しかし!

この中心に入っているビビ、これっていったん入ってしまうと、少しずつ少しずつ進行し、最後にはデータが記録していある面まで到達して結果使えなくなってしまいます。

ディスク中心の小さなビビ割れがなぜそんなことになるのか?

CD、DVD、ブルーレイなどのディスクは、基本的に中心の穴付近にテンションがかかる構造になっています。ケースに収納する時も「バチ」ってはめ込みますが、その時も圧力がかかりますよね?そしてゲーム機本体にディスクをはめ込む時も同様。さらに実際ゲームを始めてディスクが回転するとき、当然ながら中心軸には圧力がかかります。そうなると、少しずつではありますが、必ずと言って良いほど、ディスクの中心の穴の部分にはいったヒビは深く大きくなっていきます。

そして最後にはデータ部に到達してしまい、完全にアウト・・・という訳です。

なので、ディスク中心にあるヒビは小さなものでも駄目なんです(´・ω・`)b みなさんも中古のゲームを買う時はよ~くディスクの中心にヒビがないかチェックすることをお薦めします。

と言う訳で、またまた最初のゲーム屋さんに交換しにいかなければなりません(;´Д`)

基本的にクレーム言うの嫌いなんで、いきなくないんですが・・・こればっかりはしかたがない(;´・ω・)

再び最初の店舗まで車を走らせてゲームの状態を見せ交換してもらいました。

が・・・

正直交換してもらったゲームディスクの中心も状態がかなり悪い(;´Д`) ヒビ割れこそなかったものの、中心のプラスチックがささくれだち、一部がはがれ落ちている・・・

つかなんで?(´・ω・`) 新型プレイステーション3のブルーレイドライブのディスクをはめ込む部分ってそんなに硬いの?それとも元の使ってた人が乱暴に使ってただけ?

さすがにもうクレームを言う気にもならず、「なるようになれ」的な気持ちで帰りました・・・orz


で、本命の『アサシンクリード リベレーション』を買う時に同時に買ったそのオープンワールド系ゲームがこれ。

20161217-02.jpg

『インファマス 悪名高き男』

舞台となる広大な街がオープンワールドで構成されているらしく、その街で主人公の活躍を描いた作品。

主人公は、とある事故で特殊能力を身に着けてしまった人間。電気の力で敵を倒し、超人的な身体能力を身につけており、物語が進むにつれてその能力を開花させていく(らしい・・・)

いわゆるアメコミ系のゲームらしいです。

テストのためにちょっとやってみたのですが・・・

確かにオープンワールドゲームなんですが、ただただ街が広いだけで、生活感が感じられないような・・・(・_・;) 『グランド・セフト・オート』や『アサシンクリード』などのオープンワールドゲームは、広大な街の中で一般人が生き生きと目的を持って生活をしているかのような動きをしており、その中で自分の目的を果たしていくのが楽しいところなんですが、どうもこのゲームの主人公以外のキャラクターには自分の意思のようなものを感じることができない(・_・;)

物語の背景が背景なんで、落ち着いて生活している市民というのもおかしな話なんですが、ただただ逃げ惑うだけの住民とただ広いだけのオープンワールドとして作られた都市・・・う~む、なんか思ってのと違うぞ(;´・ω・)

やり込めば印象も変わってくるのかもしれませんが。

念のため2も買ってんだよなぁ・・・

20161217-03.jpg

なんとしても楽しさを発見しなければ・・・orz

ただ、ネットの評価を見てみると、以外と高評価なので、きっとやり込んでいくうちにハマれる要素がでてきてくれると信じております(;´∀`)


そして疲れ果てて本命の『アサシンクリード リベレーション』をテストプレイ。

しかし起動するといきなりでてきた気になる症状(;´Д`)

起動すると「このゲームは自動的にセーブします。このマークが出ている時は電源を切らないでください」のようなメッセージがでてくるのですが、チラチラとでてくるノイズかバグか故障かわからないような画面の異常(;´・ω・)

『アサシンクリード』シリーズは、その物語の背景上、ノイズのようなものをわざと入れる演出があるのですが、「こんな物語とまったく関係ない注意喚起のような場面でノイズだす?」と思って少し不安に(;´Д`)

そして発売元のUBIソフトウェアのロゴマークが表示されるアニメーションで、もはや演出かどうかもわからないくらいひどいノイズ。演出でチラチラどころのノイズではなく、自社のロゴさえまともに表示されないほどのものすごいノイズで・・・(・_・;) さらに、オープニングや他のさまざまなところにでる、演出とは思えないほど激しいノイズ・・・

「これって・・・ぶっ壊れてんじゃないか・・・?」と思ってネットで色々調べていた所、どうやらあまりに激しいノイズ演出で疑問に思った人が多いらしく、発売元のUBIのサポートページに、ロゴマークをはじめ色々なところで発生するノイズは演出であり異常ではないという旨のサポート情報がわざわざ書いてありました(´・ω・`;

あのなぁ・・・プレイステーション3ってあほみたいに壊れやすいゲーム機なのよ・・・『アサシンクリード1』みたいに、チラチラ程度のノイズなら演出とわかるけど、今回のノイズ演出はあきらかにやりすぎ。ゲーム機かディスクに異常があると思われてもしかたないところです(;´Д`) 本当にあせりましたわ・・・orz


ゲームディスク自体の不具合と、ゲームの期待はずれ感、それに加えて本命のゲームの「故障か?」と思えるほどのノイズ演出・・・

もうね・・・まじで疲れました・・・orz

本当に今回だけは精神的に疲れた(;´Д`) もうしばらくゲームは買いません・・・というか買いたくありません(;´ρ`)

子供の時と違って、経済力がある大人になると、自分で欲望を制御しないとどこまでもつきすすむことになりますが、子供なら親や兄弟から怒られて踏みとどまりますが、大人になると注意する人間もおらずどんどんわが道を進んでしまいます。

今回これだけ精神的に嫌になることが一度に来たということは、神様が「お前最近ゲーム頻繁に買いすぎじゃね?そろそろやめろ?な?」と諭してくれているんじゃないかと思ってしまいました(;´∀`)

確かにプレイステーション3のゲームは、1本に膨大なゲームデータとそれに伴う物語がつまっているので、クリアするまでにかなりの時間がかかるゲームが多い。正常に動作するプレイステーション3を偶然手に入れて以来、ゲームを買いまくって気がつけば数十本買っていましたが、ぶっちゃけこれって1年かかってもクリアできる量じゃないよな(・_・;)

このあたりで踏みとどまって、消化にはいるべきだと今回思いました(;´∀`)

そう考えると嫌な思いをしたことも無駄ではなかったのかなぁ・・・


そいういえば、この日についでに買ったUSBメモリも、同じ製品と比べると転送速度が異様に遅い物だったんですよねぇ・・・(・_・;) 必要と言う訳ではなく、ついでにという感じで買ったのですが、これも「余計な物や不要な物を買うな!」という戒めなのかなぁ(´・ω・`;

これから年末にかけて節約生活をつつましくやっていきたいと思う今日この頃です(´_ゝ`)b




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ
にほんブログ村



家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ