スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔気になっていたゲームが安かったので買ってみた(´・ω・`)

どうも(´・ω・`)ノ

身内の不幸でしばらくネットでの活動を休止していたあきです(´・ω・`)

まあ、正確には休止というより精神的なショックがあまりにも大きく、さらには最後を看取るまでつきっきりで介護していたということもあってまるでネットをやる気がおきなかったと言うほうが正しいのですが(;´・ω・)

それにしても、ネットでの喜び、悲しみ、うらみ、争いなどは、実生活がある程度満たされているからこそできるものなんだなと改めて実感させられました。

「何か変わったことがないかな」と思って生活している人も多いかもしれませんが、今すごしている「何もない日常」が実はとてつもない幸せなんですよね・・・本当に本当にそう思いました(´_`。)



しばらくはゲームをやる時間も気力もあまりなかったのですが、最初に病院に言って検査結果がわかるまで時間があったので、食料品などの買い物ついでに買ったゲームがありまして、今回そのことについてお話しようかと思います(´・ω・`)b

ゲーム屋さんはちょいちょい覗くのですが、やはり時代はプレイステーション4に移行していまして、もはやプレイステーション3のコーナーも縮小されているのが実情。

時代の流れとは言え、今からプレイステーション3のゲームを楽しもうとしている私にとっては少し寂しいですなぁ(´・ω・`)

でも不思議なことに、時代はプレイステーション4に移ったとは言え、まだまだ中古価格が高いプレイステーション3のゲームも結構あるんですよね(;´・ω・)

私がどうしてもやりたい『アサシンクリード4』とかならともかく、高いけど内容がほとんどわからないゲームに手を出すのはちょっと怖い。今の時期に高いと言うことは、おそらくそれなりの評価を受けているゲームだとは思うのですが・・・

とりあえず私の中で、「ゲーム1本に使うお金は高くても2,000円以下」という決まりを作っていますので、高い中古ゲームはとりあえずガン無視で、内容がまったくわからなくても安いゲームを探すようにしています(´・ω・`)b

まあ、プレイステーション3のゲームならよほどのことがないかぎり、「こりゃ遊べないクソゲーだ・・・」ってこともないですからね(゜ー゜;)


で、今回目についたゲームは2本ありまして、どちらも見覚えがあるタイトル。

ひとつは昔衝撃を受けた格闘ゲームで、もうひとつはニコニコ生放送時代に友達のゲーム配信者が神がかったプレイをしていたゲーム(´・ω・`)b

昔見た時はどちらも結構中古価格が高くて買わなかったのですが、今回は2本とも480円になっていたので買ってみました(´∀`)

おそらく一般のゲーマーさんから見ると、「え?いまさら?」という感もあると思います(´-∀-`;)


と言う訳でまず1本目(´・ω・`)b

20171201-01.jpg

プレイステーション3用ゲームソフト、『デッドオアアライブ5』

元々はテクモの格闘ゲームですが、現在はコーエーと合併しているので販売はコーエーテクモゲームズです。

このゲームの初代が発売された当時、3D格闘ゲームの会社と言えばセガとナムコだったのですが、そんな中でものすごく動きが良い格闘ゲームを予想もしなかったテクモが開発したということでかなりびっくりした記憶がありますねぇ(゜ー゜;)

初代『デッドオアアライブ』との出会いは、ボーリング場に置いてあったアーケードゲーム(´・ω・`)b

ものすごく動きがよくそれほど苦労しなくても華麗な連続技がだせて、さらにありえないくらいの女性キャラの胸の揺れ具合(;´∀`)

友達に、「これすげーな!バーチャファイターとか鉄拳以外にもこんなすごい格闘ゲームあったんだ?」と聞いたところ・・・

「へ?これセガサターンで発売されてるよ?( ゚д゚)ポカーン」という友達。

え?まじで!?Σ(゜Д゜)

そのことをまったく知らなかった私、半信半疑で帰り道にコンビニエンスストアにゴー(;´∀`) 当時はコンビニにゲームが結構売ってあったんですよね。当然定価で・・・ですが・・・(ーー;)

するとゲームのラインナップに確かにさっきのゲーム『デッドオアアライブ』がある∑( ̄□ ̄;)

ええ・・・そりゃ迷うことなく速攻で買いましたよ(´・ω・`)

セガサターンは当時まだ現役バリバリの人気ゲーム機でしたが、あのゲームセンター版の美しさをどれくらい再現しているかがちょっと心配でした。でもプレイしてみてその不安は吹き飛びましたw

いや動きといい、効果音といい、グラフィックといい、乳揺れといい、完全にゲームセンターで見たものと同じでしたねぇ(;´∀`)

当時はまだまだ3D格闘ゲームブームだった時代。私も3D格闘ゲームにかなり燃えていたので、かなり楽しんで夢中でプレイしましたねぇ( ̄ー ̄)

その後プレイステーション2で、続編が発売されたのでもちろん購入。

正直最初ほどのインパクトはなかったものの、しっかりと作りこまれたのゲーム性は健在でした(´∀`)

その後しばらく続編がでないなぁ・・・と思っていたのですが、久しぶりに見たのがこのプレイステーション3版の5作目。「ナンバリングの3と4はどこに行った?」と思って調べてみたのですが、どうやらXBOX系に発売していたみたいですねぇ・・・なぜ市場規模が大きかったプレイステーション2用に発売しなかったのか本当に謎です(´・ω・`)

で、久しぶりにやってみた『デッドオアアライブ』ですが、さすがに5作目ともなると、ハードウェアの性能向上もあいまって美しいですなぁ.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.

乳揺れ表現は控えめになってる感じがしますが、生き生きとしたキャラクターの動きは健在ъ(`ー゜) プレイしていて非常に楽しいです(´∀`)

ただ・・・ちょっと難易度が高いかなと(´・ω・`)

最弱設定にしていても油断していたら最初の相手に連続技を叩き込まれて瞬殺されてしまう感じで(´・ω・`) まあ気の抜けない格闘を楽しむという面では良いのかもしれませんが、久しぶりに格闘ゲームをプレイする私にとってはちょっときついですw

あと、ただ敵を連続で倒す定番の格闘ゲームかと思いきや、重厚な物語の中に格闘を取り入れたストーリーモードもあるので、その進化っぷりにちょっとびっくり(;´∀`)

まさか格闘ゲームで物語を楽しめるとは思ってなかったので(゜▽゜;)

こちらのほうも今後プレイするのが楽しみです。


そして2本目。

実はこちらはゲーム内容は知っていても当時あまり買う気がしなかったゲームです(;´∀`)

20171201-02.jpg

プレイステーション3用ゲームソフト、『初音ミク プロジェクトディーヴァF』

もはや有名アイドルと言っても過言ではない電脳歌姫『初音ミク』を題材にしたゲーム(´・ω・`)b

発売はセガなので、最初は初音ミクを使った3Dアクションゲームかなと思ってました。

そんな時ニコ生時代の友達がこのゲームのとりこになってまして(;´∀`) 実際配信でもプレイしていたので見ていたのですが・・・

正直な感想が、「プレイステーション2でも作れるような平凡なリズムゲームだなぁ・・・」と思ってしまいまして(´・ω・`)

プレイステーション3のゲームと言えば、美しい3Dグラフィックのキャラクターがこれまたスムーズな動きで動き回るリアルな映像のゲームという印象が強かったので、「ただのリズムゲームをプレイステーション3でわざわざやる気が・・・」というのが当時の正直な気持ちでしたねぇ(;´・ω・)

基本的なゲーム性としては、初音ミクの歌に合わせてとんでくるボタンの絵柄に対応したコントローラーのボタンをタイミングよく押すというもので、友達はよほど難易度が高いモードをしていたのか、えらく複雑なボタンの連続を苦もなくクリアしてましたね(;´∀`)

まあ、あれだけやれれば面白いんだろうなと思っていましたが(゜ー゜;)

こんな感じでごく普通のリズムゲームだったのですが、中古価格は初音ミクの知名度のせいかなかなか下がらず結構高いままで、なかなか購入するに至りませんでした(´・ω・`)b

そんなこんなで時が流れ、このゲームの存在も忘れかけていた時に、ポツンと1本だけ置いてあった中古のこのゲーム。480円というワンコイン価格になっていたので買ってみたしだいです( ̄ー ̄)

なんだかんだ言ってリズムゲームは好きなんでw

ゲームとしては古いゲームなのですが、実は私にとって利点もありまして・・・

それは何かと言いますと、初音ミクが歌うボカロ曲が古いこと(´・ω・`)b

一見すると、「それはマイナス点じゃ?」と思われるかもしれませんが、実は私、ニコニコ生放送でやっていた時代は結構「歌ってみた」カテゴリを見に行ってまして(´∀`)

ツイキャスは芸能人の曲のカラオケ配信が多いのですが、ニコニコ生放送ではボーカロイドの曲を歌う人がほとんどだったんですよね。カラオケ用の音源もニコ動に用意されているせいか、「うるさすぎて音割れして聞くにたえない」ということがあまりなく、しっとりと歌いあげる生主さんが多くいました。

その中でも私がものすごくファンになった人がいまして、その人が配信するたびに見に行っていたのですが、このゲームはちょうどそのあたりのボカロ曲を使ってあるため、聞いたことがあるなつかしい曲が多い( ̄ー ̄)b

逆に最近のボカロ曲はさっぱりわからないので、昔の曲のほうが私個人にとってはノリノリでリズムゲームできるという訳ですъ(`ー゜)

ただ、初期でプレイできる曲が少なすぎて、その曲をクリアしないと別の曲がアンロックされないのですが、ちょっとそのあたりがきついかなと(´・ω・`) やっぱ好きな曲でリズムってみたいですからねぇ・・・まあゲーム性をたもつためといえばそういう仕様もしかたがないのですが(´・ω・`)

一緒に歌いながらプレイできるこのリズムゲーム、今となってはなかなかはまれそうなゲームではないかなと思っています(´∀`)



過去に思い出があるゲーム2本でしたが、やはりなにかしらの思い出があるゲームは自分で実際やってみると、まったくの新作ゲームとは違うなつかしい感情をわきたたせてくれる良いゲームですな(´∀`)

どのゲームに思い出があるかは、その人がすごしてきた人生や親から与えられたゲーム、友達と楽しんでやったゲームなど、人それぞれ違ったものになると思いますが、その続編などがあったらぜひやってみてほしいです。新しい中になつかしい思いが甦る・・・そんな心地よい気持ちになれると思いますъ(`ー゜)

スーファミミニやファミコンミニが売れた背景にも、もしかしたらそんな感情があるのかもしれませんね。まああれは新作というより、昔やったゲームそのものですがw


プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。