プレイステーション2の熱暴走修理。その後(´・ω・`)

どうも(´・ω・`)ノ

ドアに挟んだ指がなんとかキーボードを打てる程度まで回復したあきです(゜ー゜;)

指先は相変わらず腫れて爪は血が内部で固まって真っ黒なんですが、とりあえず使えるようになって一安心ε-(´∀`*)ホッ

場合によっては骨が砕けてたり、最悪指がちぎれててもおかしくない状況だったので、不幸中の幸いと思ってゆっくり回復していきたいと思います。



さて、2つ前の記事で書きました、プレイステーション2の熱暴走の修理ですが・・・

結論から申しますと、また熱暴走が再発いたしました(´・ω・`)ショボーン

しばらくは熱暴走していたのがウソのように長時間動作していたのですが、昨日ゲームをプレイしていたところ途中でフリーズしまして、その後リセットをしてもフリーズの連発。

少し電源を切って冷却してやると動くようになりますが、15分程度でまたフリーズ。

う~む、困った(´・ω・`)

物は試しにと、CPUとGPU、そして熱伝導シートにCPUグリスを薄くつけて組み上げなおしてみましたが、1時間ほど稼動させるとやはり高確率でフリーズします(´・ω・`;

これは・・・

さすがに怖くて長編ゲームができませんなぁ(・・;)


とりあえず、DVDが読めなくなってプレイステーション1のゲーム専用に使っていたプレイステーション2を持ってきてDVDドライブを移植。CDのみ読めるDVDドライブと交換する形にしました。

プレイステーション1のゲーム専用にしていたこのプレイステーション2は、まだ熱暴走をおこしたことはありませんので、とりあえずは大丈夫だと思いますが・・・型番がSCPH-10000という初期の初期の型番なので少し不安ですなぁ(゜ー゜;)

で、熱暴走を再びおこしたプレイステーション2ですが、「プレイステーション1専用にしたら処理も軽く発熱も少ないはずなので大丈夫かも・・・」と淡い期待を抱いてこちらをプレイステーション1のゲーム専用に使おうと思ったのですが・・・

やはり、プレイステーション1のゲームでも1時間ほどでフリーズ(´・ω・`)

くう・・・なかなかにつらいヽ(;´Д`)ノ

一応色々試すことも兼ねて、前回基盤を交換したプレイステーション2の部品を使って色々と補修してみましたが、やはり結果は駄目(;´・ω・) というよりフリーズするまでの時間がかえって短くなりました。・゚・(ノД`)・゚・。

さすがにこれは・・・無理ですかな(´・ω・`)

熱暴走をおこしたプレイステーション2の型番はSCPH-15000なんですが、倉庫で眠っている残りの部品取り用のプレイステーション2の型番はSCPH-30000。中身を見てみるとわかるのですが、かなり構造が違うので部品の流用などはぼぼ不可能になっています(ーー;)

と言う訳で、現状、熱暴走を起こしたプレイステーション2は諦めるしかない状態なのですが、念のためネットで同じような症状の修理に関連する記事を見てみたところ・・・

う~む、熱暴走の修理後、完璧に動作するようになりました!という事例がほぼないですねぇ(´・ω・`;

熱伝導シートのかわりにアルミ板を使って丁寧に修理されたかたの記事でも、やはりフリーズは発生するようで、どの事例でも「まったく熱暴走しなくなりました」という事例はなかったですねぇ(;´・ω・)

思うに、熱伝導シートの劣化という原因のほかに、CPUやGPU、その他のチップなど、廃熱がうまくいかない影響でジワジワと劣化していったのかもしれません。

そして、プレイステーション2が熱暴走を起こすような状態になった時には、もうすでに手遅れの状態なのかもしれないですねぇ(´・ω・`;

とは言え・・・諦めきれない自分がいるのも事実(´・ω・`)

今後、今回熱暴走を起こして事実上引退したプレイステーション2を使って、色々と修理できないかを試していきたいと思います(´・ω・`)b


さて、プレイステーション1のゲーム専用にしていたプレイステーション2に、正常なDVDドライブを移植して完全版になった訳ですが、こちらは配信用のプレイステーション2にする予定なので、今まで設置していた場所がぽっかりあいた訳ですが・・・

とりあえず、その場所はプレイステーション1の代用品となるプレイステーション2が設置してあった場所。

なのでかわりのプレイステーション1もしくはプレイステーション2を設置したいところです(´・ω・`)b

プレイステーション1の未修理状態のものはたくさんあるものの、正直今から動きそうなものを修理する気にはなれない(ーー;) 熱暴走したプレイステーション2を分解したり組み上げたりする作業でかなり疲れたので⊂⌒~⊃。Д。)⊃

と、なると・・・DVDが読めなくなったけどCDは読めるプレイステーション2を設置することになるのですが、倉庫を探してみたところ、どうやらそれに該当しそうなプレイステーション2はなさげで(;´・ω・)

DVDを読めないプレイステーション2は部品取り用にしているのですが、全部で5台ありまして、うち3台が熱暴走をすでにおこしているもの、そして2台はDVDドライブの故障でまったくゲームの読み込みができないもの。なのでプレイステーション1のゲーム専用として設置できるプレイステーション2がなかったのです。

あ、いや正確には完全動作するプレイステーション2は20台ほどストックがあるので、それを使えば良いのかもしれませんが、自分の中で「DVDドライブが正常なものはプレイステーション2のゲーム専用にする」と言うルールがあるので、それは使う気になりません(゜ー゜;)

まあ、なぜそんなルールを自分で設けたのかと言いますと、プレイステーション2のDVDドライブはレーザーの劣化が激しく、さらには劣化していくとまずDVDが読めなくなるので、そうなってから(消極的にではありますが)プレイステーション1のゲーム専用にしようと思ってるからです。つまりDVD以外の用途になるべく使わずに劣化を少しでも少なくしたいという気持ちからなんです(´・ω・`)b

なのでプレイステーション3でもプレイステーション1のゲームはまったくプレイしていません。

プレイステーション3は型番によってはDVDとブルーレイのレンズがそれぞれついているものもありますが、それでもブルーレイドライブを稼動させる以上劣化は間逃れないので、少しでも長持ちさせたいという一心からであります('◇')ゞ

さて、本題に戻りまして、プレイステーション1のゲームをプレイするためのゲーム機ですが・・・

しばらく考えたところ・・・

ありました!1個だけ!ъ(`ー゜)

DVDは読めなくなったけど、CDの読み込みなら完璧で動作にも問題ないものが!

さらにジャンク品ではない正規品で購入したものが!


それは何かと言いますと・・・


私が始めて購入したプレイステーション2(´・ω・`)b

予約はしていなかったものの、発売日に卸店の店長さんのご好意で購入したもので、初期型にしてはかなり長く動いてくれたのですが、10年目くらいにとうとうDVDのディスクを読み込めなくなりまして・・・

発売日に初めて買ったプレイステーション2ということで思い入れも大きく、部品取りにすることや、他の部品とパーツを入れ替えて修理することになんとなく寂しさを感じていたので、動作しなくなった状態のまま、購入した箱に入れて保管しておりました。

気持ち的には、買った当時のままの、一緒に楽しい時間をすごしたままの完全オリジナル品であってほしかったんですよね(´・ω・`)

今となっては修復部品はいくらでもあるので修理できるのですが、買った当時のままの姿であってほしかったんです(´・ω・`) 妙なこだわりですがw


で、この唯一定価で買ったプレイステーション2ですが、CDは問題なく読めるのでプレイステーション1のゲーム専用機にするにはぴったりъ(`ー゜)

取り出してきて設置して試してみましたが、当時の大事にした姿のままで、ディスクトレイの開閉もまったく問題なくスムーズにでき、プレイステーション1のゲームの読み込みでひっかかるようなこともありませんでした(´∀`)

大事に使ってましたからねぇ・・・このプレイステーション2( ̄ー ̄)

一度は引退した私が買った初めてのプレイステーション2ですが、色々なことがあってここに復活ヽ(´ー`)ノ

まあ・・・プレイステーション1のゲーム専用機となっての復活ですが、箱の中で眠っているより、また私と楽しい時間を過ごすほうがきっとこのプレイステーション2も幸せだと思いますので|ω・`)



さて、前回も書いたかもしれませんが、鉄壁と思っていたプレイステーション2の基盤が熱暴走という形で使えなくなることが今回はっきりと判明した訳なんですが、これは事実として受け止めるしかないですねぇ(´・ω・`;

熱暴走したプレイステーション2を、完璧とは言わないまでも4~5時間フリーズしないようにすることができないか、今後の研究課題ですなぁ(´д`)

プレイステーション2のICチップが熱で劣化するとしたら、一段とDVDドライブが正常なプレイステーション2でプレイステーション1のゲームをプレイするのがもったいない気がしてきまして・・・早く修理する気力を取り戻してプレイステーション1本体の修理を2~3台やりたいところです。

昔のゲーム機・・・たとえばスーパーファミコンなどはそんな心配まったくしなくても良かったのになぁ・・・(´д`)

ゲーム機の性能と故障率・寿命は表裏一体ってところでしょうかねぇ・・・

まあ、心配ばかりしてもしょうがない。

久しぶりに現役復帰した思い出のプレイステーション2と一緒に何かなつかしいゲームでもやりましょうかねぇ(´ω`)


前回買ったジャンクノートパソコンは今回の為の布石か?ジャンクノートパソコン復活作戦|`・ω・)

どうも(´・ω・`)ノ

囲碁の勉強と実践からかなり遠ざかってるあきです(´・ω・`)

コンピュータの『強』モードに勝てるようになることを目標にして勉強していた私ですが、最近リアルでもネットでも色々ありまして・・・いつのまにか囲碁から遠ざかっておりました(´・ω・`;

久しぶりに13路版という30分程度で勝負がつく大きさの囲碁板でコンピュータの『弱』と対戦してみたのですが・・・結果は惨敗。・゚・(ノД`)・゚・。

また基礎から勉強しなおしていく必要がありそうです・・・トホホ・・(;´д`)ノ| 柱 |



さて、今回はジャンク品のノートパソコンの話です(´・ω・`)b

これまで何回もジャンク品のノートパソコンを実用レベルまで復活させてきた私ですが、最後の最後で久しぶりの最大の試練がまっていました(゜ー゜;)

最後・・・というのが、私は遠距離の病院に2ヶ月に一度くらいの頻度で通院していたのですが、その時ついでにジャンク品屋によって買い物をしていた訳です(´・ω・`)b

しかし、通院していた病院が辞めるとのことで、あまりしょっちゅうはジャンク品屋にいけなくなってしまう。そんな理由から最後という気持ちで今回の買い物をしてみました。

正直・・・行くたびにかなりの確率でノートパソコンを買ってきていたので、置き場所に困るくらいありまして(゜ー゜;)

まあ、そろそろ自分に「やめよか!」と思ってたところもあるので丁度良かったのかもしれませんw


で、今回は安いパソコンがなかったら買わない予定だったのですが・・・

とりあえずデスクトップパソコンで目をひくような物はなし。『I3コア』を採用したジャンク品があれば買おうかと思っていましたが、やはりジャンク品で並べてあるのは『コア2デュオ』のパソコンが限界ですねぇ・・・やはり『I3コア』のパソコンは今でも現役で使えるので、そのあたりのパソコンはしっかりと整備してそれなりの値段で売るのでしょうね。

次のノートパソコンですが、いやいや横長画面(16:9)の液晶を採用したジャンク品のノートパソコンが増えたこと増えたこと(゜ー゜;) ただ、値段は6,000円~10,000円ほどが多く、ジャンク品として買うにはリスクがある価格です。なにせジャンク品=返品不可なので、電源がはいらなかったりしたら、その瞬間に購入金額が無駄になってしまう(;´・ω・)

そんな訳で、私の場合は3,000円以下で、そこそこ性能が良いノートパソコンを探すことが多いのです(´・ω・`)b

今回色々探してみたのですが、3,000円以下で昔のゲームがそこそこ動きそうで、かつACアダプタがセットになっているノートパソコンは1台のみで、ソニーのノートパソコンでした。

性能的には『ペンティアム3』の800MhzのCPUを採用し、ハードディスク容量もそこそこ。この性能なら、私がかなりの頻度でゲームやアプリケーションを買っていた時代の2000年前後くらいのパソコンの性能に近いので、十分に使えるはずです。キーボードもなにやらタイプライターみたいな装飾がしてあって一風変わったノートパソコンだったので、「今回これにしようかな・・・」と思ったのですが・・・

気になるノートパソコンがもう一台ありまして、それが富士通の『FMV-BIBLO』。

こちらは値段は4,000円といつもならスルーする値段。しかし、性能的には採用してあるCPUが『セレロン』の2.4Ghzということで、さっきのノートパソコンとは性能が段違い(゜ー゜;) どちらを買うか迷うところです。

しかし、今回は定期的にジャンク品屋にこれる最後の日だと思って、思い切って4,000円の『FMV-BIBLO』のほうを購入することにしましたъ(`ー゜)

まあ、富士通のノートパソコンのほうがデバイスドライバを入手しやすいのというのもありましたし、やはり性能が段違いというのもありましたので、妥当な選択だったとは思います。


そして帰ってきてセットアップの準備。

20170719-01.jpg

外見はこんな感じ。

ロゴマークの部分意外はなかなか綺麗なんですが・・・この形やたら見覚えが・・・(´・ω・`)

ちなみに型番は、『FMV-BIBLO NB50H』だそうで、基本的なデバイスドライバはちゃんと富士通のサポートサイトに公開されておりました( ̄ー ̄)b

まず、デバイスドライバを一通りダウンロードして・・・

いよいよ、Windowsのインストール・・・・なんですが!

「CDが読みこまねぇ(´・ω・`)」

そうなんです・・・なんと光学ドライブが故障している状態のジャンク品だった模様で。・゚・(ノД`)・゚・。

この手のジャンク品は昔はよくありましたが最近はめずらしく、現在のジャンク品のノートパソコンは、「ネットをするには性能不足だから」とか「基本性能が現在のパソコンよりはるかに劣るから」というものが多く、光学ドライブが壊れているものはここ数年みたことがありませんでした(ーー;)

これは結構な問題でして・・・

昔のWindowsならともかく、Windows2000以降はCD-ROMから直接インストールする形になっているので、光学ドライブが故障しているとなにもできないという悲しさ(´・ω・`)

「むう・・・最後の最後でこの手のジャンク品ノートパソコンをひいちまったかぁ・・・orz」

と途方にくれていたのですが、ふと思い出したことが!

前回のジャンク品で買ってきた同じ富士通の1,000円で買ったノートパソコンですが、数回にわたって修理記事を書くほどがんばって実用化しようとしたものの、結局起動しなくなりまして(´・ω・`) 今はハードディスクやメモリーを外した状態で倉庫に眠っておりました。

今回のノートパソコン、前回買った1,000円のノートパソコンと性能は違うものの、形がやたら似てるんですよね。

もしかしたら、今倉庫に眠っているノートパソコンのDVDドライブが流用できるんじゃないかと!( ゚д゚ )

さっそく倉庫に行って、苦労させられた今は動かないノートパソコンを持ってきます。そして形を見てみると・・・

「同じだ(゜ー゜;) というか光学ドライブやフロッピーディスクやハードディスクの配置位置までまったく同じだ。」

これはいけるかもしれない!と思って急いでDVDドライブを外してみます。

ケースの寸法が少し違うものの、中身の光学ドライブの大きさと接続端子はまったく同じで使えそう。さっそくケースをはずして光学ドライブを入れ替えて接続します。

すると・・・

無事WindowsのCDを認識ヽ(´ー`)ノ

やっとのことでセットアップにこぎつけることができました(゜▽゜;)


Windowsのセットアップが終了し、富士通のサポートサイトに公開されていたデバイスドライバをインストールしたことで、最低限のインストールは完了。このパソコンが持つほぼすべての機能が使える状態になりました。

そこでゲームなどをインストールして遊んでいたのですが、少し気なることが2つ・・・

ひとつは、音楽や効果音がやたら大きいこと(´・ω・`)b キーボードについているボリューム調節ボタンを押しても効果なし。

そしてもうひとつは、パソコン中心部から、「カラカラ・・・」という音が聞こえること。

とりあえずこの2点を治すことにチャレンジしてみました。


まず音がやたら大きい現象ですが、ボリュームコントローラーで試してみたところ、『マスタ音量』を調節するバーを上下させてもまったく音量が変化していないことが判明(´・ω・`)

『WAVE』などの調節バーを動かすとちゃんと音量に反応するのですが、『マスタ音量』だけはたとえ0にしても最大で音量で聞こえてきます(;´・ω・)

実は、サウンドドライバは富士通のサポートサイトに公開されておらず、Windowsが自動でインストールするデフォルトのものを使っていたのですが、どうやらそれではこの機種の場合不具合があるようで・・・

スペック表を確認すると、『AC97オーディオ』と書いてあったので、『Realtek』のホームページからドライバをダウンロードしてインストールしてみたところ、ちゃんと『マスタ音量』の調節バーに音量が反応してくれるようになりましたъ(`ー゜)

少し全体的な音量が小さくなったような気もしますが・・・まあ音量調節できないよりははるかにましですw


そしてもうひとつの気になるところである、「カラカラ・・・」と言う音ですが、動作をよく確認してみると、どうやら冷却ファンの音ということが判明。

ただ、高速回転時は普通なのですが、低速回転時に「カラカラ・・・」という音を出すようです(´・ω・`)b

原因は冷却ファンとわかったのですが、さて・・・どうやって冷却ファンを露出させるかが問題です(;´・ω・)

ノートパソコンはそう簡単には分解できませんからねぇ・・・

そう思いながらとりあえずノートパソコンを裏返してみたのですが、やはりどうみても裏から見ると前回買ってきて何回も分解した1,000円のジャンク品ノートパソコンにうりふたつ(゜ー゜;)

「もしかして同じ手順で分解できるんじゃない?」

と思ってやってみると・・・

パカっとあっけなく開くケースの底面w いやいや本当に前に分解した富士通のノートパソコンとまったく同じ構造だわ(゜▽゜;)

とりあえず、冷却ファンをはずして観察すると、ファンを引っ張ったら芯から抜けるタイプの物だったので、慎重にひきぬいて軸にグリスを塗布します。

そして元どおりに戻して組み上げ。

しかし、前よりはマシになったものの、やはり低速回転時の「カラカラ・・・」という音はします(;´・ω・)

何回か分解して色々な潤滑剤を試してみましたが変化なし。

どうやら、経年劣化で軸や軸をささえる部分が微妙に削れてしまって安定して回ることができないようです。

これは諦めるしかありませんなぁ(´・ω・`) まあ、音がするだけで廃熱はうまくいってるようなので、そこは我慢しよう(;´・ω・)



ここまでで出来る限りのメンテナンスは終わった訳ですが、いやはや今回のノートパソコンには苦労させられました(゜▽゜;)

もし、前回気まぐれで購入した1,000円の富士通のジャンク品ノートパソコンがなかったら・・・今回の4,000円は無駄になっていたかもしれません。

いや、仮にもし1,000円のノートパソコンが現在でもちゃんと動作していたとしたら、光学ドライブの移植など考えなかったでしょうねぇ・・・そう考えると、前回この1,000円のとても動きそうにないノートパソコンを買ったことや、その後動作しなくなったことは、今回のパソコンを買うための布石だったのかもしれませんw

ちなみに今回買ったジャンク品のノートパソコンなんですが、やたらと綺麗なんですよねぇ・・・

20170719-02.jpg

普通、キーボードが変色していたり手垢がついていたりするのが当たり前なのですが、まるで使った形跡がないようにまっ白で綺麗な状態。キーボード入力時に手をおく部分の変色もみられない・・・いったい何に使われていたノートパソコンなんだろう?と不思議に思います。

もしかしたら、機械のデータ管理用とかで、ただ設置して常時電源を入れて画面を表示していただけのパソコンなのかもしれませんねぇ・・・そう考えると冷却ファンの劣化もキーボードの未使用感も納得がいきますw

ジャンク品を買った時、前の持ち主はどんな使い方をしていたんだろう?このパソコンが新品だった頃どんな感じで歓迎して使ったのだろうと想像するのもなかなか楽しいものです(´∀`)

今回のジャンク品のノートパソコンは、ある意味運命を感じさせるかのような、前回買ったボロボロのジャンクノートパソコンとのあわせ技で復活したパソコンでした(゜▽゜;)

最後とは書きましたが、定期的にジャンク品屋にいくことができなくなっただけで、3~4ヶ月に一度くらいはジャンク品屋目的で遠距離に買い物にいくのも良いかなと思ってます(*・ω・*)

苦労はしますが、やっぱりジャンク品あさり楽しいですからね|ω・`)

ジャンク品万歳!ヽ(●´ε`●)ノ (←だが、安いからと言って2000年以前のノートパソコン買うのはもうやめような!w)


プレイステーション2にもあった意外な弱点(;°ロ°) DVDドライブ以外は鉄壁かと思いきや・・・

どうも(´・ω・`)ノ

昔プレイしたゲームで絶賛苦戦中のあきです(´・ω・`)

正確には昔プレイしたゲームのリメイク版なのですが、いざプレイしてみると細かいストーリー展開やダンジョンなど、ほとんど憶えていないことにびっくり(;´・ω・)

大まかなストーリーの流れ、例えば主人公は子供の時強い父親と旅し、そして別れが訪れる、などは憶えているのですが、その原因となった事象や敵の名前や姿などは結構忘れているものなんですね・・・(・・;) ほぼ初めてプレイするゲームに近い感覚で楽しんでいます。

もしかしたら、同じくらいの時期にプレイしたゲームは、憶えているつもりでも軒並み内容を忘れいて、今やったら再び楽しめるのかもしれませんねぇ(´∀`)



さて、今日はプレイステーション2のお話です(´・ω・`)b

先日プレイステーション2のゲームを配信しておりますと、音楽が一瞬おかしくなったり、コマ飛びをするような症状が発生しまして(;´・ω・)

まもなくゲームの画像が完全に止まり、何のボタンを押しても反応しない、いわゆるフリーズ状態になりました(´・ω・`;

その後、プレイステーション2にリセットをかけて起動するも、起動中にフリーズしたり、ゲームを始めてもすぐにフリーズするということが続きまして、その日は結局別のプレイステーション2を使うことに。

しばらく電源を切っておいて時間をおいてから起動すると問題なく動作するので、症状的には熱暴走かなと思いました。

実はこのプレイステーション2、以前も同じようなフリーズを起こしていたので、部品取り用のプレイステーション2から基盤をまるごと移植したものなんです(´・ω・`)b

基盤を交換した理由としては、「フリーズが頻発するのは基盤の故障なのかも」と思ったからでして、実際基盤を交換して1年ほどはフリーズすることなく動作していました。

しかし、今回また発生したプレイステーション2が突然止まるフリーズ現象。2つの基盤で同じようなことが起きると言う事は何か別の原因があるはずです(ーー;)


さしあたってプレイステーション2に施してみたことは、電源ユニットの交換(´・ω・`)b

問題のプレイステーション2の型番は『SCPH-15000』でほぼ初期型と言って良いプレイステーション2なのですが、同じ型番でも微妙に改良を続けていたらしく、電源ユニットのコンデンサが中型の2個あったのが大型の1個になっていたり、コンデンサの配置が微妙にかわってたりしていました。

ついで言うと冷却ファンも羽根の枚数が違うんですよね・・・おそらく同じ型番のプレイステーション2でも初期型・後期型と色々あるのだと思います(´・ω・`;

そこで、もしかしたら電源ユニットの発熱やコンデンサの関係で電源の供給に問題があるのかもと思って電源ユニットを交換してみたのですが効果なし。やはり2時間弱でフリーズする現象が始まります。

しかしぱっと見で施せる基盤関係の調整ってこれくらいしかできないんですよねぇ・・・

ホコリはたまってないし通風孔も綺麗な状態。内部の空気の循環や冷却はこれ以上向上させることはできません(;´・ω・)

何か解決策はないかとネットで調べてみますと・・・

プレイステーション2がフリーズする事例がでるわでるわで(゜ー゜;) どうもプレイステーション3のYLODと同じく、結構な頻度でおこる現象みたいです∑(゚ω゚ノ)ノ

プレイステーション2の代表的な故障と言えば、耐久性に問題があるDVDドライブの故障なのですが、あまりにもDVDドライブの故障ばかりのため、「プレイステーション2の基盤は、レトロゲーム機なみに壊れにくい」と思っていました。

しかし、長年プレイステーション2を使っていると、突然ゲームがフリーズすることが多くなってくるらしく、結構そのことについての記事や相談がネット上にありましたねぇ(;´・ω・)

で、原因ですが、どうやらプレイステーション2の中心ICで高熱を発する、CPUとGPUの廃熱がうまくいかなくなるのがフリーズの原因のようです(´・ω・`)b

なぜ今まで問題なかったCPUとGPUの廃熱がうまくいかなくなるのか?

どうやらCPUなどの高熱を発するICチップと冷却のためのヒートシンクの間に挟んである『熱伝導シート』の劣化が原因らしい。

この『熱伝導シート』は一見するとゴム板のように見えますが、しっかりとICチップの発熱をヒートシンク側にうつすことができるらしく、一部のパソコンではグリスのかわりにこちらを使っているものもあるとか。

ただ、このプレイステーション2の『熱伝導シート』は特殊なもので、1ミリくらいの厚さがあり、市販品では代用できないらしい(;´・ω・)

どちらにしても元々3,000円程度で買ったプレイステーション2のジャンク品にあまりお金をかける気はないので、とりあず現在のプレイステーション2の状態を見るために思い切って基盤レベルまで分解してみることに(´・ω・`)b


さっそく作業開始。

プレイステーション3に比べると分解は楽なものですw ただ短いコードなど、すぐに断線しそうな箇所はあるので分解は慎重にやらなければなりません。

そして基盤露出。

20170714-01.jpg

大きい四角いのが、高熱を発するCPUとGPUです。

ただ、今回のフリーズは、音楽だけは流れ続けて画像が止まる感じなので、CPUはちゃんと動いていてGPUの熱暴走なのではないかと思います。

ただ、それがわかっているところでどうしようもありませんが(´・ω・`)

そして、これが問題の『熱伝導シート』

20170714-02.jpg

黒いL字型をしたゴムのようなやつが今回のフリーズの原因と思われるものです(´・ω・`)b

う~む、たしかに長年押さえつけられてたせいか、ICやヒートシンクの凹凸の形にシートが引っ込んで型がついてる感じだなぁ・・・

おまけになにやらうっすらと水に濡れているような水分があり、よく観察するとICチップに完全に密着していなかった部分があるようです。

「一回はがして水分のようなものを取り、少しだけ位置をずらしてへこんだ部分以外がなるべくICチップにつくように調整しよう」

と思ったのですが、はがしてみるとボロボロと崩れていく『熱伝導シート』(´・ω・`;

こりゃ相当劣化してますわ・・・

そこで、部品取りに用に持っていた同じ型番のプレイステーション2を分解しまして、『熱伝導シート』を移植。ただ年代的には同じ時期のものなので劣化具合はそれほどかわらないかも(;´・ω・)

シートと基盤、そしてヒートシンク側を綺麗に掃除してからシートを貼り付けて組み立て。

一縷の望みをかけて耐久度テストです(´・ω・`)b

しかしまあ・・・プレイステーション2のヒートシンクってこんなにでかくて複雑な形をしてるんですね(;^ω^)

20170714-03.jpg

この構造だと本来廃熱に問題ないはずなのに、なぜかCPUやGPUとの間に結構な隙間を作ってしまい、特注品とも言える『熱伝道シート』を使わなければならなくなる・・・う~む、ソニーの設計思想がいまいちわからん(;´・ω・)

直接CPUとヒートシンクが接触するような構造にしてグリスで対応するようにしていればそれほど劣化によるフリーズはおきなかったと思うんですが・・・

話を元に戻しまして、問題の耐久度テストですが・・・

とりあえず、なにも操作しなくて良いパチンコゲームを5時間ほど稼動させてみましたが、フリーズは起きずヽ(´ー`)ノ

その後配信を含めて、さらに5時間ほど稼動させてみましたが、今のところフリーズはおきませんでした(*'-')b

とりあえず・・・本当にとりあえずですが、フリーズする現象は治ったようです。まあ・・・『熱伝導シート』の劣化は戻せないので、いずれまたフリーズを始める可能性もありますが(´・ω・`;


それにしても今回のプレイステーション2が経年劣化でフリーズする可能性があるというのは、私個人にとってはかなりのショックでした(;´・ω・)

「プレイステーション2はDVDは弱いが基盤だけは鉄壁の強さ」と思っていたので、意外なところからでてくるプレイステーション2本体のもろさに少しがっかり。゚(゚´ω`゚)゚。

なんせゲームが1000本以上ありますからねぇ(´・ω・`) 本体が使えなくなるとそれらのゲームが一斉にできなくなって無駄になってしまう(;´・ω・)

一応予備のプレイステーション2を複数持っていますが・・・念のために補修部品になるようなものを集めておいたほうが良いのかなぁ・・・でも『熱伝導シート』のかわりになる冷却対策とかあるのか?(・・;)

まあ・・・幸いテスト用に使えるプレイステーション2はたくさんあることだし、ボチボチともしもの時になんとかできるように対策を考えつつ試していきますかね(´・ω・`;


プロフィール

あきちゃん

Author:あきちゃん
こんにちは!ゲーム放送をやっていたあきと申します(´∀`)何を思ったかブログまで始めてみました(*・ω・*)いつまで続くかわかりませんが、気軽にお声をかけていただけたらうれしいです(*'ω'*)


参加ブログランキング
ブログランキングに参加してます(゜▽゜) 更新の励みになりますのでぜひクリックで応援していただけるとうれしいですヽ(´ー`)ノ

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ
にほんブログ村



家庭用ゲーム機(全般・その他) ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オススメ