ふと感じたとあるゲームへの思い(´・ω・`) ゲームの高性能化で消えていったもの。

どうも(´・ω・`)ノ

最近プレイステーション3用のゲームを次々にクリアして若干テンションが高めのあきです(´∀`)

8月はネットの回線スピードが遅いせいで夜中に配信ができなかったのですが、その分配信外でプレイするゲームに力を入れることができまして、気がついたら今までにないペースでゲームをクリアしている自分がいました(ノω`*)

まあ、レトロゲームに比べて、プレイステーション3などのゲームはヒントも多く、難易度もマイルドなものが多いので比較的クリアは簡単な部類のゲームが多いとは思うのですが、それでも苦手なFPS等をクリアできているのはうれしいΨ(`∇´)Ψ

この調子で旧ゲーム機の積みゲーもクリアしていきたいものです( ̄ー ̄)b



さて、今回はゲームを買うにあたってふと感じたこと、思ったことがあったのでそれを述べたいと思います(´・ω・`)b

先日お盆付近で、某中古ゲーム屋さんの安売りセールがありました。

プレイステーション3の新型を最近買ったばかりの私としては願ってもないセールで、気になっていたゲームが100円~300円で買えるという、ある意味ボーナスステージ的なイベント(*・ω・*)

買いに行かない訳にはいきませんw

その時に家族から頼まれたことがありまして・・・


「ついでに親父のゲーム用に年寄りができそうなゲーム・・・たとえば将棋とかを買ってきてくれないか?」


ということ。

ああ、なるほど。確かに今麻雀のゲームしか持ってないからそれだけじゃ宝の持ち腐れだし飽きるからなぁ(´・ω・`) 確かに将棋あたりがあったほう良いかも。

ちなみに父親が持っているゲーム機は、プレイステーション3とPSVita。どちらも父親が自分で買ったものではなく、兄が父親のために買ってきたものです(´・ω・`)b

当然自分で買ったゲーム機ではないので、ゲームを買いにいくなどしない父親。結局兄が買ってきてくれたゲームしかプレイできない訳です。

ちなみに父親がやっているゲームの中心は麻雀のゲーム。スーパーファミコンを持っていた時代は『スーパーバーディーラッシュ』というゴルフゲームも少しやっていましたが、最近のゴルフゲームは年配者にとっては内容が複雑になりすぎて、おそらくプレイするのは難しいと思われまして(´・ω・`)

若者にとってはやり込み要素である、アイテムの獲得や新コースの開放などは、年配者にとっては結構足枷になったりするんですよねぇ・・・シンプルにゴルフをするだけのゲームでないとわからないことだらけのようで(;´・ω・)

そんな訳で、今回目的にしたゲームの中心はテーブルゲームの、麻雀と将棋(´・ω・`)b

囲碁も候補に入れたかったのですが、私の父親は囲碁はさっぱりわからないようなので(;´・ω・) まあ、囲碁はルールさえおぼえれば面白いのですが、ルールがわからなかったらどんな法則で碁石を並べているのかわからない不思議な印象のゲームですからねぇ(゜▽゜;)

とりあえず私のゲームの買い物は終わったので、プレイステーション3とPSVitaのゲームコーナーで麻雀と将棋を探します。

が・・・


ない(´・ω・`)


麻雀なら1種類ありましたがすでに持っているゲーム。将棋にいたっては1本もありません(; ・`д・´)

そういえば・・・確かにプレイステーション3とPSVitaの将棋って聞いたことないよな(;´・ω・) いやというか最近のゲーム機で将棋ゲームってある?(ーー;)

プレイステーション2の時代までは当たり前のように存在していた将棋のゲームがまったくと言って良いほどないんですよねぇ・・・

将棋ゲームといえばファミコン時代・・・いやその前のパソコンゲーム、たとえばMSXやPC-6001の時代からゲームの定番であり、いろいろな会社から将棋のゲームが多数発売されていました。

しかし最近のゲーム機用にはあまり多くの将棋や囲碁のゲームは見かけないような気がします(´・ω・`;

少し調べてみたところ、プレイステーション3用には、『銀星将棋』と『激指』というパソコン将棋で有名な2つのタイトルが移植されているようですが、流通量が少ないせいか私が行ける範囲のゲーム屋さんで売っているところは一回も見たことがありません(ーー;)

将棋に限らず、大人が良く買うであろう3大テーブルゲーム、囲碁・将棋・麻雀に加え、パチンコ・パチスロのゲームも最近のゲーム機では激減している感があります。

理由を考えてみたのですが、新型ゲーム機の売りといえばその華麗なグラフィックと音楽なのですが、囲碁・将棋・麻雀などのテーブルゲームはどんなにリアルに本物を再現しても高が知れているし、正直プレイステーション2時代のテーブルゲームで、すでに十分すぎるほどのグラフィックの美しさはありました。

プレイステーション3などの最近のゲームではグラフィック意外の売りをださなければならないと思うのですが、他の外国製のゲーム、例えば『グランドセフトオート5』、例えば『コールオブデューティー』などと同じ値段で売ろうと思ったら、将棋にどんな付加要素をつければ良いのか・・・正直私も想像できません(´・ω・`;

ひとつ考えたことと言えば、将棋のライバルを1000人ほど用意し、その強さのレベルもルールを覚えたての子供からタイトルを持っているプロまで設定して、ひとつの県を再現するオープンワールドを作って箱庭の中で将棋を楽しむ。人によっては近所の友達(もちろんNPC)と毎日対戦し、また人によってはプロを目指す棋士達の中にまじって研鑽をつみ、タイトル奪取までを目指す・・・もちろん移動に使う電車やバスなどもリアルに作っていかにもその街で暮らしている雰囲気を出す・・・

そんな感じの将棋ゲームがあれば、他の外国ゲームに負けないほどの内容にはなる・・・と思いますが、はたして開発費に使った分回収できるほど売れるかと言うと疑問に思うとこもありますなぁ(´・ω・`;

将棋をやる人口が一般のゲームに比べるとそれほどでもないので、それほど大規模なゲームを作るとおそらく赤字になるかと(゜ー゜;)

結局のところ、将棋や囲碁のゲームを作るとなると、強さを追及するの一点に絞って作るしかないのが現状だと思います。

しかし、現在のゲーム機(特にソニー)のライセンス料(そのゲーム機にゲームを作るためにメーカーに支払う権利料のようなもの)の高さを考えると、ある一定の資金力があって、かつそれを回収できるくらい有名なタイトルを持つ会社しか現行のゲームに将棋や囲碁を作ることができず、結果、昔のようにいろいろな会社が囲碁・将棋ゲームを出すことができなくなったのではないかと(´・ω・`)

結果的に年配者がプレイできるゲームが新型ゲームほど少なくなっていく・・・

そう思った訳です(ーー;)


そう考えると、ゲーム機に関しては、「新しいものを買っておけば間違いない」という考えは簡単には適用されないような気がしますねぇ・・・

少なくとも、3大テーブルゲーム、将棋・囲碁・麻雀に関しては昔のゲームのほうがかなり選択肢があります( ̄ー ̄)b

いや、他のテーブルゲーム、例えばすごろく系のゲームにしてもプレイステーション2以前のゲームはかなり種類がでていますし、その手の思考型ゲームはやはり過去のゲーム機のほうが良いような気がします。

強さに関しては、スーパーファミコンの時代に一般のおじさんと互角かそれ以上の強さを発揮するテーブルゲームも存在しましたので、プロを目指していたり、ネットで有段者などという特別な人でないかぎり、強さに不足はないと思われます(´∀`)

まあ、一般の年配者がやるには十分すぎる歯ごたえのある強さではないかなと( ̄ー ̄)b

例えば、タイトルは忘れましたが、スーパーファミコンで将棋をしながら東海道を旅する感じのゲームがあったような気がしますが、私の場合一回も勝てずに挫折したような記憶が(´・ω・`)

あとセガサターン用の将棋ゲーム、『月下の棋士』も最初の相手にぼろ負けして放置している状態でして(´・ω・`)

ぶっちゃけ、定石をほぼ知らず、戦法も1~2種類しか知らない私のような人間は、がっちりと定石をプログラミングされ隅々まで手を読むコンピュータにはそう簡単には勝てません(ーー;) おそらく一般の年配者も似ようようなレベルかと・・・(←いやお前ほどひどくないぞw)

そう考えると、新型ゲーム機がいくら高性能化したと言っても、簡単に昔のゲーム機を捨てるのも考え物です(´・ω・`)b

おじいちゃん、おばあちゃんのために売らずにとっておくというのも良いことなのではないでしょうか( ̄ー ̄)


最近のゲームは、高性能のパソコンに負けないくらいグラフィックやサウンドが向上していますが、それに反比例するように、一大ジャンルだったテーブルゲームが少なくなってきているような気がします。

ユーザーが楽しむゲームはあくまで娯楽ですが、作るほうは生活がかかっているので、どうしても売れるゲームをつくらざるおえないため、売れにくい地味なゲームを開発しにくいのはしかたのないことですが、やはりちょっと寂しいですなぁ(´・ω・`)

プレイステーション2時代には、将棋・囲碁・麻雀などがひとつになって2000円というシンプルシリーズなどもありましたが、そんな気楽に思考型ゲームを楽しめた時代がさまざまなゲームの選択肢があって楽しかったのかもしれませんねぇ・・・

パソコンのほうもWindowsがバージョンアップを繰り返して、昔のWindows用の将棋や囲碁などが動作するとは限らないし・・・だんだんとプレイできるゲームの幅が狭くなってきている印象を受けてしまう今日この頃です(´・ω・`)

私の場合、昔持っていたゲーム機もパソコンも一切売らずに保管している訳ですが・・・

案外将棋・囲碁・麻雀を中心としたテーブルゲームを楽しみたい時は役にたつのかもしれませんねъ(`ー゜)

これからもがっつり保管したり積んでいったりしたいと思います|`・ω・) ノ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ
にほんブログ村



家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ