スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいぶ昔に買った大好きだったシリーズのゲームをクリアъ(`ー゜) しかし・・・(・_・;)

どうも(´・ω・`)ノ

リアルの事情がえらく複雑なことになって少し凹みぎみのあきです(´・ω・`)

車検やら保険やら病院やらの手続きで1月は忙しいんですが、ただでさえ必須な車、車検に出すタイミングが非常に難しい(・_・;) なので、「XX日までにこれをすませて、XX日にこれをやり、その次の週で車検に出す」と計画していたのですが、いざその週になってみたら、両親の突然の病気での通院や自分自身の突然の痛みを伴う病気やらで車が必須の状態に(;´ρ`)

う~む、車検満了まであと少ししかないんだが・・・どうしようか思案中な私なのでありました(;´・ω・)

車検が終わっても、確定申告書作成やらサーバーの再契約やら色々あるんだよなぁ(;´ρ`) 人間って忙しい(゜ー゜;)



さて、またまたゲームを1本クリアしましたъ(`ー゜)

そのゲームは、かなり昔に購入した人気シリーズ物で、スーパーファミコンで発売されていた時代から大好きだったシリーズ(*・ω・*)

数々の作品から魅力的なキャラクターとロポットが夢の競演をするゲーム・・・

と言えばピンッ!とくるかたも多いのではないでしょうか?

そうこのゲームです(´・ω・`)b

20170125-01.jpg

プレイステーション3用ゲーム、『第2次スーパーロボット大戦OG』です。

YLODを発症してたプレイステーション3を所持していた時に買ったものなんですが、やはりYLODで突然ゲームができなくなるのが怖い((p(>o<)q))

「電源が切れるんじゃないか・・・」とドキドキしながらシミュレーションゲーム系をやるのは本当に精神的に良くないことだったので、買ったは良いものの実際プレイするには至らず・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

ゲームの起動確認をした時に見た、戦闘シーンのデモを見て、その大迫力の演出にただただ感動するのみでした(´・ω・`)


今回、今の所正常なプレイステーション3があるので、思い切ってやってみることに(*・ω・*)


ちなみにこのシリーズ、スーパーファミコンの『スーパーロボット大戦EX』をプレイしたのが初プレイでして、主役はオリジナルの『魔装機神』だったものの、多くのなつかしいアニメのロボット達が登場して活躍する姿はある意味感動物でして、すっかり魅了されることに(艸-_・*)

その後、中古で販売されていた『第4次スーパーロボット大戦』をはじめ、プレイステーション1、プレイステーション2で発売されたスーパーロボット大戦シリーズはすべて購入。いや、ただ購入すると言うだけではなく、ほとんどの作品は予約して発売日には買いに行ってました(*´ω`*) それくらい大好きなシリーズだったんです。

まあ・・・最近はゲームが発売されるプラットフォーム(いわゆるゲーム機)が分散されて、任天堂DSなどの携帯型ゲーム機用のスーパーロボット大戦はプレイすることができず、さらには昔のスーパーロボット大戦はロボットのラインナップを見ると、あきらかに子供の頃そのアニメを見ていたであろうおじさん層をターゲットにしていたのですが、最近の作品はどの層をターゲットにしているかわからないくらい迷走している感がありまして(;´・ω・)

ぶっちゃけ知らないロボットばっかりになってしいました(´・ω・`) かえって今回のバンダイオリジナルキャラクターやロボットだけで作られた作品のほうが親しみのあるロボットが多く、最近のメインのスーパーロボット大戦シリーズにはイマイチ興味がわかない(´・ω・`;

というか『スーパーロボット大戦Z』のタイトルをひっぱりすぎ。

いいかげん、作るなら新しいシリーズにしてくれや(-_-メ)


さて、話を元にもどしまして、この『第2次スーパーロボット大戦OG』ですが、プレイステーション2で発売された『スーパーロボット大戦OG』とその外伝の続きでありまして、ストーリー的にもロボット的にもキャラクター的にもとてもすばらしいシリーズです(´・ω・`)b

メインのスーパーロボット大戦シリーズは、その作品ごとに数名のバンダイオリジナルのキャラクターとロボットを登場させ、ストーリーに絡ませてくる手法をとっているのですが、この『スーパーロボット大戦OG』シリーズは、今まで各作品で登場したバンダイオリジナルキャラクターのみを登場させた、シリーズをずっとプレイしてきた者にとっては夢の競演が実現したゲーム。

ただ、正直最初思ったことは・・・

「え?ガンダムとかゲッターロボでてこないの?そんなん面白いの?」

と言うことでしたが、実際プレイしてみるとその不安は一気に吹き飛び、ありえないほど魅力があるスーパーロボット大戦に仕上がっていたことでかなりびっくりΣ(´∀`;)

今回プレイした『第2次スーパーロボット大戦OG』も、かなり楽しみにしていたゲームでした(´∀`)

まあ・・・実際プレイする・・・というかできるようになるまで、かなりの時間がかかりましたが(;´・ω・)


とりあえず1週クリアしたので、感想を述べてみたいと思います(´・ω・`)b


まず良い点から。


その1、「戦闘の演出がすばらしい」

プラットフォームがプレイステーション3に移ったということで、さすがに今までの演出と同じではプレイヤーの気がすまないだろうと思ったのかどうかわかりませんが、戦闘のアニメーションがとにかく派手で綺麗ですばらしい(*´ω`*)(←感想がありきたりすぎるw)

見た目は2Dのアニメーションなのですが、実は背景まで含めて3Dで製作されているらしく、そのことを利用してダイナミックな視点の変更をしてロボットをあらゆる角度から映しながら戦闘をさせています。それに加え、今まで培ってきた戦闘シーンでのパイロットを絡めたカットインの演出や、おなじみの武装をさらにかっこよく見せるためのアニメーションの演出など、とにかく「これでもか!」というくらいロボットとパイロットを魅力的に見せています。

このあたりは正統進化といった感じでしょうか。


その2、「良い意味でのマンネリ」

これが良いことなのかどうかわかりませんが、ストーリーの進行や戦力となるロボットやパイロットの途中加入、敵戦力の数と強さなど、従来のスーパーロボット大戦となんらかわりがありません(´・ω・`)b

いわゆるマンネリ状態なのですが、逆にこれが安心感があるんですよね、個人的にですが(´ー`;

同じタイトルがついていても、作品がかわるごとにゲームシステムやバランスがガラリとかわってしまうと、とまどってしまうと同時にがっかりすることが多かったんですよね・・・「う~む、今までのシステムのままストーリーだけ新しくしてくれれば良いのに」と思ったゲームが何本あったことか・・・

そういう意味で、安心してプレイできるマンネリ感は個人的には歓迎でしたね( ̄ー ̄)b



さてさて、今度は反対に不満に思ったことなのですが・・・

その1、「戦闘が長い」

これ、良い所であげた「戦闘の演出がすばらしい」と関連することなのですが・・・実はそのすばらしさの中に不満な所も内包しているのです。

どういうことかと言いますと・・・

正直1回の戦闘が長すぎる。演出はすばらしいんだけどくどい(ーー;) 最初はその圧倒的な戦闘の演出に魅了されてすべての戦闘を見ていた私ですが、それもステージ3くらいまでで・・・

後は戦闘シーンを見るのは、新しいロボットが登場したり、ボスにトドメを刺す時くらいで、他はほぼ戦闘シーンはオフにしてましたなぁ(´・ω・`;

実はこれ、以前のスーパーロボット大戦時代からある弱点のようなものでして・・・

シリーズが新しくなるたびに戦闘の演出を派手に凝ったものにしてプレイヤーの購買意欲をそそらなければなりません。が・・・戦闘しなければならない回数は数回ではありません、それこそ数百回です。そのたびに長い長い戦闘の演出を見るのはだんだんと苦痛になってきまして、結局戦闘シーンを飛ばしてプレイするということになってしまうのです(´・ω・`)b

特に最終面からさかのぼって10話前後あたりは、ほぼすべてのロボット、パイロット、武器が登場しているので目新しい戦闘演出もなく、後半になればなるほど戦闘シーンをスキップするという現象がおきてしまいます(゜ー゜;) 本当は盛り上がらないといけないところなんですが、ほぼロボットの耐久値の数字の増減だけのゲームになってしまうんですよね(´・ω・`;

実は「戦闘をスキップできなかった昔のシリーズはどうなんだろう?」と思って、『第4次スーパーロボット大戦』もやってみたのですが、これが戦闘をスキップできないにもかかわらず、ほぼストレスがない。というのも、1回の戦闘が短時間で終わるのがほとんどで、長い演出といえばぜいぜいスーパーロボット系の必殺技がでるところくらい。それでも今のくどすぎる演出からすると短いほうで、「なるほど、戦闘が短いとこんなにストレスがないんだね」と改めて実感しました(´_ゝ`)b

できれば今後のスーパーロボット大戦の戦闘は「派手に短く!」をモットーに作ってほしいものです。


その2、「ロボットの改良型や新型への乗換え演出が少ない」

これはどういうことかと言いますと、主役級が乗るロボットは物語の途中で改良、もしくは乗り換えを行いパワーアップするというのが多く、ロボットアニメの定番でもありました。この『スーパーロボット大戦OG』も初期作品では多くのロボットがパワーアップしたり乗り換えで新型に搭乗したりという演出が多かったのですが・・・

この『第2次スーパーロボット大戦OG』では、そのロボットの乗り換えやパワーアップがほとんどありません。ぶっちゃけほとんどのキャラクターは前作で改良をほどこした新型ロボットに最初から乗っています(´・ω・`)

まあ、続編であるという都合上しかたのないことなのかもしれませんが・・・

そのせいで結構戦力を余らせることになってしまいます。どういうことかと言いますと、前作で乗り換えやパワーアップを行ったロボット達は、そのほとんどが主力級の戦力になるような実力を持っています。今回その主力級のロボットに最初から乗っているのですが、さすがに資金を使って改造しなければそれほど戦力になりません。しかし資金は限られているので、一部のお気に入りのロボットに投資することになるのですが、そうなると主力級の力を持っていながらほぼ無改造で放置するしかないロボットがゴロゴロでてくるわけで(;´・ω・)

なんだか勿体ないし、初参戦の新型ロボットとどちらを主力にするか正直迷うところ(´・ω・`;

『第3次スーパーロボット大戦OG』がでるとなったら、このあたりをどうするか良く検討してほしいところですねぇ・・・どういうふうに解決すれば良いか?などの案はさっぱり思いつきませんが(´-∀-`;)


その3、「設定が複雑すぎて、もはや理解不能」

これはおじさんになった証拠なのかもしれませんが、やたらとロボットに関する動力やらの横文字(いわゆるカタカナ)がでてきすぎて、もはや意味がわかないことも(;´・ω・)

SRXなどのロボットに使われる『トロニウム』やヒュッケバインの『ブラックホールエンジン』などあたりはわかりますが、新しく参戦してきたロボットごとに色々と動力に秘密があったり、ロボットが生産された背景に複雑なカタカナ用語(?)が使われたりしていて、理解に苦しむことが結構あります(;´・ω・)

色々なロボットが競演する作品なのでしかたのないことなのかもしれませんが、このせいで途中からそれらのロボットに関する説明のデモも早送りして飛ばしてましたね(´-∀-`;)

できればおじさんでもそこそこわかりやすいような話と用語に・・・w


と、感想はこんなところなのですが、総合的に見れば、どれを主力にするか、どのルートを通ってプレイするかなど、じっくりと長く遊べる良作なゲームだと思います( ̄ー ̄)b

不満点であげた、「長すぎる戦闘」もアニメを見ていると思ってのんびり見れば特に気にならない・・・かもw

難易度もそれほど高く感じなかったので始めての人にもお薦めだと思います(´∀`) あ、前作をやってないと意味がわかならいことが結構あるかもですが(´・ω・`;

そういえば、このシリーズ、他には『魔装機神3』と『第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇』買ってあるんだよなぁ(´・ω・`) どちらも続編があるゲームなんだけど・・・やったらやったで続編をすぐに買いに行きそうでちょっと怖いな(;´∀`)




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。