スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューティングと思ってたら無双系?いや、進めてみたら・・・謎の洋ゲークリア(;´・ω・)

どうも(´・ω・`)ノ

最近夜なかなか寝付けないあきです(´・ω・`)

ん~なんでだろう・・・夜型生活していた時ならともかく、普通の時間に起きて活動しているのに夜ここまで眠気が来ないのは初めてかも・・・(;´・ω・)

もしかしたら最近プレイステーション3のゲームをがんばってるせいで液晶テレビのブルーライトを浴びまくってるからなんだろうか(´・ω・`)

とりあえず昼間に運動でもしてみようかなぁ(;´ρ`)



さて、しばらくスーパファミコンの『超魔界村』をクリアするために練習に練習を重ね、頭の中がレトロゲームモードになっていた私ですが、久しぶりにプレイステーション3のゲームをクリアしましたъ(`ー゜)

自分のゲームをプレイする傾向を見ていると、スーパーファミコン以前のレトロゲームに燃えている時はプレイステーション2や3のゲームはやる気がおきず、逆の場合はレトロゲームをプレイする気力がイマイチという、ちょっと不便な性分でして(;´∀`)

8月は順調にクリアしてきたプレイステーション3用のゲームも、『超魔界村』を練習している間はほとんどさわらなかったんですよね(゜ー゜;)

「このままではせっかくクリアする自信がついていたプレイステーション3のゲームをまたやらなくなってしまう!」

と思った私。『超魔界村』もクリアしてひと段落ついたことですし、なにかプレイステーション3のゲームをやろうと思ってチャレンジしてみた訳です(*'-')b

で、何をやったかなんですが・・・

今回プレイしたゲームは事前情報がまったくなく、タイトルも初めて見るし絵もまったく見たことがない。そもそも買った理由が、目的のゲームの中古を買ったらディスクが割れていたので急遽かわりに買ったというしろもの(´・ω・`)

なので、あまり深く考えずに買ってたんですよね(;´∀`)

そのゲームというのがこれなんですが・・・

20170923-01.jpg

プレイステーション3用ゲームソフト、『スペースマリーン ウォーハンマー40,000』です(´・ω・`)b

ごっついおっさんの顔に焼けた銃口のイラスト、そして裏を見ると「殲滅か全滅か」の文字に銃をうちまくってるかのようなスクリーンショットがあったので、「TPSタイプのガンシューティング系のゲームかな」と思って買ってみました。

CEROもZ指定なんで、面白いかも・・・というのもありましたねぇ(゜ー゜;) 『センツロウ』、『アサシンクリード』など、Z指定のゲームは表現の規制が甘い分面白かったですからね( ̄ー ̄)

で、今回このゲームをやってみることに決め、インストールしてプレイしてみたのですが・・・

まず最初に思ったのが、「物語の背景がまったくわからない」ということ(´・ω・`;

洋ゲーにありがちなんですが、「この話、おまえらもう知ってるだろ?」と言わんばかりにいきなりゲームの中のストーリーにぶち込まれるものが多いんですよねぇ・・・

説明書も薄い、もしくは付属していないものも多いし、特に2以降などの続編ゲームなどはその傾向が顕著で、話を理解するまでが一苦労(゜ー゜;)

このゲームの場合、どうやら『ウォーハンマー40,000』というゲームが元になっているらしく、それはコンピュータのゲームではなく、実際のコマを動かして戦っていくボードゲームタイプのゲームが原作らしいです。

しかも外国では結構有名なボードゲーム(?)らしく、ストーリーや登場キャラクターの設定もかなり重厚なものらしい・・・

とは言え、それを知らない私にとってはまったくそのあたりの物語の背景がわからない訳で、最初のうちはストーリーなど意味がない作業ゲーでしたねぇ(;´・ω・) このあたり、元になったゲームを知っているかかどうかでこのゲームを真に楽しめるかどうかが変わってくると思います。

「今俺はあこがれのあのキャラクターを自分で操作して、あの世界で戦っているんだ」と言う気持ちがあるとないとでは楽しさが段違いですからね(´-∀-`;)

さて、肝心のゲーム内容ですが・・・

まず主人公は重厚なアーマーに身を包んだスペースマリーンの中隊長。どうやらスペースマリーンという存在は広大な帝国より集められた最精鋭部隊らしく、対異星人の切り札となっている人材らしい。

なるほど、最初のミッションは敵艦にほぼ単独で乗り込んで航行不能にするという、一般兵ではありえないシチュエーションのミッション。

その方法が、メタルギアなどのように隠れて敵の中枢を叩くなどではなく、とにかく敵を殲滅して力押しで突き進んでいくというもの(;´∀`)

「あれ?TPS買ったつもりだったけど、これ無双系なの?」

と思うほど敵がわらわらと押し寄せてきて、それを返り血をあびながらナイフで切り刻んでいきます(゜ー゜;)

申し訳程度にハンドガンも持っていましたが、それを使う瞬間はTPSっぽい感じになるんですが、無双系の肉弾戦が中心なのかなぁ・・・というのが最初の印象(´・ω・`)

重厚なアーマーを着ていると述べましたが、これはダメージを受けても一定時間経つと自動修復するという便利なアーマーでなかなか重宝します。しかしアーマーがすべて削られると本体のダメージを受けるのですが、こちらは自動では回復しないために油断は禁物。

ではどうやって体力のほうを回復するかと言うと、回復アイテムなどはなく、敵をスタン(気絶のようなもの)させてトドメの一撃を特殊な方法でやると回復するというかわったタイプ(゜ー゜;) ある意味敵がいればどこでも回復できるというメリットもありますが、やっぱりアイテムで回復する方法もほしかったですなぁ(´・ω・`;

どうもこの回復方法は個人的になじめない(;´・ω・) そもそも敵を倒してなぜ体力が回復するのかがまったく意味不明で・・・もしかしたら敵を爽快にぐちゃぐちゃにしたことで快感を得て回復しているという設定なんだろうか・・・(・_・;)

自分の中で無双系と思って認識したこのゲーム、最初は銃器など使わず敵を切り伏せていたのですが、ストーリーが進むと結構ボコられて死んでしまう(´・ω・`; と言うのも敵の攻撃力が意外に強いんですよね。アーマーの耐久度もあっという間に削られてしまいますし、かと言って戦国無双や戦国BASARAのようにレベルアップの概念もない。主人公自身は最初から最後まで同じ強さのままです(・_・;)

ではどうやって激しくなる敵の攻撃に対抗していくかというと、やはり装備の変更なんですよね。接近戦用の武器が、ナイフ、チェーンソーのような剣、斧、ハンマーと4種類あるので自分にあった武器を使うことと、銃器も色々な特徴のものがあるのでこの選択もかなり重要です(´・ω・`)b

と言うか、中盤以降は無双系の肉弾戦ではなく、物陰に隠れながら銃器で遠くの敵を狙って戦力を削るというのが中心になってくるので、だんだんとTPSの要素が多くなってくる感じですかねぇ・・・。無理矢理表現すれば接近戦がものすごく強いスナイパーという感じでしょうか・・・ってそれ無敵の兵士じゃないか(´・ω・`)

あ、スペースマリーンってたかだか1000人程度で銀河の戦局をくつがえしてきた精鋭なんでそれでもいいのか(゜ー゜;)

まあ、実際のゲームでは、そんな精鋭のスペースマリーンもかなり死にますw まあ私のプレイヤースキルが低いだけなのかもしれませんけどね(/ω\)

ストーリーを進めていくと、まったくわからなかった物語の背景を段々と理解できるようになってきたのでほっとしていたのですが・・・

「これは・・・敵のボスっぽいな。最後の戦いか?」

と思った矢先に登場する第3の勢力(゜ー゜;) どうやら主人公達はこの第3勢力のことを知っている感じで・・・

このあたりも元になったゲームを知っていたら、「おおおお!出たああああ!」と興奮するのかもしれませんが、ご存知のとおりそのあたりの知識がまったくないので何がなにやら(´・ω・`;

つかなんで第3の勢力の敵ってスペースマリーンそっくりなん?(´・ω・`) このあたりにも理由があるんだろうなぁ・・・

とにかくこの第3勢力が出てきたあたりから難易度が跳ね上がるので、絶対にプレイする時はイージーモード推奨です。つか私のようなゲーマーではイージーでも結構苦労しました(゜ー゜;)

このゲームの欠点として、ある地点に到達するとオートセーブされるのですが、仮にセーブされた直後に死ぬと、体力満タン状態でそこからのスタートになります。なのでそれを利用して、ごり押しで進めてましたねぇ・・・敵と戦ってる余裕がなかったので(´・ω・`;

とにかく敵を無視してアーマーの耐久度を利用して突き進む・・・

意外にこれで進めたりします(;´∀`) 時々敵を殲滅しなければ先に進めないバリアのような物もありますが、そこではガチバトルという感じでw

そんなこんなで進めてきた『スペースマリーン』ですが、後半のストーリーが盛り上がるにつれてやる気もでてきまして、なんとかラスボスも倒しエンディングへ到達ъ(`ー゜)

ただ、最近のゲームの傾向なんですかねぇ・・・エンディングがあまり気持ちよくない・・・すっきりしない終わり方なんですよね(´・ω・`;

最近は「やりとげたぞ!」というハッピーエンドって駄目なんだろうか(・_・;)

前クリアした『LAノワール』といい、このゲームといいもうちょっと苦労して戦い抜いてきたプレイヤーに爽快感を与える結末にしてもいいんでない?と少し思います(´・ω・`)

まあ・・・物語の終わりに含みを持たせたほうが続編の売れ行きが良いんでしょうけど・・・

アサシンクリードシリーズは見事にその作戦にはまって次々買ってはクリアしたもんなぁ(;´∀`)


最初は無双系、途中からTPSと印象がだいぶ変わる『スペースマリーン』でしたが、人によって戦いかたはさまざまだと思います。

ずっと無双系としてがんばってみるもよし、最初から銃器中心んで戦うもよし、そのあたりはプレイヤーのお好みしだい(´∀`)

少なくともクソゲーではなかったです。

まあ・・・少々ステージ構成がくどいですが(´_ゝ`) 「もうそろそろ、ボスきてもいいじゃね?」と思うくらいザコが待ちうけている回廊や部屋が延々と続くこともあるので。

やはり残念なのが、本来重厚な背景のストーリーがあるはずなのに、それがほとんど把握できなかったこと。これを機に『ウォーハンマー40,000』とやらを少し詳しく調べてみようかなと思いました(゜ー゜;)

原作のゲームを知っているかどうかで、このゲームの評価は本当にかなり違ってくると思われます(´・ω・`)b

そういえば、昔ボードゲームって挑戦しようと思ってたことあるんだよなぁ・・・あれって確か一人でもできるんですよね。雑誌の企画で挑戦してたライターが楽しいって言ってたもんなぁ(´・ω・`)

今度おもちゃ屋さんに行ったら、とりあえずボードゲームのコーナーも覗いてみようと思う私なのでしたw(←その前に積みゲー消化な?)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。