スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず持っている物を活用(`・ω・´)  マリオカート風ゲーム達を探してみた(´・ω・`)b

どうも(´・ω・`)ノ

最近、囲碁の勉強と実践をさぼりまくりのあきです(´・ω・`;

パソコン界の3大ボードゲーム、『将棋』、『囲碁』、『麻雀』。多くの日本メーカー製のパソコンには、このどれか、もしくは全部付属していたりしますが、今の所私がまともに他の人と勝負になる可能性があるのは囲碁のみ。

勝負になるとは言え、あくまでも初心者のかたと・・・というのが条件ですが(;^ω^)

囲碁講座の本とかも買ってあるのですが、読破するに至らず今の所放置状態(´・ω・`) 一応目標としては、「持っているパソコン用の囲碁ソフトに勝つ」ことなんですが、今のままでは夢のまた夢ですのう(´_ゝ`)



さて、前回の前置きでも書きましたが、知り合いの配信者さんがやっている『マリオカート』が楽しくて結構長く見ている私(*'ω'*)

やっぱり自分でもやりたくなるものです。

でも配信者さんが持っていたのは『WiiU』版の『マリオカート』と、『Wii』用の『マリオカート』。どちらも持っていないゲーム機です(;´・ω・)

『Wii』は今となっては安く手にはいるかもしれませんが、現在はネット対戦はできないらしい。『WiiU』用の『マリオカート』は画像が美しく、まだネット対戦はできるみたいなのですが、肝心の『WiiU』本体の中古がおおよそ2万5千円くらい・・・意外と高い(´・ω・`; 新品のPS3と同じくらいの値段はだせない(ーー;)

そこで、所持しているゲームの中から『マリオカート』風のレースゲームを探してみることにしました(´・ω・`)b

ただ、『マリオカート』風のゲームって昔はあまり興味がなかったんでほとんど買ってなかったんですよね(ーー;)

レースゲームは好きだったんですが、買うゲームはリアルタイプのカーレースゲームが多く、コミカルなキャラクターがアイテムを駆使してレースをするゲームというのは正直当時はプレイするのに抵抗があったりしました(;´・ω・) しっかりライン取りなどをしていても、加速ゾーンやアイテムで逆転される仕様がどうしても苦手だったので・・・

とは言え、まったく買っていないという訳ではなく、何本か見覚えがあるので記憶をたどりつつ探してみることに(*´Д`*)b

本家マリオカートシリーズで持っているのは、『スーパーファミコン』版の初代と、『NINTENDO64』版の『マリオカート64』。このうち『マリオカート64』は当時の次世代機らしくスムーズに動く3Dで作られているので結構楽しかったような気がします(´・ω・`)b

『NINTENDO64』自体をあまり活用していなかったので、それほどプレイ回数自体は多くないのですが(´・ω・`;

他に『マリオカート風』ゲームがありそうなゲームと言えば、やっぱりプレイステーション1( ̄ー ̄)b

当時トップを走っていたゲーム機も、『マリオカート』は無視できない存在だったのでしょうね。当時の有名メーカーがこぞって自社の代表的なキャラクターを使ったカートゲームを作っていたような気がします。

ただ、問題は私が持っているか・・・なのですが・・・

探してみたらとりあえずそれっぽいのを4本見つけました(´・ω・`)b

それがこれらのゲーム達。

まず1本目。

20170606-01.jpg

プレイステーション1用ゲームソフト、『チョコボレーシング』

スクウェアエニックス(当時はスクウェア)の代表作『ファイナルファンタジー』のマスコットキャラ、『チョコボ』を使って『マリオカート』風仕上げたゲーム(´・ω・`)b

とりあえず『マリオカート』風なゲームで最初に思いついたのがこのゲームでした。なんと言っても新品を定価で買っていた時代のものなんで(;^ω^)

登場するキャラクターは、『ファイナルファンタジー』に登場したジョブやモンスター達で、乗り物はカートばかりではなく、ローラースケート(ジェットスケート?)や空中に浮いている絨毯など一風変わったものもあります(゜ー゜;)

妨害するためのアイテムや方法も、『ファイナルファンタジー』に関わるものが多く、BGMも『ファイナルファンタジー』のアレンジ曲と言うことで、『ファイナルファンタジー』ファンのかたは楽しく遊べる良い雰囲気を持ったゲームだと思いますъ(`ー゜)

少しプレイしてみたところ、レースの挙動も悪くなく、グラフィックも当時の作品としては美しいので、『マリオカート』風のゲームとしてはかなり良く出来た部類ではないかと思います。

ゲームモードもたくさんあるので、本気でじっくりとプレイすれば長く遊べるゲームだと思います(*゚∀゚*)


では2本目。

20170606-04.jpg

プレイステーション1用ゲームソフト、『ロックマン バトル&チェイス』

ご存知カプコンの代表ゲームキャラクターの『ロックマン』を前面に押し出したカートレースゲーム(´・ω・`)b

当時なぜ買ったかと言えば・・・

おそらくプレイステーション1に優良ゲームソフトを送り出していたカプコン製のレースゲームであることと、『ロックマン』が気になったからだと思われます(´-∀-`;)

ただ、正直あまりプレイした覚えがなく・・・(´・ω・`;

ゲーム的には、原作『ロックマン』が倒した敵の能力を自分の能力にできるという仕様がありましたが、このゲームもライバルとの勝負に勝つと相手が乗っている車のパーツを奪うことができ、そのパーツを使って自分の車を各コースに合うようにカスタマイズしていくと言うゲームシステムになっています(´・ω・`)b

つまり原作と同じく、相手の能力を自分の能力にすることができるという仕様ですね( ̄ー ̄)b

ライバル車への妨害は、もちろんアイテムもありますが、主となるのは各カートに装備された武器。連射とタメ攻撃ができ、これでいつでもライバル車を狙い打つことが可能です。

そんな『ロックマン』のカートゲームらしい仕様のこのゲームなんですが・・・

正直、車の挙動がイマイチなんですよねぇ(´・ω・`)

まあ人によるのかもしれませんが、個人的にはちょっと操作がしにくいかなと。カートシリーズの醍醐味であるドリフトもあまり気持ちよくできないので、カートレースと言うより相手と打ち合って蹴落としていくレースゲームと言う感が強いような気がします。

とは言えそこはカプコン。多少不満はありますが、遊べないレベルではないので、『ロックマン』好きな人はそこそこ楽しめるのではないかなと・・・


次3本目。

20170606-02.jpg

プレイステーション1用ゲームソフト、『ボンバーマン ファンタジーレース』

ファミコン時代から(正確には旧世代のパソコンゲームから)優良なゲームを世に送り出し、キャラバンなどをおこなってゲーム業界を盛り上げるのに貢献していたゲーム会社、『ハドソンソフト』が送り出したレースゲーム。

登場させているキャラクターも、これまた知らない人がいないと思われるほど有名なゲーム、『ボンバーマン』のキャラクター(´∀`)

ただ、このゲーム、一風変わっておりまして、一応『マリオカート』風な味付けがされているゲームなのですが、乗っているのがカートではなく恐竜のような動物(´・ω・`)b

なのでエンジンの音などはなく、レース中は「ドス!ドス!ドス!」という足音が聞こえることになります(゜ー゜;)

最初はこの仕様に戸惑うんですよね(´-∀-`;)

乗っているのがカートではなく動物なので、カートレースゲームの肝であるドリフトはできませんが、そのかわりジャンプして壁を蹴って曲がる『三角とび』的なコーナリング方法が用意されています(´・ω・`)b さらにパネルが用意されているところにむかってジャンプ蹴りを行うと高速で曲がった上に加速できるという仕様もプラスされていて、いかにも動物に乗っていることを前面に出しているかのようなギミックになっています。

敵への攻撃方法ですが、アイテムはもちろんですが、登場しているのは『ボンバーマン』と言うことで、いつでも爆弾を出して相手を攻撃することができるようになっています(´・ω・`)b

この爆弾ですが、ボタンを押している時間によって後ろに投げたり前に投げたりできるので、うまく使えばレース自体が苦手でも相手を蹴落として優勝できる可能性もΣ(゜ー゜;) あと自分の進行方向に投げてタイミング良く爆発させて、その爆風で加速するというテクニックもあるので、このゲームは爆弾の使い方をマスターするのも大事になるでしょう。

このあたりさすが『ボンバーマン』つかったレースゲームですなぁ(´ー`)

最初は乗り物が動物であることに戸惑うかもしれませんが、慣れると結構ハマれるゲームですъ(`ー゜)


そして最後の4本め。

20170606-03.jpg

プレイステーション1用ゲームソフト、『クラッシュバンディクーレーシング』

プレイステーションの会社である『SCE』が送り出したカートレースゲームですね(´∀`)

使用キャラクターはプレイステーション1で人気があったアクションゲーム、『クラッシュバンディクー』のキャラクター( ̄ー ̄)b

実はこのゲーム、ニコニコ動画で配信を始めた後に買ったものなんです。

と言うのも、ニコニコで配信していた時代に、リスナーさんに「クラッシュバンディクーをやってほしい」と言われたので、とりあえず1を買ったのですが、難しいながらもそのゲーム性に惚れこみまして、結局プレイステーション2用の5まで買うことに(;^ω^)

こうなると他の関連ゲームソフトも買いたくなってしまう積みゲーマーの悲しいサガ(´・ω・`)

色々と『クラッシュバンディクー』関連のゲームを買っているうちにいつの間にか買っていたのがこのゲームでした(´・ω・`)b

そんな微妙な存在のゲームだったのですが・・・

今回『マリオカート』風のゲームを探すということで本気でプレイしてみたのですが、かなり面白い(゜ー゜;)

おそらく、今回紹介した4本のゲームの中で、一番『マリオカート』に近いのはこのゲームではないか?と思うくらいでしてw

代表的な特徴として挙げられるのが、やはりカートゲームの特徴のドリフト。

このゲームではドリフトをしたほうが早いという仕様になっていまして、その上ドリフト中にさらにドリフトボタンを押すとさらに高速なドリフトができるという味付けがされており、3段階までドリフト中に加速することが可能となっています。

カートゲームの特徴であるドリフトを前面に出すことで、爽快感がアップし、さらにドリフト中に加速するという実車にはない仕様を入れていることで、他のゲームにはない操作感と楽しさを味わうことができます(´∀`)

コースも多彩でショートカットなども用意されていそうなコース達も操作方法と相まって挑戦しがいがあるものになっていますъ(`ー゜)

ついでに・・・みたいな感じで買ったゲームでこれほど楽しめれば上等ヽ(´ー`)ノ

このゲームは十分に『マリオカート』のかわりになりえるゲームだと思いますъ(`ー゜)



他にも、コミカル系のレースゲームとしては、『チョロQ』シリーズや、『激走トマラルク』などがありましたが、「『マリオカート』風か?」と言えば疑問だったので、今回は試しませんでした(゜ー゜;)

あ・・・『激走トマラルク』のほうは少しやりましたが、相変わらずの難易度で正直心が折れまする(´・ω・`) 慣れれば爽快に走れそうなんですけどね・・・

今までレースゲームとして一ランク下に見てしまい、本気で楽しむことがなかった『マリオカート』風ゲームですが、配信で楽しさを知ったからには考えを改め、本気で楽しんでみたいと思います( ̄ー ̄)b

でも・・・

ハマりすぎても怖いなぁ(´・ω・`)

『WiiU』や『スイッチ』のマリオカートがほしくなったらどうしよう(゜ー゜;) プレイステーション3の新品を買ったばかりなのでまた別のゲーム機を買う訳には・・・(; ・`д・´)

とりあえず、その時は・・・

『Wii』と専用の『マリオカート』は、たぶん6,000円ほどで本体ごと買えると思うので、それで我慢しておこうかな、うん(←結局買うんかい!)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。