ゲームより声優の棒読みがカオスだった某無双系ゲーム(´・ω・`;

どうも(´・ω・`)ノ

寒くなって地上波テレビの受信レベルが下がって困っているあきです(´・ω・`;

毎年冬に近くなると同じことがおきるのですが、特に朝と深夜の受信レベルが低くてNHKなどが見れないことがある(・_・;)

特にNHK第1の受信レベルが低く肝心の災害時にはほぼ見れないというね(´・ω・`) どうも法律の関係でNHKはあまり強力な電波を出すことができないらしく、そのせいで受信レベルが低くなる傾向にあるらしい・・・。受信料取って運営してるんだからそこは中間に電波塔でもたてろや(-_-メ)

とりあえずすがる思いでアンテナブースターを注文してみましたが・・・効果あるのかなぁ(´・ω・`;



このところプレイステーション3のゲームを休んでプレイステーション2のゲームを楽しんでいるのですが、前回『どろろ』をクリアした勢いを駆って、もう1本くらいクリアしてからプレイステーション3のゲームをやりたい。

と、言うことでまたまたゲームを探していたのですが・・・

面白そうなゲームは結構あるのですが、最後までプレイできるかどうかわからない印象のゲームも多数(゜ー゜;)

とは言え、「何かをやる!」と言う決意を持ってゲームをプレイしないと、プレイステーション1以降のゲームはなかなか最後までやりきることができない訳でして(´・ω・`)

そこで、前々から気になっていたあるアクションゲームをプレイしてみることにしました(´・ω・`)b

20171025-01.jpg

プレイステーション2用ゲームソフト、『カオスレギオン』

カプコン製の剣戟アクションゲームです(´・ω・`)b

実はどんなゲームかはおおよそしか知らないゲームでして、わかっているのは、「モンスターを呼び出して味方にして戦う」ということぐらい。

どんなタイプのゲームなのかはわかりませんでした。

予想は「モンハンみたいなものかな?」と思っていたのですが・・・


とりあえずゲームディスクをセットしてゲームを開始。

なかなか重厚なグラフィックのムービーが始まります。これは期待できるかも(;゚д゚)ゴクリ…

そして戦っている2人の剣士。説明書にあった主人公の『ジーク・ヴァールハイト』と敵と思われる『ヴィクトール・ドラクロワ』のようだ。

どちらもイケメンでコスチュームも武器もかっこ良い(○´ェ`○)

しかし、次の瞬間、「はああああ!?」とひっくりかえるような出来事が(; ・`д・´)

剣士二人の会話が始まるのですが、まず口を開いた『ドラクロワ』のセリフがびっくりするくらい棒読み、かつキャラクターのイメージとまったく違う声(;´・ω・)

主人公『ジーク』のほうはあまりセリフがなかったので最初はよくわからなかったのですが、物語が進んでいざセリフをしゃべると、『ドラクロワ』に輪をかけて棒読みでずっこけるようなしゃべりかたヽ(;´Д`)ノ

このゲーム、メインの登場人物が4人でてきて、上記の2人の他に、ヒロインの『アーシア』と謎の死をとげた『シーラ』という女性なんですが、すでに死をとげていて回想シーンなどでしか登場せず、あまりセリフがない『シーラ』役の人がまあまあ聞ける程度で、他のセリフが多い3人はすべて棒読み&シーンに合ってない感情がこもってないセリフの連発(;´ρ`)

シリアスなシーンで棒読みはさすがに萎えますわ・・・

グラフィックはとても良くて、キャラクターのモーションもかなりよく作ってあるのですが、そのかっこいいキャラクターがもう台無しで・・・

最後の『ジーク』と『ドラクロワ』の決戦の時のお互いの思いをぶつけあるシーンはこのゲームの見せ場のはずなんですが、あまりに感情が入っていない棒読みなのでしらけるを通り越して背中が寒くなるほどひどい((p(>o<)q))

そこに現れるヒロインの『アーシア』の棒読みがさらに拍車をかけてもうカオス状態。・゚・(ノД`)・゚・。

このゲームのタイトルの『カオスレギオン』のカオスは声優のヘタクソさがカオスってことですか?(⊃д⊂)

あまりにひどいので調べてみたところ、どうもメインキャラクターの声優は声優をメインにしているプロではなく、当時有名だったな俳優さんや女優さんを採用してあるらしい(´・ω・`)

なるほど・・・またこのパターンですか・・・orz

カプコンってたまにこんなことやるんだよなぁ・・・鬼武者の金城武の棒読みもすごかったし・・・

でも今回はその比じゃないくらいひどい。・゚・(ノД`)・゚・。

ちなみにこの主人公を演じた俳優さん、後に事件をおこしているらしく、愛人のマンションで合成麻薬を使っていて容態がおかしくなって死にそうになっている女性を放置して逃げて問題になったそうで(´・ω・`; さらにイメージ崩れますなぁ・・・

グラフィックは結構良いのですが、なぜかヒロインのグラフィック・・・というかモデリングだけものすごく違和感がある顔をしているのですが、もしかしてこれって、ヒロインを演じたアイドルの顔を似せてつくってるのかなぁ・・・(;´・ω・)

まあ、一番萎えたシーンは、主人公が怒りに燃えて『ドラクロワ』に剣を構えてつっこむシーン。

普通は、「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」みたいな感じでつっこむし、字幕もそうなっているのですが、実際でる声は低い冷めた声で「うおおう!」と短い声(´・ω・`) もうね、まじで無名の新人でいいからプロの声優使ってくれよ・・・orz


さて、肝心のゲーム内容ですが、こちらはモンハンタイプではなく完全に無双系ゲームでした(´・ω・`)b

面クリアタイプで、各面はエリアごとに分かれていて、ターゲットを倒すと次のエリアへいけるようになる感じで、まず道に迷うことはありません。

このゲームの特徴として、『混沌の軍勢(カオスレギオン)』を呼び出して自分の味方として戦うことができます。

呼び出すのはほぼノーリスクで、ソウルゲージというレギオンの体力といえるゲージがなくならない限りいつでも呼び出したりひっこめたりすることができます。

レギオンには、剣を使って戦う人間型や、弓を使って戦うモンスター型など形態は様々。基本となるレギオンは6種類いるのですが、セットして持っていけるのは2種類のみ。なのでこのあたりプレイヤーの好みと戦略が試されるところです。

ちなみに各レギオンはパワーアップさせることでレギオン自体が強くなっていくのはもちろん、主人公にもさまざまな特性が負荷されていきます。

例えば剣で戦うレギオンの『ギルト』を装備すると、『六連斬』という技が使えるようになり、さらにパワーアップすると『地昇斬』という技が使えるようになります。

基本的にこれらの技は、レギオンを装備していないと使えないのですが、レギオンを限界を超えてパワーアップさせるアイテムを使うと、『憑依』という項目が現れ、その『憑依』を会得すると、レギオンを装備していない状態でも技や特性が使えるようになるので、パワーアップすればするほど主人公が使えるアクションが多くなり、結果強くなると言うわけです(´・ω・`)b

このあたりよく考えたなと(´∀`)

一応レギオンを呼び出して戦う時と一人で戦う時はモードチェンジという形で特徴をつけてあるのですが、レギオンを呼び出して一緒に戦ってもらうモードを『フォースモード』と言い、主人公自身の攻撃力は低くなり、走ることもできなくなってしまいます。対して、レギオンを呼び出さず一人で戦うモードを『アサルトモード』と言い、移動力も攻撃力も高くなり走ることもできるようになります。

ただ、このゲーム、レギオンがとても強いので、一人で戦うことはあまりないかなと(´・ω・`)

システム的には結構作りこまれているこのゲームですが、マイナス面も結構ありまして・・・

まず難易度が低くすぎる。

味方のレギオンが強すぎて主人公が死ぬことはほとんどないです(゜ー゜;) イージーモードでやったせいかもしれませんが、とにかく味方が強い(;´∀`)

普通のゲームだと味方になるキャラクターというのは後ろでなんとなくいて、たまーに役にたつ程度のゲームが多いのですが、このゲームの場合、鬼のように敵に突っ込んで戦い、敵を殲滅していきます(・・;)

なので主人公はもはや何もしなくて棒立ちで良いんじゃないか?と思えるゲームバランスになっています(・_・;)

う~む、頼もしい味方は良いけど、これはどうなんだろう・・・

もうひとつがステージ数が少なすぎてせっかくのゲームシステムをじっくり楽しむことができないこと。

プロローグもあわせて14ステージはさすがに短い(´・ω・`;

敵も同じような敵ばっかりで、それに加えてボスの使いまわしがあるのでさらにボリュームが少ない印象が(;´・ω・)

このあたりもう少し作りこんでほしかったですねぇ・・・


まあ何にしても、やりきった感はあまりないもののゲームクリアをすることはできました(´・ω・`)



それにしても今回プレイした『カオスレギオン』は微妙なゲームでしたねぇ・・・(;´・ω・)

バックとなるストーリー上の設定はなかなか良いものの、俳優さん達の棒読みですべてが台無し。さらにはゲーム自体が簡単すぎてほぼ作業と言えるような緊張感のなさ・・・

誰でもクリアできて良いと言えばそうなんですが、物語を楽しもうとすると声優の棒読みが邪魔をし、ゲームを楽しもうと思えば難易度の低さで本気になれないというどっちつかずな印象がぬぐえない(´・ω・`)

声優をプロに変えて、もう少しゲームのボリュームを増やしたりやり込み要素を増やしたら本家無双に負けないようなゲームになるのでは?と思います( ̄ー ̄)b

そういえば・・・

グラフィックボードの付属品で、このゲームのWindows版があったなぁ・・・

パソコン版の声優はどうなんだろう?(´・ω・`) もしかしたら変わってるかもしれないし一回インストールしてみようかなぁ(;´・ω・)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ
にほんブログ村



家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ