初めてのマインクラフト風ゲームに挑戦ъ(`ー゜) その意外な面白さにびっくり(゜ー゜;)

どうも(´・ω・`)ノ

8月はかなり配信をしなかったあきです(´・ω・`)

まあ・・・実際のところゲーム配信をやろうと思っても、あまりにネットの回線速度が遅くてできなかったというのが実情なのですが・・・(-_-;) 午後8時~12時あたりまでは配信することはおろか他の人の配信を見たりするのも止まりまくって苦労する状態でしたからねぇ(´・ω・`;

日本の企業はいい加減ネットの設備投資に本腰を入れてほしい(-_-;) いくらベストエフォートサービスとは言え8月のネットの回線速度は遅すぎ。

ネットの管理だけは民間企業じゃなくて公営にしたほうが良いんじゃないかなぁ・・・と思う今日この頃です(´・ω・`)


8月の某中古ゲーム屋さんのお盆セールで大量のゲームを購入した私。

がんばってある程度クリアしたいと思って、8月の後半だけで4~5本のゲームをクリアするくらいがんばってみました(´∀`)

まあ・・・それでも焼け石に水状態であることにはかわりないのですが(´・ω・`;

月末のある日、性懲りもなく別のゲーム屋さんを覗いてみたのですが、別の店舗とは言え、さすがにあれだけゲームを買うと現状買うものがほとんどない(´・ω・`)

正確に言うと、「500円前後で買えるものがない」という感じなのですが(゜ー゜;)

ただ、せっかく遠距離のゲーム屋さんにきたことだし1本は買ってかえりたいところ(´・ω・`)b

という訳で、いつもは絶対買わないような値段の中古ゲームに手を出してみましたъ(`ー゜)

それがこれです(´∀`)

20170901-01.jpg

プレイステーション3用ゲームソフト、『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』です(´・ω・`)b

まだ、故障したプレイステーション3しか持っていなかった頃、『ドラゴンクエストヒーローズ』と並んで気になっていたゲームなのですが、『ドラゴンクエストヒーローズ』はそこそこ安くなったので手を出せたものの、『ドラゴンクエストビルダーズ』はまったくと言って良いほど中古の値段が下がらない(;´・ω・)

ただ、パッケージを見る限り、有名な「ブロックで建物を作るゲーム」の『マインクラフト』に似ている感じだったのでそれほど「やってみたい!」と言う気は起きなかったんですよね(゜ー゜;)

と、言うのも、『マインクラフト』はニコニコ生放送を使っていた時代からよくゲーム実況を見ていたのですが、正直何が面白いのかわからなかったんです(;´・ω・)

広大な世界に色々な種類のブロックがあって、それを組み合わせて巨大な建造物を作ったり自分の家や庭を造ったりできる・・・そのことは見ていてわかったのですが、「何のために作っているのか?」が理解できなかったんですよねぇ・・・(ーー;) それを作ることでゲーム内でどんなイベントが発生するのか?何の効果があるのか?などという疑問を持っていたのですが、やっている人に聞くと「作ることに意義がある」的な回答だったので、その面白さがイマイチ理解できませんでした(´・ω・`;

そんな先入観があったので、同じようなゲームと思っていた『ドラゴンクエストビルダーズ』は、興味を持ちつつも高値で買ってプレイしようとは思わなかったんですよね(・。・;)

ただ、プレイステーション3のゲームの傾向として、「ある時に買わないと永遠に買えなくなることがある」というのがあるので、今回思い切って買ってみた訳です(´・ω・`)b プレイステーション3のゲームは流通量がプレイステーション2のゲームより少ないせいか旧作などで見かけなくなったゲームって結構あるんですよね・・・(-_-;)


さて、家に帰って実際プレイしてみた感想なのですが・・・

ありえないほど面白いですΣ(゜Д゜)

はまりまくってプレイできる時間を無理やり確保したくなるほど夢中になりましたヽ(;・ー・)ノ

まず、ゲームの背景となるストーリーですが、ドラゴンクエスト1のバッドエンドの続編ということになっています。いわゆるスピンオフ作品なんですが、これがドラゴンクエスト1をリアルタイムでプレイして面白さと感動を味わった世代にはドンピシャな感じでしてw

ドラゴンクエスト1では、最後のボスの竜王と戦う前に、「世界を半分やるから配下になれ」的なことを持ちかけられますが、当然ながら勇者としてはそんな申し出は断って「いいえ」を選ぶのが当然なんですが、「はい」を選ぶと世界は暗黒に包まれてゲームオーバーになります。

このゲームは、「勇者が竜王の申し出受けてしまった」という世界の続きということになります(´・ω・`)b

当然ながら世界は暗闇に包まれ、モンスターは相変わらず人間を襲い、すべての街は破壊されつくし、人が物を作る能力さえ奪われてしまった。そこで精霊ルビスからアレフガルドを復活させるビルダーとして遣わされた主人公が街を復興し、人々に希望を与えていくというのがだいたいの流れになります。

『マインクラフト』の場合、最初何をすればわからない人多いらしく、とりあえず作るのは『とうふの家』いわゆる白壁を四角に積み上げただけの小さな建物らしいのですが、『ドラゴンクエストビルダーズ』の場合、復興している街に集まってくる人達から色々な依頼をされますが、その依頼をクリアしていくことで、どうやってこのタイプのゲームを楽しめば良いかがわかるような作りになっています(´・ω・`)b

最初は部屋として成立させるための基礎知識から始まり、だんだんと依頼される構造物が複雑になって作りがいのあるものになっていきます。複雑なものは設計図を渡されるのでそのとおりに作ることになるのですが、これが意外と大変で、完成した時の達成感はそれなりのものがあります(´∀`)

もちろん建物を作るためには材料が必要なので、素材を収集しにいったり、時にはモンスターからドロップする素材を集めたり、意外とこの作業も楽しい(○´ェ`○) 例えば鉄や石炭、その他の貴重な鉱物がある山や洞窟を見つけた時は、夢中で時間を忘れて掘りまくりますねw もちろん掘ってきた鉱物で、ドラゴンクエストではおなじみの「てつのつるぎ」や「てつのよろい」などの装備を作ったりもできます(゜▽゜)

時々モンスターが街を襲ってくることがあるのですが、土で作った建物は簡単に壊されてしまうので、せっかく作った建物がボロボロになることも(´・ω・`; なので、壁の素材を硬い素材にしたり、モンスターが襲ってくる方面に防御用の壁を立てるなど、色々と工夫して街を守ることも大事。

このモンスター襲来対策の作業も結構楽しいですw

まあ、安く簡易的に対策する場合、切り出してきた硬い石の素材で街をぐるっと囲む壁を作ることが多いのですが(゜ー゜;) 気合入れて対策する人は、街の前に大規模な砦とかを作ったりするんでしょうねぇヽ(゜ー゜;)ノ

ただ、どんなに硬い素材で壁を作ったとしても、巨大なモンスターが襲ってきた場合は結構ボロボロにされます(´・ω・`) まあ、そのあたりは仕方ないのかなと・・・なんと言っても魔王に支配された世界ですからねぇ(´・ω・`;

住人の依頼を繰り返しクリアしていくとストーリーが進んで、最後はその街を破壊した元凶との戦いになり、それを倒したら一章がクリアになります(´・ω・`)b

ちなみに4章あり、ドラゴンクエスト1で勇者が回った街を逆の順番で復興させるような感じで構成されています。なので勇者が最初に旅立った『ラダトームの城』は最後の章になるのですが、本来なら国王がいて勇者の冒険の始まりと終わりの地ということで、アレフガルドでは一番賑やかで発展しているはずの地域なのですが、勇者が裏切ったことで最も破壊されつくし呪いがかかった人間も植物も生息できないほどの不毛な地域になっています。

このあたりもドラゴンクエスト1をプレイしたことがある世代にはぐっとくるものがありますねぇ(゜ー゜;)

ゲーム本来の楽しみである、「物を作る」ということも十分に面白いのですが、ドラゴンクエスト1を背景にしたストーリーを楽しめるところもまた引き込まれる要素です(´∀`) なのでドラゴンクエスト1未プレイの人は、ドラゴンクエスト1を一度クリアしてからこのゲームをやるとより楽しめると思いますъ(`ー゜)

さらには、歴代のドラゴンクエストの音楽をBGMに使っているところもその世代には感動ものです( ̄ー ̄)b

ドラゴンクエストは名曲が多いのですが、ドラゴンクエスト4までの音楽の中で印象に残る音楽をオーケストラアレンジバージョンで収録してゲームで使われています。

アルバムまで買って聞いたドラゴンクエストのBGMをバックに、世界を救う建物クリエイト。う~む、最高です(ノω`*)

特にラダトームの地域のBGMの使い方は最高で、初めてその地に降立った時は地域やBGMの懐かしさもあって涙がでるくらい感動しました。・゚・(ノД`)・゚・。

そんな感じで楽しんでプレイしているうちに4章全クリア( ̄ー ̄)b

しっかりとエンディングを見ることができましたヽ(´ー`)ノ 当然エンディングはあの音楽のアレンジバージョン。そりゃ懐かしさで涙腺も緩くなりますよ(´・ω・`) しかも意外に後半重いストーリーになってくるので、主人公の決断と運命にまた涙・・・

まさかマインクラフト風のゲームでこれほど涙腺が緩くなるとは思いませんでした(゜ー゜;)


『マインクラフト』に明確な目的を持たせ、何をやれば良いのかをゲーム内のストーリー上のクエストで教えてくれるこのゲーム、『マインラフト』に代表されるサンドボックスタイプのゲームをやったことがない人にとっては最適な入門ゲームだと思いますъ(`ー゜)

ストーリーを持った4章の他にも、完全なフリー状態で世界を作れるモードも用意されているので、クリア後はそのフリーモードでクリエイト作業にいそしむも良し、ひき続きストーリーモードで街を作っていくのも良し、楽しみはかたは無限です(´∀`)

ストーリーモードでは、章ごとに集めた素材や作った素材、強さなどがリセットされる仕様のゲームシステムだったので、テンションがもつか不安でしたが、ゲーム自体が面白いのでかえって1から素材を集めて建物を作るのが面白い(ノω`*) たとえ弱くなって素材やアイテムがすべてなくなっても、自分自身の知識は当然そのままなので、サクサクと素材を集めて建物を作れるのも楽しいΨ(`∇´)Ψ 章ごとに出てくるモンスターや素材にも違いがあるのでそこも楽しめました。

自分では想像できなかったくらい久しぶりにはまったこのゲーム。

まだまだ自分が知らない楽しめるゲームはあるんだなと実感させてくれました(´・ω・`)b

あ、些細なことですけど、このゲーム、グラフィックが単純なせいかわかりませんが、ゲームを起動する時にメモリにすべてのデータをディスクから読み込んでいるようで、ゲーム中はブルーレイディスクが回らず止まったままになります。

なのでブルーレイドライブにもプレイステーション3にもやさしいゲームなんですよね(○´ェ`○)

海外ゲームは画面が派手で3Dモデルも美しいので、常にブルーレイドライブとハードディスクを酷使しているゲームが多くありますが、このゲームを体験すると、「ゲームはやっぱりアイデアが大事なこともあるんだな・・・」と今さらながら実感させてくれる、そんなすばらしいゲームですヽ(´ー`)ノ



コメントの投稿

非公開コメント

No title

あきちゃん、うぃっしゅー!

元気にしてるかな?

あっしも、前までは回線速度に悩まされいましたぞー!
ほんと日曜日でも速度が遅くてストレスマッハでした。

So-netからソフトバンク光に変えて速度めっちゃあがりましたぞ!

今では、どの時間帯でも安泰です。100Mbpsをきることは無くなったじぇ~

プロバイダー変えていこう

Re: マダオさん

まだおさんどうもです(゜▽゜)ノ

なるほど~、ソフトバンク系は別系統の回線使ってるからドコモ光が原因の混雑とは無縁なのかもですねぇ。

問題は・・・

わしみたいな田舎にソフトバンク光がきてるかということなんだよねぇ(´・ω・`)

田舎すぎるのも悲しい。・゚・(ノД`)・゚・。
プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ
にほんブログ村



家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ