スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過剰な芸術的(?)表現に疑問・・・それ、いる?(;´・ω・)

どうも(´・ω・`)ノ

ゲオの中古スマホ安売りセールで買ったスマホが結構色々なことに使えるのでちょっとびっくりしているあきです(゜ー゜;)

最初にお試しで買ってみたスマホが1,280円のやつで、2012年製造のものでした。ガラケーしか使ったことがなかった私、スマホなんて何も知らなかったので「とりあえず安いやつを試しに・・・」と思って買ったのですが、使ってみたらOSのアンドロイドのバージョンが古すぎて何もできないというありさまで、有名アプリのLINEやパズドラもできないという(´・ω・`;

今回たまたまゲオの決算セールというのが開催されていて中古スマホが安くなっているということでちょっと見てみると、2013年製造のスマホが2,000円弱で売ってある(*'-')

たった1年差ですが、2012年製造と2013年製造のスマホでは天と地ほどの差があって、その間アンドロイドのバージョンが急に上がり、それに伴ってスマホの性能も格段にアップ。基本的に今の環境だと、アンドロイド4.0以上で動作するアプリが多いので、2013年中旬以降くらいに製造されたスマホなら問題ないわけです(´・ω・`)b

私の場合、たまたま形が良くなくて人気がなかった2014年製造のスマホを2,000円弱で買えたので運が良かったかなと(*´Д`*)

しばらくこのスマホで遊べそうですw



さて、前置きがめっちゃ長くなりましたが、今回はちょっとあるゲームで気になったことを述べたいと思います(´・ω・`)b

最近私、結構昔のゲームにはまっておりまして・・・

ガンダムを題材にした、あるブラウザゲームが最近あまりにもインフレを起こして破綻寸前なので、見切りをつけていっそオフラインのガンダムゲームを久しぶりにやってみようと思ってやっているわけです(;´∀`)

それがこのゲームなんですが・・・

20170930-04.jpg

プレイステーション3用ゲームソフト、『ガンダムブレイカー』(´・ω・`)b

ガンダムのプラモデル、いわゆる『ガンプラ』を題材にしたゲームで、ゲーム内イベントで集まったモデラーにプラモデルを作らせ、バーチャルリアリティの世界で戦ってもらうという世界観のゲームです。

敵を倒したり、ステージをクリアしたりすると、プラモデルのランナー(まだ組み立てていないプラモデルの部品)を落とすことがあるので、それを収集して製作し、自分のガンプラに組み込んでパワーアップさせていくという作業がかなり楽しい作品です(ノω`*)

同じランナーでも自分の製作テクニックによって☆0~☆10まで完成度が変わってくるのですが、ガンプラを作るたびに自分のテクニックは上がっていくので、ゲーム内でどんどんランナーを収集してガンプラ製作の腕を上げることになります(´∀`)

ちなみに同じランナーでも☆0と☆10の性能は雲泥の差なので、完成度は非常に大事。

ただ、ここはモデラーの技量ばかりではなく運もかかわってくるのでガシャを引いている感覚にも近いですねぇ(゜ー゜;)

あとレアランナーという性能がかなり高いランナーも存在し、かなりの低確率で各ステージで手にはいることがあります。

その多くは強力な攻撃力を有しているものが多く、例えば『ストライクフリーダムのバックパック(ドラグーンシステムが使用可能)』、『ダブルゼータガンダムのヘッド(ハイメガキャノンが使用可能)』、『ダブルオーライザーのバックパック(オーラバーストやトランザムのようなパイパー化が可能)』など、ゲームをプレイしていたら絶対にほしくなるものばかり( ゚ρ゚ )

中でもこのゲームの2大レア武器が、『GNソードⅢ』と『ビームマグナム』で、どちらもそれぞれのカテゴリーで最強の攻撃力を持っています(´・ω・`)b

特に『GNソードⅢ』などは、『ライザーソード』と言う名前の、巨大なビームサーベルを地面に叩きつけるという強力な攻撃ができるので、これがほしいがために必死にステージを周回したりします(;´∀`)

ただ、運良く手にはいったとしても、あくまで手にはいる時点では未完成のランナーの状態。

実際に製作してみると・・・☆0とか☆2の完成度だった・・・というのは結構ザラです(´・ω・`; まあそれでも強いのですがw

結局このゲーム、ブラウザゲームで言うと2回ガシャを引いてる感覚ににていまして、まず目的のランナーがでるかどうか、さらにそのランナーをなるべく完成度が高い☆10に近づけられるかという2回連続の運が必要になるゲームだったりします( ̄ー ̄)b

本来運ゲーって苦手なんですが、このゲームに限っていえばとても楽しいんですよねぇ(ノω`*)

「よし!今日はダブルゼータガンダムのヘッドを手に入れるために、このステージ10周するか」とか決めてやったりしてw そしてたまたま目的のものと違ったパーツが手にはいってそれをうまく製作できてパワーアップできたとかまあ楽しいですw

さらに言うと、後半のステージが複数人数でプレイすることを前提にしているのか暴力的な難易度でして、敵の前でぼ~っとしてると30秒以内に死ねる難易度だったりします(´・ω・`)

なので、なおさら必死に強い武器や完成度が高いパーツを求めて周回するんですよね(○´ェ`○)

そのあたりの「やる気をださせるバランス」が絶妙なゲームです(*・ω・*)


そんな感じで、久しぶりにやってハマりにハマっているこのゲームなんですが、「ゲームを終わろうかな」と思ってディスクを取り出した時に気になる傷のようなものが・・・

20170930-01.jpg

あまりこのゲームのディスクのラベル面を気にしたことをなかったのですが、なにやら横に削れているような後と妙な油シミのようなものが・・・

「あれ?最初からあったっけ?というか・・・どこでついたキズなんだろう・・・(・_・;)」

読み込み面につく傷ならいくらでも原因はわかるのですが、ゲーム中にラベル面につくキズなど何が原因でついているのか検討もつきません(;´・ω・)

ご存知のかたもいるかと思いますが、私が使っているプレイステーション3のひとつはジャンク品として買ってきたものなので、いつ不具合がでてもおかしくないものなんです・・・

なのでディスクにキズがついていると故障を疑ってしまうのですが・・・

ただ、キズついているようなラベル面を観察していると、えらく直線的にキズがついている感じがする。

20170930-02.jpg

文字も一部削れてるし、ここまで削れるというのは深刻な故障かも・・・

「また分解しないといけないのかなぁ・・・」

とちょっとつらいなと思ったのですが、ただ、分解したところでこの直線的についている傷の原因は特定できない気が・・・

そもそもディスクを吸い込む時も回りながらはいっていくし、ゲーム中は当たり前に回転していますので、もしキズがつくとしたら円周状につくはずなんです。それがここまで直線的についているキズというのはおかしい・・・(・_・;)

ただ、タイトルの文字まであれだけ削れているというのはただごとではない・・・と思ってしばし考えていたのですが・・・

ふと目にとまったパッケージのタイトル。

「あ、あれ?これ同じとこ削れてない?(;´・ω・)」

もしかして!?と思ってタイトルロゴをよ~く比べてみると、キズついて削れていると思っている部分はまったく同じように削れていました∑( ̄□ ̄;)

「てことはこれってわざとこんな表現してあるのか?でも白い部分の油シミのようなものは?」

そう思ってネットでディスク面が撮影してあるものを探してみると、画像が小さくてはっきりはわかりませんでしたが、同じ部分にシミのようなものがあるような・・・(・_・;)

結局のところ、どんな芸術性があるのかわからないような削りや油シミはわざといれてあるもののようで・・・(´・ω・`;

というかこの白い部分のシミようなものいる?

20170930-03.jpg

いったいどんな芸術的な表現でこの油シミのようなものを表現したのかわからないけど、普通に汚れにしかみえないんだが・・・(・_・;)

買った人を不安にさせるような一人よがりの過剰な芸術表現してどうするねん(´・ω・`)

別のゲームでも同じようなことがありまして、『アサシンクリード』という有名がゲームがありますが、このゲームってコンピュータを使って精神世界にダイブする要素があります。

その演出のためか、最初の製作会社のロゴマークにバグのようなノイズを過剰に入れている演出があるんですよね。

ゲームを開始した直後に画面がばぐってたら、そりゃ初めて見たひとは故障か不具合と思いますわな(´・ω・`)

おそらくよほどメーカーに問い合わせが多かったのでしょう、このゲームを紹介しているWEBページのFAQに「これは演出で故障ではありません」という旨のコメントを出すに至りました。

作ったほうは芸実的な表現のつもりでがんばって作ったのかもしれませんが、必要がないところで一人よがりの芸術性を発揮してもらっても一般人は迷惑なだけ。

ゲーム本編と関係ないところでは、普通に・・・本当に普通にやってほしいものです(ーー;)



という訳で、しばらくの間不安になった、「もしかして旧プレイステーション3壊れた疑惑」は終了(;´・ω・)

いやはや・・・本当にあせりましたわ・・・

いくらゲームはまともに動いてもゲームディスク自体を傷つける本体なんて使い物にならないですからね(; ・`д・´)

今回は無事解決(?)して一安心ですw

ただ、前ブログでも書きましたが、薄型プレイステーション2のディスクを傷つける問題は意外に知らない人がまだ多いようなので、一度チェックしておくことをお勧めします(´・ω・`)b

ゲオとかで売ってある中古のプレイステーション2は薄型が多いし結構値段も高いので・・・

それを使ってゲームをしていたら、読み込み面が削れまくってゲームができなくなりました・・・なんてバカらしいことは経験しないにこしたことはないので(;´ρ`)

しかしまあ・・・

スーパーファミコンやファミコン、メガドライブなどはゲームが壊れる心配などしなくて良かったのに・・・ゲーム機が進化して高性能になることは新しいタイプのゲームが増えて楽しい反面、「いつ壊れるか」の心配も常につきまとう・・・悲しいことですなぁ(´・ω・`;

いつか高性能で鉄壁の強度を持つゲーム機が登場することはあるのだろうか(´-∀-`;)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。