車のゲームながらしっかりしたストーリーのゲームをプレイ(´・ω・`)b

どうも(´・ω・`)ノ

某中古ゲーム屋さんのプレイステーション3用のゲームコーナーが半分ほどに縮小されていて軽くショックだったあきです(´・ω・`)

まあ、しかたがないことなのかなぁ・・・

980円以下コーナーがあったのですが、そこがごっそりと撤去されてましたねぇ・・・(;´ρ`) チェーン店だから本店に送り返した感じなんだろうけどやはり寂しい(´・ω・`)

そのかわりといっちゃなんだけど、前に撤去されていたプレイステーション2用のゲームコーナーが小規模ながらも復活してたのはびょっとびっくりしたかな(;´∀`)



さて、前回プレイステーション2用のゲームで、ナムコの格闘ゲーム系でありながら主人公のストーリーを体感できるゲームである『アーバンレイン』をプレイしたのですが、その勢いを駆ってさらに積みゲーを消化することにъ(`ー゜)

そろそろジャンプアクションゲームでもプレイして感を取り戻したいところなんですが、プレイステーション2って意外にその手のゲームってないんですよね(´・ω・`)

前から積んでる『ラチェット&クランク』シリーズや、まだ未プレイの『クラッシュバンディクー5』をプレイしようかと思ったのですが、ラチェットのほうはゲームシステムに慣れるまで時間がかかりそうだし、クラッシュのほうはクソゲーの噂がチラホラ(;´∀`)

よく考えたら、ジャンプアクションゲーム系はスーファミやファミコンなどのレトロゲームのほうが多いので、そっちでやろうかなとふと思いましてw

今回はプレイステーション2などの3D機能があってこそプレイできるゲームに挑戦してみることにしました(´・ω・`)b

前回のゲームは格闘ゲーム系でしたけど、ジャンプアクションゲームと違って落ちてしんだり敵の無茶な配置や攻撃ですぐ死ぬことはないから楽勝・・・と思いきや、クリアまで結構苦労しましたからね(;´∀`)

どんなゲームでも、クリアまでの道程はたいへんなんだなと改めて実感したしだいでして(´・ω・`;

で、今回挑戦したゲームなんですが、前にゲームを探している時にちょっと目に留まっていたゲーム(´・ω・`)b

見た目は前回の『アーバンレイン』と同じく、バイオレンス系のゲームに見えたのですが、パッケージを見る限り車を中心としたゲームの模様。

パッケージ裏の説明では、「四方8キロメートルを越える都市を細部まで再現」と書いてあるので、オープンワールド系のゲームなのかなと思ってちょっと期待(゜▽゜)

それがこのゲーム(´・ω・`)b

20171212-01.jpg

プレイステーション2用ゲームソフト、『クリティカルベロシティ』

前回と同じく、大手ゲームメーカー『ナムコ』のゲームです(゜▽゜)

ナムコと言えば、レースゲームですぐに思いつくのが、『リッジレーサー』シリーズ。そのナムコが作った車を中心にしたゲームということでかなり期待も膨らみます(○´ェ`○)

さてさて、どんなゲームなんでしょうか?


まず、このゲームの主人公はソールという若者とその相棒のゴードン。

二人は『ストーマー』と呼ばれる職業(?)をやっていて、車を使って運び屋や護衛、時には犯罪者を捕まえるなど、便利屋のような仕事をしている人物。

その二人が、新たに仕事をする都市として選んだ『プリオシティ』で活躍する物語を描いたゲームになっています(´・ω・`)b

ストーマーという職業がら、どうしても車が中心のゲームになるのはしかたないのですが・・・

実はこのゲーム、車が中心というより、まるっきり車のゲームです(;´∀`)

『グランドセフトオート』のように、車が中心でありながらも銃撃戦やら探索やらがあると思いきや、このゲームは車から降りることはできませんし、ゲーム中に3Dモデルで主人公達が再現されて移動するなどという仕様もありません(´・ω・`;

ただ、ひたすらストーリーにのっとった行動を車にのったままやるだけ(;´∀`)

なのでもちろん銃撃戦などもありません(・・;)

このあたりちょっと、「まじかぁ・・・」とがっかりしたのですが、プレイするうちにそれが気にならないような作りになっていることに気がつきましたъ(`ー゜)

と言うのも、このゲーム、ストーリーモードの作りが非常にしっかりしていて、まずストーリー事態がまるで映画を思わせるようなストーリーであることと、ミッションの合間に必ず用意されているムービーがかなり美しく、さらには有名な声優さんを起用してあるので、どんどん物語の中にひきこまれていきます(*'-')b

もちろんゲーム中は車から降りれない主人公達も、ムービーの中では車から降り、生き生きとした人間味あふれるところを見せてくれるので、ただ単に車を走らせるだけのゲームとは一線を画す感はしっかりとありますъ(`ー゜)

前回プレイした、『アーバンレイン』は、あまりにもムービーが少なく、ほとんど文字だけストーリーを再現していたゲームであることに対して、こちらは要所要所でしっかりとしたムービーで物語を補完しているのでプレイしていてかなり楽しいですヽ(´ー`)ノ

同じ会社のゲームなのに開発チームが違うとこうまで違うのかとちょっと思ったくらいで(´・ω・`;

さらに、四方8キロメートルと記載されていた舞台となる『プリオシティ』ですが、体感では8キロメートル以上あるように感じます(´・ω・`)b

やってみるとわかるのですが、思ったよりかなり広いです(;´∀`)

エリアも、都市部、工業地帯、リゾート、砂漠、山岳とさまざまな風景やそれっぽくレイアウトされた道路があり、かなり気合を入れて舞台となるプリオシティを作ってあるのがよくわかる感じになっています(´・ω・`)b

やはりこの手のゲームは、ストーリー上の舞台となる地域がしっかりと設定してあってこそ楽しさがありますからね。その面ではこのゲームは合格ъ(`ー゜)

ストーリーの進行ですが、セーブデータの画面を見るとわかると思いますが、メインのストーリーは全部で27のミッションで完結するようになっています。

しかしその他のフリーミッションもあるので、じっくりと楽しもうと思えばかなり長時間遊べると思われます。

ミッションをこなしていくと、お金稼ぎができるのはもちろんですが、『ストーマーレベル』というものが上がっていきます。その『ストーマーレベル』が上がると、お店に高性能な車を購入することができたり、チューニングパーツなども良いものが買えるようになるので、それなりにやりがいもあり(´∀`)

ミッション達成度100%や車コレクション100%を目指すと、かなりのやり込みが必要・・・そう思えるほどのボリュームがありますъ(`ー゜)


さて、ここまで褒めちぎってきたこのゲームですが、少々文句を言いたいところもありまして・・・

まず、ひとつは難易度が高いヽ(;´Д`)ノ

車を使ったゲームである以上、制限時間なども当たり前に設定されているし、敵となる人物達とのレースもあるのですが、序盤はともかく、中盤から後半にかけての制限時間の設定などがかなり厳しい(;´ρ`)

昔の日本製のゲームの特徴と言っても良いのですが、「簡単にクリアさせてたまるか!」とばかりに、結構高めに難易度を設定し、ゲームに慣れてテクニックを駆使したらギリギリクリアできますよという難易度に設定されているゲームが多いんですよね(ーー;)

特にセガのゲームとか(ボソ)

このゲームも中盤以降はおそらく多くの人がリトライの連続になると思われます(´・ω・`)

まあ・・・同じステージを1時間もリトライすればなんとかクリアできるような難易度には設定してあるようなのですが、車のゲームが苦手な人にとっては途中で詰むことの十分ありえるかなと少し思います。

そしてもうひとつが、ミッションとミッションの間に街を自由に移動できるフリーランのモードがあるのですが、ミッションが発生する場所に早く向かいたいのに、時速120キロオーバーで走るとすぐにパトカーから追い回されてガンガン体当たりされたりします(;´ρ`)

もちろんつかまったら罰金30000ドル・・・結構でかいです(´・ω・`)

なので平和に走ろうと思ったら時速100キロ程度で加減しながら走るのですが・・・

ストレスたまるわーーーーーー!!( ゚д゚ )クワッ!!

なんでこんな仕様にした?せっかくのオープンワールドなんだしだんだんと高性能化していく車があるのに制限速度ありって・・・しかもこっちはバリバリチューニングしてある車なのに、その車に平気で追いついて体当たりをかましてくるパトカーってなによ?(;°д°)

このあたり萎えるポイントですなぁ(´・ω・`)

いいじゃん・・・せっかく高いお金だして高性能の車にしたんだから自由に走らせてくれもさ(´_ゝ`)


あと一通りクリアしたはず・・・なんですが、このゲーム・・・最後のムービー見せたらすぐにセーブ画面になってタイトルに戻ったんですよね(´・ω・`) 普通最後のムービーみたあとスタッフロールとかないか?(;´・ω・)

洋ゲーのように長すぎるスタッフロールも駄目だけど、まったくないのもどうかと思う(´・ω・`) やっぱりスタッフロールみながら、「やりきったなぁ・・・」と観賞にひたる時間はほしいものです・・・



タイムアタックなどが無限にできるため、本来クリアという概念がないことが多い車のレースですが、クリアしたという気持ちを与えてくれるこの手のゲームは結構めずらしいですね(´∀`)

ゲーム終了後もクリアデータを使えばクリア時点で乗っていた車を使えるということで、ある意味「強くてニューゲーム」状態。未プレイのミッションをこなしつつのんびりプリオシティで過ごすのも良いかもしれませんъ(`ー゜)

肝心の車の挙動も悪くはないので、レースゲーム好きのゲーマーも十分楽しめると思います。まあ・・・パトカーが邪魔ですが(´・ω・`)

今回声優さんの中に、「アイドルを起用しました!」とかいうのがなく、すべてプロの声優さんだったのでほっとする私w

やっぱり「声による演技」ってとても大事なんですね(´・ω・`)

俺ももうちょっと配信する時棒読みから脱出しなければ(;´∀`)


プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ
にほんブログ村



家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ